コノハエビ(Phyllocarida)_分類群02-4a
 採取:宮城県気仙沼(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:7.7mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:背甲は透明で消化管や腹肢が透けて見えている。
     胸肢は目立たない。
     眼の上に額角がある。
     分類群01とは明らかに別種と思われる。
4a
2mm
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-3a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:9.2mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:大型の個体。
     背甲は不透明で内部を観察できない。
     第1触角は複雑な形状で特徴的。
     第2触角は長い。
     眼の上に額角がある。
2mm
3a
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角および、尾叉に焦点を合わせた画像。
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-2a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
    *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.4mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:大きな背甲を持つ。
     背甲は半透明で、消化管や、胸肢が透けて見える。
     背甲から後方(左側)に向かって伸びる大きな脚は腹肢。
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-1f
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角に焦点を合わせた画像。
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-1e
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角に焦点を合わせた画像。
     多節の構造を確認できる。
     外鞭?
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-1d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角に焦点を合わせた画像。
     多数の棘を有する構造を確認できる。
     内鞭?
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:頭部に焦点を合わせた画像。
     眼の上部(左側)を覆う、ひさしのような構造は額角。
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾節および、尾叉に焦点を合わせた画像。
2b
2a
1f
1e
1d
1c
1b
1a
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説 千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1005-1009.
        (2)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
           石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p236-238.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1mm
1mm
200μm
200μm
200μm
200μm
1mm
1mm
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
コノハエビ(Phyllocarida)の画像
Since 2005/9 Copyright 2013 Neko no Shippo
甲殻類の画像集 
----------------
軟甲綱
================
コノハエビ亜綱
 Phyllocarida
================
真軟甲亜綱
 Eumalacostraca
----------------
フクロエビ上目
 Peracarida
----------------
アミ目
Mysida

クーマ目
Cumacea

タナイス目
Tanaidacea

端脚目
Amphipoda
----------------
 ヨコエビ亜目
 Gammaridea

 クラゲノミ亜目
 Hyperiidea

 ワレカラ亜目
 Corophiidea
----------------
等脚目
Isopoda

================
ホンエビ上目
 Eucarida
----------------
オキアミ目
 Euphausiacea

十脚目
 Decapoda

2013/11/12更新
トップページに戻ります。
 コノハエビ(Phyllocarida)_分類群01-1a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
    *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.4mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:大きな背甲を持つ。
     背甲は半透明で、消化管や、胸肢が透けて見える。
     背甲から後方(左側)に向かって伸びる大きな脚は腹肢。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 コノハエビ(Phyllocarida)は二枚貝を閉じたような背甲から、エビのような腹部と腹肢が伸びており、
 先端からは触角が伸びています。小さな個体では背甲を透かして、背甲内部の胸肢を見ることができます。
 古生物で有名なバージェス動物群に似た形態ですが、実際にコノハエビは原始的な古いタイプの分類群と
 考えられているそうです。 夜間にプランクトンネットで採取できますが、砂によく似た色をしているうえに、砂や泥に
 潜ってしまうことが多いので、見つけることは難しいです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------