ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-2d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で眼に焦点を合わせた画像。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-2c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:頭胸部に焦点を合わせた画像。
     頭胸部は小さく、口器周辺の付属肢も見えない。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹節に焦点を合わせた画像。
     腹節の体節は細かい。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-1c
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.5mm
 特徴:小型のウミナナフシを側面から観察した。
     体は透明で消化管が透けて見えている。
     眼が赤い。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     体節間の関節はくびれていて、
     他の等脚目よりも可動性が高い。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-1a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.2mm
 特徴:胸脚(歩脚)は7対で、全て同じ形状。
     体は透明で消化管が透けて見えている。
     眼が赤い。
     第1触角と第2触角は同程度の長さ。
2d
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2c
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2b
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
2a
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
1b
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
1a
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-7a
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.6mm
 特徴:北海道の日本海側で採取したウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚。
     透明で消化管が透けて見える。

 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-8a
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.6mm
 特徴:北海道の日本海側で採取したウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚。
     消化管内が赤色。

 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-9a
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.5mm
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
     この場所では同時に多数のウミナナフシを採取できた。

 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-10a
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.5mm
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。

 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-11a
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.4mm
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。 
     透明で美しい。


 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-12a
 
採取:北海道 積丹町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.3mm
 特徴:積丹半島で採取した。 
     岩内町で採取した種と同種と思われる。
     こちらの個体の方が黄色味が強いが、
     消化管内の未消化物の影響か、
     光源による違いと思われる。
5c
5b
5a
2mm
2mm
2mm
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-5c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた画像。
     第1〜第3胸脚は咬脚、
     第4〜第7胸脚は歩脚状。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-5b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-5a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.5mm
 特徴:大型のウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚状。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
6c
6b
6a
2mm
2mm
2mm
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-6c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚の基部に焦点を合わせた画像。
     
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚と触角に焦点を合わせた画像。
     第1〜第3胸脚は咬脚、
     第4〜第7胸脚は歩脚状。
     触角は短い。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-6a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.8mm
 特徴:大型のウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚状。
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
甲殻類の画像集 
------------------
軟甲綱
------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
------------------
等脚目
Isopoda

==================
有扇亜目
(Flabellifera)

------------------
コツブムシ科
(Sphaeromatidae)

イソコツブムシ
 (Gnorimosphaeroma rayi
ヨロイコツブムシ
 (Chitonosphaera salebrosa
ハバヒロコツブムシ
 (Chitonosphaera lata
シリケンウミセミ
 (Dynoides dentisinus
ブチウミセミ
 (Dynoides brevispina
ニホンコツブムシ
 (Cymodoce japonica
ウミセミのなかま?(010)

------------------
スナホリムシ科
(Cirolanidae)


スナホリムシのなかま

------------------
ウオノエ科
(Cymothoidae)


ウオノエのなかま

==================
ウミナナフシ亜目
(Anthuridea)


ウミナナフシのなかま

==================
ヘラムシ亜目
(Valvifera)


ヘラムシのなかま

==================
ウミクワガタ亜目
(Gnathiidea)


ウミクワガタのなかま

==================
ミズムシ亜目
(Asellota)


ミズムシのなかま

==================
ワラジムシ亜目
(Oniscidea)


フナムシ
 (Ligia spp.)

==================
キクイムシ亜目
(Limnoriidea)


キクイムシのなかま

==================
亜目不明

亜目不明 (050)

------------------

 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-3f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹節に焦点を合わせた。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-3e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-3d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角、第2触角、第1胸脚。
     第1触角には多数の長い棘がある。
     第2触角は第1触角よりも細い。
     第1胸脚は鎌状。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-3c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹節、腹肢に焦点を合わせた。
     側面から観察しているため、
     尾節と尾肢の識別は難しい。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-3a
 採取:茨城県日立市会瀬(2011年11月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.4mm
 特徴:細長い形状がワレカラに似ているが、
     腹部〜尾部の構造が大きく異なる。
     ワレカラ亜目の腹部〜尾部は目立たないが、
     ウミナナフシは腹節や発達した尾節、尾肢を持つ。
3f
3e
3d
3c
3b
3a
200μm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
ここをクリックするとウミナナフシ(040)の画像が開きます。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
9a
7a
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p209-213.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
ウミナナフシの画像
ウミナナフシの画像
2017/6/16 更新
トップページに戻ります。
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)_分類群01-4a
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
     茨城県で採取した個体によく似ている。
     同種あるいは近縁種と思われる。
12a
11a
500μm
ウミナナフシの画像
4a
ウミナナフシの画像
500μm
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ウミナナフシ亜目(Anthuridea)は細長い芋虫状の等脚類です。昆虫のナナフシとは異なり脚は短いです。
 似たような形態の等脚類にムニンウミナナフシがありますが、腹尾節や尾肢の形で識別できると思います。
 夜間のプランクトンネット採取で希に見つかります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
10a
8a
500μm
500μm
500μm
500μm
ウミナナフシの画像
ウミナナフシの画像
ウミナナフシの画像
500μm