土壌動物の画像集 
--------------------
六脚亜門 (Hexapoda)
内顎綱(Entognath)

トビムシ目(Collembola)
====================
フシトビムシ亜目
(Arthropleone)

アヤトビムシ上科
(Entomobryomorpha)
--------------------
ツチトビムシ科
(Isotomidae)

ベソッカキトビムシ
 (Folsomia octoulata)
分類群01

--------------------
アヤトビムシ科
(Entomobryidae)

分類群01
分類群02

--------------------
科不明
(アヤトビムシ上科)


分類群01
分類群02

====================
ミズトビムシ上科
(Poduroidea)
--------------------
イボトビムシ科
(Neanuridae )

分類群01
分類群02

--------------------
シロトビムシ科
(Onychiuridae)

分類群01

--------------------
ムラサキトビムシ科
(Hypogastruridae)

分類群01
分類群02

====================
ミジントビムシ亜目
(Neelipleona)

ミジントビムシ科
(Neelidae)

====================
昆虫綱 (Insecta)
甲虫目 (Coleoptera)


ハネカクシ科
(Staphylinidae)

アリヅカムシ亜科
(Pselaphinae)

--------------------
幼虫(昆虫綱)

分類群01

====================
多足亜門
(Myriapoda)

コムカデ綱 (Symphyla)
ムカデ綱 (Chilopoda)
====================

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
土壌生物のトップページ(土壌生物の画像集)

------------------------------------------------------------------
 イボトビムシ科(Neanuridae)_分類群02_5a
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     イボは不明瞭であるが、尾端が2コブであることから、
     イボトビムシ科と同定した。
    
500μm
500μm
2a
イボトビムシ科(Neanuridae)の画像
イボトビムシ科(Neanuridae)の画像
 イボトビムシ科(Neanuridae)_分類群02_2a
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     イボは不明瞭であるが、尾端が2コブであることから、
     イボトビムシ科と同定した。
    
500μm
500μm
1a
イボトビムシ科(Neanuridae)の画像
Since 2005/9 Copyright 2017 Neko no Shippo
 イボトビムシ科(Neanuridae)_分類群02_1a
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     イボは不明瞭であるが、尾端が2コブであることから、
     イボトビムシ科と同定した。
2017/8/6 更新
トップページに戻ります。
 イボトビムシ科(Neanuridae)_分類群02_6a
 
採取:群馬県藤岡市(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:群馬県藤岡市の土からツルグレン装置で抽出した。
     イボトビムシ科に似ている。
     体節のイボを見るには背側からの観察の方がよさそう。
    
 イボトビムシ科(Neanuridae)_分類群02_4a
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     イボ、尾端は不明瞭であるが、同じ場所から
     イボトビムシ科が多数見つかっていることから、
     イボトビムシ科と思われる。
    
 イボトビムシ科(Neanuridae)_分類群02_3a
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     イボは不明瞭であるが、尾端が2コブであることから、
     イボトビムシ科と同定した。
     体型が似ているヤマトビムシ科の尾端は1コブとのこと。
    
イボトビムシ科(Neanuridae)の画像
イボトビムシ科(Neanuridae)の画像
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イボトビムシ科(Neanuridae)はイボトビムシ上科に属しています(ミズトビムシ上科に属するとする文献もあります)。イボトビムシ
 上科の共通した特徴は、胸部、腹部ともに体節が癒合せず、胸部第1節にも毛があり、表皮は顆粒状で大顎が退化傾向にある
 ことです。イボトビムシ科は大顎があるが、臼歯域がないことです。その他、一部の例外を除いて尾端がふた山でイボがある特徴が
 あります。イボトビムシ科には、シリアゲトビムシ亜科、ヤマトビムシ亜科、アオイボトビムシ亜科、イボトビムシ亜科が含まれます。

 ここでは群馬県上野村と藤岡市で採取したイボトビムシ科と思われる種類不明種を紹介します。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1) 日本産土壌動物 分類のための図解検索 【第二版】 青木淳一編著、東海大学出部、2015年、p1166-1173.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

500μm
500μm
6a
5a
4a
3a
イボトビムシ科(Neanuridae)の画像