ヘラムシ(060)_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:口器を拡大した画像。
     顎脚、大顎、小顎の識別は困難。。
 ヘラムシ(060)_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:裏側から観察した画像。
 ヘラムシ(060)_分類群01-1c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角と脚に焦点を合わせた画像。
     脚が太い。
 ヘラムシ(060)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:背面の殻表面に焦点を合わせた画像。
     褐色藻類に良く似ている。
 ヘラムシ(060)_分類群01-1a
 

 採取:ひたちなか市磯崎(2012年6月)*昼間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.1mm
 特徴:ヘラムシとしては小型の個体。
     文字通り、へら状の形状をしている。
     体色は褐色で、アラメなどの褐色藻類の色に似ている。
     第1触角は短く小さい。第2触角は太い。
     複眼は小さく、側面にある。
2a
2mm
ここをクリックするとヘラムシの画像が開きます。
1d
500μm
ここをクリックするとヘラムシの画像が開きます。
1c
2mm
ここをクリックするとヘラムシの画像が開きます。
1c
2mm
ここをクリックするとヘラムシの画像が開きます。
1b
2mm
1a
3mm
ここをクリックするとヘラムシの画像が開きます。
2mm
ここをクリックするとヘラムシの画像が開きます。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
等脚目
 
 
有扇亜目
  コツブムシ科
 
   シリケンウミセミ
   不明種(010)
   不明種(020)
 
 不明種(021)
   不明種(022)
  スナホリムシ科 
   不明種(030)

 
ウミナナフシ亜目
  不明種(040)
 
ヘラムシ亜目 
  不明種(060)
 
ウミクワガタ亜目 
  不明種(070)
 
ミズムシ亜目 
  不明種(080)
 
ワラジムシ亜目 
  フナムシ科 
   フナムシ(090)
 
亜目不明 
  不明種(050)

7g
7f
7e
6b
6a
3d
3c
 ヘラムシ(060)_分類群04-7g
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡) 
 特徴:腹面からみた画像。
     尾肢の間から腹肢が見える。
 
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群04-7e
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡) 
 特徴:頭部に焦点を合わせた画像。

 ヘラムシ(060)_分類群04-7c
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡) 
 特徴:腹面の画像。
 
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群04-6b
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 
 
特徴:側面から観察した画像。
     育房にオレンジ色の卵を持っている。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群04-6a
 採取:新潟県柏崎市 笠島(2014年4月)
 
 
撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:13.9mm
 特徴:中型のヘラムシ。
     雌の成体。
     触角が前方に伸びていることが特徴。
     ミスジヘラムシ属(Pentias 属)に似ている。
 ヘラムシ(060)_分類群04-5a
 採取:新潟県柏崎市 米山(2014年4月)
 
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:17.4mm
 特徴:中型のヘラムシ。
     ミスジヘラムシ属(Pentias 属)に似ているが、
     記載されている大きさよりも、やや大きい。
     日本海岸動物図鑑II 西村三郎編著によれば、
     ミスジヘラムシ属の大きさは15mmまで。
     卵を持つ、成体の雌。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群03-3d
 

 影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
     口器周辺の拡大像。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
2015/2/14 更新
7a
5a
4a
3e
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群04-7a
 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2014年5月)
 
 
撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:4.0mm
 特徴:小型のヘラムシ。
     成体なのか、幼体なのかは不明。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群03-3c
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
 ヘラムシ(060)_分類群03-3b
 

 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の拡大像。
     眼は側面についている。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群02-2a
 

 採取:日立市会瀬港(2012年8月)*夜間
 撮影:実体顕微鏡
 体長:3.7mm
 特徴:ヘラムシとしては小型の個体。
    第2触角が長い。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ヘラムシ亜目(Valvifera)は靴べら型の変わった形の等脚目です。触角が発達しているので
 T字型にも見えます。尾肢が腹肢を覆う蓋になっていることが特徴です。オニナナフシ科(Arcturidae)、
 トガリヘラムシ科(Chaetiliidae)、ヘラムシ科(Idoteidae)など、4科550種ほどが知られているそうです。
 ヘラムシ科は複眼が頭部の側面にあることが特徴とのことです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著  
          保育社、1995年、p215-219.

--------------------------------------------------------------------------------------------------
7d
7c
7b
3b
3a
1mm
1mm
1mm
1mm
1mm
1mm
1mm
3mm
3mm
5mm
3mm
3mm
10mm
3mm
10mm
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 ヘラムシ(060)_分類群04-7f
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡) 
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 
 ヘラムシ(060)_分類群04-7d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 
 
特徴:消化管が透けて見えている。
 
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群04-7b
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群04-4a
 採取:新潟県柏崎市 米山(2014年4月)
 
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:14.8mm
 特徴:中型のヘラムシ。
     細いので背側からの観察が困難。
     (向きを整えるのが難しい)
     ミスジヘラムシ属(Pentias 属)に似ている。
 ヘラムシ(060)_分類群03-3e
 

 影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
     口器周辺の拡大像。
 ヘラムシ(060)_分類群03-3a
 

 採取:新潟県柏崎市 薬師堂(2014年4月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:24.2mm
 特徴:大型のヘラムシ。
     顕微鏡撮影としては限界サイズ。
     海藻に付着していたものを採取した。
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo