甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 コツブムシ(021)_分類群021-1c
 

 撮影:実体顕微鏡
 特徴:尾肢を拡大した画像。
     尾肢外肢の先端はとがっているが、
     シオムシ(Tecticeps glaber)ほど細くはない?
 コツブムシ(021)_分類群021-1b
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影:実体顕微鏡
 体長:6.4mm
 特徴:腹部縫合線が両側のみ存在することから、
     コツブムシ科に属すると思われる。
     腹尾節後端は鋭く、突起状。
     複眼が大きい。
 コツブムシ(021)_分類群021-1a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影:実体顕微鏡
 体長:6.4mm
 特徴:腹部縫合線が両側のみ存在することから、
     コツブムシ科に属すると思われる。
     腹尾節後端は鋭く、突起状。
     複眼が大きい。
1c
500μm
ここをクリックするとコツブムシ科(021)の画像が開きます。
1b
2mm
ここをクリックするとコツブムシ科(021)の画像が開きます。
1a
2mm
ここをクリックするとコツブムシ科(021)の画像が開きます。
トップページに戻ります。
2015/2/14更新
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
コツブムシ科磯などの海水中に生息しています。歩脚を用いて歩行も行いますが、
 巧みに素早く遊泳することも可能です。このため、プランクトンネットに入ることがあります。
 防御姿勢として、ダンゴムシのように丸まることができます。
 発達した腹肢をもつことや、尾肢がひれのように大きいことが、ダンゴムシとの違いです。

  ここでは、腹尾節後端がやや尖っている分類群を紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説
         千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1112-1130.

--------------------------------------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
等脚目
 
 
有扇亜目
  コツブムシ科
 
   シリケンウミセミ
   不明種(010)
   不明種(020)
 
 不明種(021)
   不明種(022)
  スナホリムシ科 
   不明種(030)

 
ウミナナフシ亜目
  不明種(040)
 
ヘラムシ亜目 
  不明種(060)
 
ウミクワガタ亜目 
  不明種(070)
 
ミズムシ亜目 
  不明種(080)
 
ワラジムシ亜目 
  フナムシ科 
   フナムシ(090)
 
亜目不明 
  不明種(050)

 コツブムシ(021)_分類群021-2b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角と腹尾節末端に焦点を合わせた画像。
 コツブムシ(021)_分類群021-2a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年8月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm
 特徴:腹肢の構造を観察できなかったため、
     ウミセミ亜科か、コツブムシ亜科か、シオムシ亜科かの
     判定はできなかった。
     腹尾節末端に凹みはない。
2b
2a
500μm
500μm
ここをクリックするとコツブムシ科(021)の画像が開きます。
ここをクリックするとコツブムシ科(021)の画像が開きます。