採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p223、225.
--------------------------------------------------------------------------------------------------
甲殻類の画像集 
------------------
軟甲綱
------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
------------------
等脚目
Isopoda

==================
有扇亜目
(Flabellifera)

------------------
コツブムシ科
(Sphaeromatidae)

イソコツブムシ
 (Gnorimosphaeroma rayi
ヨロイコツブムシ
 (Chitonosphaera salebrosa
ハバヒロコツブムシ
 (Chitonosphaera lata
シリケンウミセミ
 (Dynoides dentisinus
ブチウミセミ
 (Dynoides brevispina
ニホンコツブムシ
 (Cymodoce japonica
ウミセミのなかま?(010)

------------------
スナホリムシ科
(Cirolanidae)


スナホリムシのなかま

------------------
ウオノエ科
(Cymothoidae)


ウオノエのなかま

==================
ウミナナフシ亜目
(Anthuridea)


ウミナナフシのなかま

==================
ヘラムシ亜目
(Valvifera)


ヘラムシのなかま

==================
ウミクワガタ亜目
(Gnathiidea)


ウミクワガタのなかま

==================
ミズムシ亜目
(Asellota)


ミズムシのなかま

==================
ワラジムシ亜目
(Oniscidea)


フナムシ
 (Ligia spp.)

==================
キクイムシ亜目
(Limnoriidea)


キクイムシのなかま

==================
亜目不明

亜目不明 (050)

------------------

 ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)_分類群021-1c
 撮影:実体顕微鏡
 特徴:尾肢を拡大した画像。
     尾肢外肢の先端はとがっているが、
     シオムシ(Tecticeps glaber)ほど細くはない?
 ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)_分類群021-1b
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影:実体顕微鏡
 体長:6.4mm
 特徴:腹部縫合線が両側のみ存在することから、
     コツブムシ科に属すると思われる。
     腹尾節後端は鋭く、突起状。
     複眼が大きい。
 ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)_分類群021-1a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影:実体顕微鏡
 体長:6.4mm
 特徴:腹部縫合線が両側のみ存在することから、
     コツブムシ科に属すると思われる。
     腹尾節後端は鋭く、突起状。
     複眼が大きい。
1c
500μm
ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)の画像
1b
2mm
ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)の画像
1a
2mm
ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)の画像
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2017/6/14更新
トップページに戻ります。
2a
ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)の画像
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 コツブムシ科は磯などの海水中に生息しています。歩脚を用いた歩行や、素早く遊泳することも可能です。
 夜間にプランクトンネットに入ることがあります。防御姿勢として、ダンゴムシのように丸まることができます。
 発達した腹肢をもつことや、尾肢がひれのように大きいことが、ダンゴムシとの違いです。
 ここでは、ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)を紹介します。雄の腹尾節後端には3つの突起があり、
 雌の腹尾節後端には1つの突起があります。雄の腹尾節上面には2対の小さな突起、雌の腹尾節上面
 には3つの突起があります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
1mm
 ニホンコツブムシ(Cymodoce japonica)_分類群021-2a
 採取:新潟県 長岡市(2016年9月)
 撮影倍率:x4(実体顕微鏡)
 体長:9.4mm
 特徴:腹尾節後端に凹凸がある。
     副尾節後端の形状はニホンコツブムシ
     (Cymodoce japonica)に良く似ている。
     腹尾節背面の2個の隆起を確認できなかった。