ウミナナフシ(040)_分類群01-3f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹節に焦点を合わせた。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-3e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-3d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角、第2触角、第1胸脚。
     第1触角には多数の長い棘がある。
     第2触角は第1触角よりも細い。
     第1胸脚は鎌状。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-3c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-3b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹節、腹肢に焦点を合わせた。
     側面から観察しているため、
     尾節と尾肢の識別は難しい。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-3a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年11月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.4mm
 特徴:細長い形状がワレカラに似ているが、
     腹部〜尾部の構造が大きく異なる。
     ワレカラ亜目の腹部〜尾部は目立たないが、
     ウミナナフシは腹節や発達した尾節、尾肢を持つ。
3f
3e
3d
3c
3b
3a
200μm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-2d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で眼に焦点を合わせた画像。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-2c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:頭胸部に焦点を合わせた画像。
     頭胸部は小さく、口器周辺の付属肢も見えない。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-2b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹節に焦点を合わせた画像。
     腹節の体節は細かい。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-2a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.5mm
 特徴:小型のウミナナフシを側面から観察した。
     体は透明で消化管が透けて見えている。
     眼が赤い。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     体節間の関節はくびれていて、
     他の等脚目よりも可動性が高い。
 ウミナナフシ(040)_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.2mm
 特徴:胸脚(歩脚)は7対で、全て同じ形状。
     体は透明で消化管が透けて見えている。
     眼が赤い。
     第1触角と第2触角は同程度の長さ。
2d
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2c
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2b
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2a
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
1b
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
1a
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2015/2/14 更新
 ウミナナフシ(040)_分類群02-5b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚と触角に焦点を合わせた画像。
     第1〜第3胸脚は咬脚、
     第4〜第7胸脚は歩脚状。
     触角は短い。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)細長い体系で、芋虫状の等脚類です。
 昆虫のナナフシの名前が付いていますが、ナナフシとは異なり脚は短いです。
 似たような形態の等脚類にはミクロケルベス亜目ムニンウミナナフシがあり
 ますが、腹尾節や尾肢の形で識別できると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著  
          保育社、1995年、p209-213.

--------------------------------------------------------------------------------------------------
5c
5a
4c
4b
4a
2mm
2mm
2mm
2mm
2mm
2mm
 ウミナナフシ(040)_分類群02-5c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚の基部に焦点を合わせた画像。
     
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 ウミナナフシ(040)_分類群02-5a
 

 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.8mm
 特徴:大型のウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚状。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
 ウミナナフシ(040)_分類群02-4a
 

 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.5mm
 特徴:大型のウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚状。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
トップページに戻ります。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
等脚目
 
 
有扇亜目
  コツブムシ科
 
   シリケンウミセミ
   不明種(010)
   不明種(020)
 
 不明種(021)
   不明種(022)
  スナホリムシ科 
   不明種(030)

 
ウミナナフシ亜目
  不明種(040)
 
ヘラムシ亜目 
  不明種(060)
 
ウミクワガタ亜目 
  不明種(070)
 
ミズムシ亜目 
  不明種(080)
 
ワラジムシ亜目 
  フナムシ科 
   フナムシ(090)
 
亜目不明 
  不明種(050)

5b
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
 ウミナナフシ(040)_分類群02-4c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた画像。
     第1〜第3胸脚は咬脚、
     第4〜第7胸脚は歩脚状。
 ウミナナフシ(040)_分類群02-4b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。