ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-2a
 採取:神奈川県 横須賀市(2015年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm
 特徴:ウミクワガタ亜目(Suborder Gnathiidae)の
     プラニザ幼生と思われる。
     胸部は透明で、消化管内が透明な緑色の物質で満たされている。
トップページに戻ります。
甲殻類の画像集 
------------------
軟甲綱
------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
------------------
等脚目
Isopoda

==================
有扇亜目
(Flabellifera)

------------------
コツブムシ科
(Sphaeromatidae)

イソコツブムシ
 (Gnorimosphaeroma rayi
ヨロイコツブムシ
 (Chitonosphaera salebrosa
ハバヒロコツブムシ
 (Chitonosphaera lata
シリケンウミセミ
 (Dynoides dentisinus
ブチウミセミ
 (Dynoides brevispina
ニホンコツブムシ
 (Cymodoce japonica
ウミセミのなかま?(010)

------------------
スナホリムシ科
(Cirolanidae)


スナホリムシのなかま

------------------
ウオノエ科
(Cymothoidae)


ウオノエのなかま

==================
ウミナナフシ亜目
(Anthuridea)


ウミナナフシのなかま

==================
ヘラムシ亜目
(Valvifera)


ヘラムシのなかま

==================
ウミクワガタ亜目
(Gnathiidea)


ウミクワガタのなかま

==================
ミズムシ亜目
(Asellota)


ミズムシのなかま

==================
ワラジムシ亜目
(Oniscidea)


フナムシ
 (Ligia spp.)

==================
キクイムシ亜目
(Limnoriidea)


キクイムシのなかま

==================
亜目不明

亜目不明 (050)

------------------

500μm
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
6a
3b
3a
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
1c
1b
1a
500μm
500μm
500μm
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。 
     腹肢を観察できる。
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の幼生の画像です。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
     5対の歩脚を確認できる。
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の幼生の画像です。
3c
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の幼生の画像です。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-1a
 採取:神奈川県葉山町 長者ヶ崎(2014年8月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:ウミクワガタ亜目(Suborder Gnathiidae)の
     プラニザ幼生と思われる。
     胸部が太い。
     眼が側方に突出しているが眼柄はない。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p207-209.
--------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)に属するのはウミクワガタ科1科だけです。
 雄は昆虫のクワガタムシのような立派な大顎を持ちます。雌や幼生(プラニザ幼生)は形がかなり異なります。
 ここでは神奈川(三浦半島)と北海道から採取したウミクワガタ亜目のプラニザ幼生と思われる個体を紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
200μm
200μm
200μm
5a
4b
2b
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
5b
4a
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の画像
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-5a
 採取:神奈川県 横須賀市(2015年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm
 特徴:消化管内が赤色の物質で満たされている。

 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-5b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-6a
 採取:北海道 岩内町(2015年9月)
 撮影倍率:x4(実体顕微鏡)
 体長:3.7mm
 特徴:ウミクワガタ亜目プラニザ幼生と思われるが、
     三浦半島で採取したものよりも大きい。
     胸部に穴が開いている。
     採取時には既に死んでいたかもしれない。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-4a,b
 採取:神奈川県 横須賀市(2015年9月)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.6mm
 特徴:ウミクワガタ亜目(Suborder Gnathiidae)の
     プラニザ幼生と思われる。
     葉山の個体よりも小さい。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-3c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:頭部の両端に複眼がある。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-3a
 採取:神奈川県 横須賀市(2015年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm
 特徴:消化管内が赤色の物質で満たされている。
     ウミクワガタの幼生は三浦半島でよく見つかる。
     よく探せば生体も見つかるかもしれない。
 ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)_分類群01-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で観察した画像。
     胸部がガラス瓶のように見える。
2017/6/16 更新
200μm
2a