亜目不明(050)_分類群01-1e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で腹面を観察した画像。
     頭部に焦点を合わせた。
     第1触角は短く、第2触角は長い。
 亜目不明(050)_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で腹面を観察した画像。
     脚に焦点を合わせた。
     脚は鎌状に見える。
 亜目不明(050)_分類群01-1c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面(付属肢が生じる面)から観察した画像。
     背面からも、腹面からも眼を観察できる。
 亜目不明(050)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾部と触角に焦点を合わせた画像。
     触角(第2触角)の長さは0.5mm。
1e
500μm
ここをクリックすると画像が開きます。
1d
500μm
ここをクリックすると画像が開きます。
1c
500μm
ここをクリックすると画像が開きます。
1b
500μm
ここをクリックすると画像が開きます。
500μm
 亜目不明(050)_分類群02-2d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:カギ型の胸脚に焦点を合わせた画像。
 亜目不明(050)_分類群02-2c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で側面から観察した画像。
     胸脚がカギ型の形状をしていることから、
     寄生性の等脚類と思われる。
     自由遊泳生活中の個体であったため、
     宿主に寄生する前の幼生かもしれない。
 亜目不明(050)_分類群02-2b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     尾肢は長い。
 亜目不明(050)_分類群02-2a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年11月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:等脚類と思われる小型甲殻類。
     左の写真は背面から観察した画像。
     活発に動くので撮影に苦労した。
2d
2c
2b
2a
200μm
200μm
500μm
500μm
ここをクリックすると画像が開きます。
ここをクリックすると画像が開きます。
ここをクリックすると画像が開きます。
ここをクリックすると画像が開きます。
 亜目不明(050)_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯2012年4月)
    *海岸(磯) 昼間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm
 特徴:寄生性の等脚類と思われる小型甲殻類。
     左の写真は背面から観察した画像。
1a
ここをクリックすると画像が開きます。
2015/2/14 更新
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群03-7c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾節に焦点を合わせた画像。
 亜目不明(050)_分類群03-7b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
     頭部は丸い。
 亜目不明(050)_分類群03-7a
 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm
 特徴:等脚類と思われる小型甲殻類。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
等脚目の画像です。
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群03-5a
 
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.8mm
 特徴:等脚類と思われる小型甲殻類。
等脚目の画像です。
等脚目の画像です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ここでは、胸脚が鎌状になっている分類群(寄生性?)を紹介します。
  寄生に適した形ですので、おそらく自由生活中のウオノエ科やヤドリムシの幼生と思います。
  茨城県沿岸では高確率でプランクトンネットに入ってきます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説
          千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1112-1130.

 参考文献:(2)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著  
          保育社、1995年、p226-227.

--------------------------------------------------------------------------------------------------
等脚目の画像です。
7c
7b
7a
6c
6b
5c
5b
5a
4d
4c
4b
4a
3d
3c
3b
3a
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
1mm
1mm
1mm
500μm
500μm
500μm
500μm
200μm
200μm
200μm
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群03-6c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡) 
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
 亜目不明(050)_分類群03-6a
 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月) *夜間 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.6mm
 特徴:等脚類と思われる小型甲殻類。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
等脚目の画像です。
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群02-4d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾肢に焦点を合わせて撮影した画像。
 亜目不明(050)_分類群02-4c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせて撮影した画像。
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群02-3d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:触角、尾肢に焦点を合わせた画像。
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 亜目不明(050)_分類群02-4a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm
 特徴:等脚類と思われる小型甲殻類。
     鉤爪状の胸脚を持っている。
     おそらく寄生性。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
等脚目
 
 
有扇亜目
  コツブムシ科
 
   シリケンウミセミ
   不明種(010)
   不明種(020)
 
 不明種(021)
   不明種(022)
  スナホリムシ科 
   不明種(030)

 
ウミナナフシ亜目
  不明種(040)
 
ヘラムシ亜目 
  不明種(060)
 
ウミクワガタ亜目 
  不明種(070)
 
ミズムシ亜目 
  不明種(080)
 
ワラジムシ亜目 
  フナムシ科 
   フナムシ(090)
 
亜目不明 
  不明種(050)

等脚目の画像です。
6a
500μm
200μm
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群03-6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡) 
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
 亜目不明(050)_分類群03-5c
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
 亜目不明(050)_分類群03-5b
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
     触角は短い。
等脚目の画像です。
等脚目の画像です。
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群02-4b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群02-3c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
     体節を確認することが難しい。
 亜目不明(050)_分類群02-3b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:向きを変えて撮影した画像。
等脚目の画像です。
 亜目不明(050)_分類群02-3a
 

 採取:静岡県沼津市 千本松原(2013年11月)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.5mm
 特徴:等脚類と思われる小型甲殻類。
     鉤爪状の胸脚を持っている。
     おそらく寄生性。