--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1) 日本産土壌動物 分類のための図解検索 【第二版】 青木淳一編著、東海大学出部、2015年、p189-199.
 参考文献:(2) ダニ・マニア チーズをつくるダニから巨大ダニまで 《増補改訂版》 島野智之、八坂書房、2015年、p81.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

土壌動物の画像集 
--------------------
鋏角亜門(Chelicerata)
クモガタ綱(Arachnida)
カニムシ目
(Pseudoscorpionida)
====================
ダニ目(Acari)
ササラダニ亜目
(Oribatida)
====================
ヒワダニ科
(Hypochthoniidae)
オオナガヒワダニ
Eo. magnus
ヒワダニモドキ
En. minutissimus
--------------------
ツツハラダニ科
(Lohmanniidae)
--------------------
ヘソイレコダニ科
(Euphthiracaridae)
--------------------
ツキノワダニ科
(Nanhermanniidae)
ホソツキノワダニ
Ni. parallela
--------------------
モンツキダニ科
(Trhypochthoniellidae)
--------------------
コナダニモドキ科
(Malaconothridae)
--------------------
ドビンダニ科
(Hermanniellidae)
--------------------
クモスケダニ科
(Eremobelbidae)
ヤマトクモスケダニ
Er. japonica
--------------------
ツヤタマゴダニ科
(Liacaridae)
--------------------
ツブダニ科
(Oppiidae)
--------------------
フリソデダニ科
(Galumnidae)
--------------------
オトヒメダニ科
(Scheloribatidae)
--------------------
マブカダニ科
(Oripodidae)
ホオカムリダニ属?
 (Oripoda sp1)
ホオカムリダニ属?
 (Oripoda sp2)
 分類群01
 分類群02
--------------------
不明分類群
(ササラダニ)

 分類群01
 分類群02
 分類群03
 分類群04
====================
トゲダニ亜目
(Gamasida)
====================
イトダニ科
(Uropodidae)
--------------------
ダルマダニ科
(Pachylaelapidae)
--------------------
不明分類群
(トゲダニ)

 分類群01
 分類群02
 分類群03
 分類群04
 分類群05
 分類群06
====================
ケダニ亜目
(Prostigmata)

====================
タカラダニ科
(Erythraeidea)
カベアナタカラダニ
Ba. murorum
--------------------
ヒメケダニ科
(Microtrombidiidae)
タキケダニ
Ca. takii
--------------------
ヨロイダニ科
(Labidostomatidae)
 分類群01
--------------------
不明分類群(ケダニ)
 分類群02
====================
 カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)_4a
 採取:群馬県上野村?(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm
 特徴:群馬県上野村で採取した土からツルグレン装置で抽出したが、
     ツルグレン装置を置いた周囲(ベランダ)にたくさんの
     カベアナタカラダニがいたので混入した可能性が高い。
     たまたま踊っているような脚の形になった。
500μm
3a
2a
カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)の画像
カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)の画像
 カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)_1a
 採取:(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:群馬県上野村で採取した土からツルグレン装置で抽出したが、
     ツルグレン装置を置いた周囲(ベランダ)にたくさんの
     カベアナタカラダニがいたので混入した可能性が高い。
     ダニ・マニア(島野智之著、八坂書房)によれば、
     カベアナタカラダニはコンクリートの上の花粉を食べている。
     赤い色は血の色を連想するが、人には無害。
 カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)_2a
 採取:(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm
 特徴:群馬県上野村で採取した土からツルグレン装置で抽出したが、
     ツルグレン装置を置いた周囲(ベランダ)にたくさんの
     カベアナタカラダニがいたので混入した可能性が高い。
     ダニ・マニア(島野智之著、八坂書房)によれば、
     カベアナタカラダニはコンクリートの上の花粉を食べている。
     赤い色は血の色を連想するが、人には無害。

 カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)_2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:体表面に焦点を合わせた画像。
     やや分かりにくいが、体が毛で覆われている。
カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)の画像
500μm
500μm
1a
カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)の画像
Since 2005/9 Copyright 2017 Neko no Shippo
2017/7/29 更新
トップページに戻ります。
 カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)_3a
 採取:(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm
 特徴:群馬県上野村で採取した土からツルグレン装置で抽出したが、
     ツルグレン装置を置いた周囲(ベランダ)にたくさんの
     カベアナタカラダニがいたので混入した可能性が高い。
     矢印の先に眼がある。
500μm
カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)の画像
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)は春先にコンクリートの上を歩き回る赤いダニです。“ダニ・マニア”によれば
 コンクリートの上に落ちている花粉を食べているのだそうです。簡易ツルグレン装置をベランダに置いていたので混入したようです。
 ねこのしっぽラボのベランダには多数のカベアナタカラダニ(Balaustium murorum)が歩き回っていました。
 日本産土壌動物によれば、アナタカラダニ属(Balaustium 属)は体長約1mmで、1対の眼があるそうです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
土壌生物のトップページ(土壌生物の画像集)

------------------------------------------------------------------
500μm
4a
2b