土壌動物の画像集 
--------------------
六脚亜門 (Hexapoda)
内顎綱(Entognath)

トビムシ目(Collembola)
====================
フシトビムシ亜目
(Arthropleone)

アヤトビムシ上科
(Entomobryomorpha)
--------------------
ツチトビムシ科
(Isotomidae)

ベソッカキトビムシ
 (Folsomia octoulata)
分類群01

--------------------
アヤトビムシ科
(Entomobryidae)

分類群01
分類群02

--------------------
科不明
(アヤトビムシ上科)


分類群01
分類群02

====================
ミズトビムシ上科
(Poduroidea)
--------------------
イボトビムシ科
(Neanuridae )

分類群01
分類群02

--------------------
シロトビムシ科
(Onychiuridae)

分類群01

--------------------
ムラサキトビムシ科
(Hypogastruridae)

分類群01
分類群02

====================
ミジントビムシ亜目
(Neelipleona)

ミジントビムシ科
(Neelidae)

====================
昆虫綱 (Insecta)
甲虫目 (Coleoptera)


ハネカクシ科
(Staphylinidae)

アリヅカムシ亜科
(Pselaphinae)

--------------------
幼虫(昆虫綱)

分類群01

====================
多足亜門
(Myriapoda)

コムカデ綱 (Symphyla)
ムカデ綱 (Chilopoda)
====================

アヤトビムシ科(Entomobryidae)の画像
500μm
1a
Since 2005/9 Copyright 2017 Neko no Shippo
 アヤトビムシ科(Entomobryidae)_1a
 
採取:群馬県藤岡市(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:群馬県藤岡市の土からツルグレン装置で抽出した。
     跳躍器の先端が細く曲がっていることからアヤトビムシ科とした。
     第4腹節の形は、この写真ではよくわからない。
2017/8/3 更新
トップページに戻ります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 アヤトビムシ科(Entomobryidae)は付属肢が長くスレンダーであること、体色は明瞭な模様を持つことが多いこと、
 体表は数種類の毛で覆われることなどが特徴です。胸部の第1節は退化して首状になり、腹部は第4節が長く、
 背面では第3節の2倍を超えるなどの形態的特徴があります。跳躍器は発達した3節からなり、柄節と茎節が長く
 茎節は後面に環皺があり、先端に向かって細くなりゆるく曲がります(日本産土壌動物)。
 ここでは群馬県藤岡市で採取したアヤトビムシ科と思われるトビムシを紹介します。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1) 日本産土壌動物 分類のための図解検索 【第二版】 青木淳一編著、東海大学出部、p1354-1370
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
土壌生物のトップページ(土壌生物の画像集)

------------------------------------------------------------------