フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7g
 

 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:複眼をさらに拡大。
     複眼に実体顕微鏡のリング照明が映っている。
     個眼をはっきりと見ることができる。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7d
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:フナムシを側面から見た画像。
     自然界ではフナムシの側面を見ることは難しい。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
2015/2/14 更新
トップページに戻ります。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群02-4a
 

 採取:神奈川 三浦半島(2013年7月)
 撮影:デジタルカメラ
 特徴:三浦半島産のフナムシ。
     赤褐色の地味なフナムシ。
     模様がない。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
7f
7a
6a
4a
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-9c
 

 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の拡大画像。
     複眼は大きい。
     個眼の集合を見ることができる。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-9b
 

 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から見た画像。
     腹側は色が薄い。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-8d
 

 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 特徴:尾肢の拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群01-1a
 

 採取:神奈川県藤沢市 江の島(2011年7月)
 撮影:デジタルカメラ
 特徴:江の島産のフナムシ。
     フナムシ科フナムシ属(Ligia属)と思われる。
     デジカメ写真なので大きさは不明。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群01-2a
 

 撮影:デジタルカメラ
 特徴:フナムシを上からみたところ。
     警戒心が強く、素早く走り回るので撮影は難しい。
     緑色の点紋状の模様がある。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群01-3a
 

 採取:神奈川県藤沢市 江の島(2011年7月)
 撮影:デジタルカメラ
 特徴:別のフナムシを上からみたところ。
     尾肢が一本なくなっている。
     江の島はフナムシが多いが、
     ほとんどは幼体。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
等脚目
 
 
有扇亜目
  コツブムシ科
 
   シリケンウミセミ
   不明種(010)
   不明種(020)
 
 不明種(021)
   不明種(022)
  スナホリムシ科 
   不明種(030)

 
ウミナナフシ亜目
  不明種(040)
 
ヘラムシ亜目 
  不明種(060)
 
ウミクワガタ亜目 
  不明種(070)
 
ミズムシ亜目 
  不明種(080)
 
ワラジムシ亜目 
  フナムシ科 
   フナムシ(090)
 
亜目不明 
  不明種(050)

9c
9b
9a
8e
8d
8c
8b
8a
7g
7e
7d
7c
7b
6h
6g
6f
6e
6d
6c
6b
5a
3a
2a
1a
500μm
3mm
3mm
1mm
1mm
2mm
2mm
3mm
500μm
1mm
2mm
5mm
500μm
2mm
5mm
2mm
2mm
3mm
5mm
2mm
3mm
2mm
5mm
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-9a
 

 採取:神奈川県横須賀市 観音崎(2013年7月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:5.1mm
 特徴:フナムシ科フナムシ属(Ligia属)と思われる幼体。
     体に対して眼が大きい。
     この大きさのフナムシは捕まえやすい。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-8e
 

 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 特徴:腹肢の拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-8c
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から見た画像。
     胸肢は7対ある。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-8b
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群04-8a
 

 採取:神奈川県横須賀市 観音崎(2013年7月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:5.3mm
 特徴:フナムシ科フナムシ属(Ligia属)と思われる幼体。
     体に対して眼が大きい。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7d
 

 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 特徴:頭部をさらに拡大。
     側面からみると複眼が意外に大きいことが分かる。。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7d
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の側面の拡大像。
     発達した口器をもっている。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7c
 

 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:複眼の拡大像。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7b
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-7a
 

 採取:神奈川県横須賀市 荒崎(2014年8月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:15.9mm
 特徴:フナムシ科フナムシ属(Ligia属)と思われる幼体。
     姿かたちは成体と変わらない。
     この大きさのフナムシは捕まえるのが難しい。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6h
 

 撮影倍率:x01(実体顕微鏡)
 特徴:腹肢の拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6g
 

 撮影倍率:x01(実体顕微鏡)
 特徴:口器の拡大像。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6f
 

 撮影倍率:x01(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
     腹側は白色。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6e
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6d
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:胸部〜腹部の拡大像。
     繊細な模様が意外に美しい。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6c
 

 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:胸部〜腹部の拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6b
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の拡大像。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6a
 

 採取:神奈川県横須賀市 荒崎(2014年8月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:16.6mm
 特徴:フナムシ科フナムシ属(Ligia属)と思われる幼体。
     姿かたちは成体と変わらない。
     この大きさのフナムシは捕まえるのが難しい。
     もっとも、これ以上大きくなると顕微鏡撮影は難しい。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群02-5a
 

 採取:神奈川 三浦半島(2013年7月)
 撮影:デジタルカメラ
 特徴:吸水中のフナムシ。
     フナムシは鰓呼吸をする。
     このため呼吸のために時々、鰓に水を入れる必要がある。
     写真のように尾肢から水を取り込む。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
フナムシ科(Ligiidae)はワラジムシ亜目(Oniscidea)に属しています。フナムシの他に、
 ワラジムシやダンゴムシなどもワラジムシ亜目に含まれます。このグループは陸上生活に
 最も適応した甲殻類です。フナムシ科にはフナムシ属(Ligia)とヒメフナムシ属(Ligidium)があり、

 海岸域にはフナムシ属が生息しています。フナムシ属は複眼がよく発達しています。
 触角が長く、素早く動き、色が黒っぽいのでゴキブリに似ていますが、これが嫌われる原因でしょうか?

---------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著  
          保育社、1995年、p227-232.

---------------------------------------------------------------------------------------------------