Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.


                                                製作者:NaCl & Au
掲示板へ移動します
  このページでは、リゾソレニア属のうち、主に以下の特徴を持つ分類群を掲載します。
 ・殻は円筒状で、先端はコーン状に先細る。
 ・殻末端には針状の尖った棘が存在し、これは基部で幅が広がる。
 ・殻表面には条線がみられ、殻の向きによって束状であったり、扇形の放散状に配列したりする。
  これらの分類群は海域(太平洋(茨城県北部)・瀬戸内海(大阪府南部))で認められました。

 リゾソレニア属 01-01
 (Rhizosolenia sp.)

 殻径;14.0μm
 殻高;87.1μm<
 条線密度;17-20/10μm
 特徴;殻は円筒状で先端はコーン状に先細り、末端
  には基部が広がる針状の尖った棘が存在する。
  殻面には条線(線状の模様)が認められ、やや短い
  条線が束状に配列し、別の束状の条線束に切られ
  る(写真右側の殻)。
  条線は殻の向きによっては弧状に湾曲したものが
  束状に配列し、1つの束は扇形となりそれらが積み
  重なる形態を持つ(写真左側の殻)。
  殻先端に近い位置には隣り合う個体の先端が重なる
  ような鋳型が認められる(写真右側の殻)。 

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Rhizosolenia sp.
Rhizosolenia sp.
 リゾソレニア属 01-02
 (Rhizosolenia sp.)

 殻径;15.0μm
 殻高;91.8μm
 条線密度;15.5-18.5/10μm
 特徴;殻は円筒状で先端はコーン状に先細り、末端
  には基部が広がる針状の尖った棘が存在する。
  殻先端のコーン状の先細りは片側殻縁に片寄場合
  がある(下側殻端)。
  殻面には条線(線状の模様)が認められ、やや短い
  条線が束状に配列し、別の束状の条線束に切られ
  る。
  殻先端に近い位置には隣り合う個体の先端が重なる
  ような鋳型が認められる(写真上側殻端付近)。 

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Rhizosolenia sp.
 リゾソレニア属 01-03
 (Rhizosolenia sp.)

 殻径;13.4μm<
 殻高;96.9μm
 条線密度;16-19.5/10μm
 特徴;殻は円筒状で先端はコーン状に先細り、末端
  には基部が広がる針状の尖った棘が存在する。
  殻面には条線(線状の模様)が認められ、やや短い
  条線が束状に配列し、別の束状の条線束に切られ
  て、うろこ状の模様に見える。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
メールへ移動します
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 リゾソレニア亜綱
  リゾソレニア目
   リゾソレニア科
   ・リゾソレニア属
    01
    02(R.setigera)
    03
    04
   ・プロボスシア属
   ・グイナルディア属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群