Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
  キートケロス属は海域に生息する浮遊性の珪藻です。多くの場合群体を作ります。
 このページでは、キートケロス属の生活細胞の画像を紹介します。キートケロス属の
 同定には群体末端細胞とそれ以外の細胞の両方を用いることが多いようですが、この
 サイトの画像は両方そろっていない場合が多く、種の同定ができないため、画像を紹
 介するだけにとどめています。ご了承ください。
  このページの標本は海域(日本海(山口県北部)・瀬戸内海(兵庫県南部))で採取した
 ものです。
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
Chaetoceros sp.(生活細胞)
 キートケロス属 01-04
 (Chaetoceros sp.)

 殻長;9.2μm
 殻高(殻全体);16.2μm
 特徴;殻帯面は四角形で、高さ方向に長く、殻中央は
  小さなドーム状に隆起する。
  両殻端からは糸状の長い刺毛が1本伸び、光学顕
  微鏡下では刺毛の基部に近い位置で隣り合う個体
  の刺毛と融合しているように見える。

 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Chaetoceros sp.(生活細胞)
 キートケロス属 01-03
 (Chaetoceros sp.)

 殻長;27.8μm
 殻幅;24.2μm
 特徴;殻面はやや円形で、両殻端から太い刺毛が2本
  ずつ伸びる。
  両殻端の刺毛基部には大きな円形の構造が存在す
  る。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
掲示板へ移動します


 キートケロス属 01-01
 (Chaetoceros sp.)

 殻長;21.7μm
 特徴;殻帯面は丸みのある四角形で長く太い刺毛を
  持つ。
  刺毛には短い棘が無数に存在する。
  この標本は末端細胞である。
  これは山路(1979)のChaetoceros coarctatusと類似
  する。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500 
 ・スケールバーは50μm
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・山路 勇, 1979. 日本海洋プランクトン図鑑, 保育社.


                                                製作者:NaCl & Au
Chaetoceros sp.(生活細胞)
メールへ移動します
Chaetoceros sp.(生活細胞)
 キートケロス属 01-02
 (Chaetoceros sp.)

 殻長;19.6-20.3μm
 殻幅;9.7-10.2μm
 特徴;殻面は楕円形で、両殻端から2本ずつ糸状の刺
  毛が伸びる。
  殻帯面観は四角形で、殻中央部がへこむ。
  複数の個体がつながり真直ぐな群体を作る。
  この標本は末端細胞が欠如している。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 キートケロス亜綱
  キートケロス目
   キートケロス科
   ・キートケロス属
    生活細胞
    休眠胞子
   ・バクテリアスツルム属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群