スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-1a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影:実体顕微鏡
 体長:5.1mm
 特徴:スナホリムシ科に属すると思われるが、
     属レベルの分類は不明。
     属レベルで分類するには頭部、尾肢、胸脚
     を解剖して詳細に観察する必要がありそう。
1b
2mm
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
1a
2mm
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-2f
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から観察した画像。
     触角の長さは体長の半分に近い。
 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-2e
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     胸脚に焦点を合わせた。
     胸脚は長く、棘が多い。
 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-2d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-2c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹尾節と尾肢に焦点を合わせた画像。
     腹尾節と尾肢には長い棘がある。
 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
2f
2e
2d
2c
2b
2a
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
ここをクリックするとスナホリムシムシ科(030)の画像が開きます。
甲殻類の画像集 
------------------
軟甲綱
------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
------------------
等脚目
Isopoda

==================
有扇亜目
(Flabellifera)

------------------
コツブムシ科
(Sphaeromatidae)

イソコツブムシ
 (Gnorimosphaeroma rayi
ヨロイコツブムシ
 (Chitonosphaera salebrosa
ハバヒロコツブムシ
 (Chitonosphaera lata
シリケンウミセミ
 (Dynoides dentisinus
ブチウミセミ
 (Dynoides brevispina
ニホンコツブムシ
 (Cymodoce japonica
ウミセミのなかま?(010)

------------------
スナホリムシ科
(Cirolanidae)


スナホリムシのなかま

------------------
ウオノエ科
(Cymothoidae)


ウオノエのなかま

==================
ウミナナフシ亜目
(Anthuridea)


ウミナナフシのなかま

==================
ヘラムシ亜目
(Valvifera)


ヘラムシのなかま

==================
ウミクワガタ亜目
(Gnathiidea)


ウミクワガタのなかま

==================
ミズムシ亜目
(Asellota)


ミズムシのなかま

==================
ワラジムシ亜目
(Oniscidea)


フナムシ
 (Ligia spp.)

==================
キクイムシ亜目
(Limnoriidea)


キクイムシのなかま

==================
亜目不明

亜目不明 (050)

------------------

 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-2s
 採取:茨城県日立市(2011年9月)*海岸(磯)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:3.2mm
 特徴:スナホリムシ科の1種と思われる。
     写真の種は比較的小型の個体。
     礫浜にできた潮溜まりのなかで活発に遊泳していた。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 スナホリムシ科(Cirolanidae)は世界から45属320種以上が知られているそうです。
 コツブムシよりも胸脚や尾肢が発達していて、海底を歩行するほか素早く遊泳することもできます。
 夜、砂浜の近くでプランクトンネット採取を行うと採取できます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 スナホリムシ科(Cirolanidae)_分類群03-1b
 撮影:実体顕微鏡
 特徴:腹面から観察した画像。
     スナホリムシ科の分類群は胸脚(歩脚)が発達している。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p219-221.
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2015/2/14更新
トップページに戻ります。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------