写真03a
20μm
写真02a
マロモナス(Mallomonas)の画像
20μm
写真03d
20μm
20μm
写真02b
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------
黄金色藻綱
 
  (Chrysophyceae)

 
オクロモナス目 
 ウログレナ
   (Uroglena )
 ニセクスダマヒゲムシ
   Uroglenopsis)
 サヤツナギ
   (Dinobryon)
 オクロモナス
   (Ochromonas)
マロモナス目 
 マロモナス
   (Mallomonas )
 シヌラ
   (Synura)
 クリソコックス
   (Chrysococcus)

 
--------------------------
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

マロモナス(Mallomonas)の画像
20μm
マロモナス(Mallomonas)の画像
写真04a
写真04b
写真04c
写真04d
分類  :マロモナス (Mallomonas sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :菅生沼(茨城県) 
 
時期  :2011年5月採取 水温19.0℃ pH6.8 

 
 茨城県で採取した小型のマロモナスです。
 鞭毛を観察することができました。

 写真03a、03bは細胞表面に焦点を合わせた画像です。
 細胞の上側に鞭毛があります。
 鱗片の観察は難しいです。
 棘の長さは7〜9μm、細胞の長さは約16μmです。
 棘の長さは細胞の半分程度です。
 写真03c、03dは細胞内の色素体に焦点を合わせた画像です。
 色素体の断面構造を見ることができます。
写真03b
10μm
10μm
マロモナス(Mallomonas)の画像
写真01c
写真01b
最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
写真01a
20μm
20μm
分類  :マロモナス (Mallomonas sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 群馬県で採取したマロモナスです。
 細胞から長い棘が伸びています。
 マロモナスは冬から春にかけての寒い時期に見られます。
 棘の長さは30〜40μm、細胞は約58μmです。
 ナガミノヒゲムシ(M. fastigata)に似ています。

 写真01a、01bは細胞内部にフォーカスを合わせた画像で、
 細胞内部の色素体を観察できます。
 写真01d-01fは細胞表面にフォーカスを合わせました。
 リング状の鱗片で細胞が被われています。
10μm
10μm
20μm
20μm
分類  :マロモナス (Mallomonas fastigata)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2009年5月採取 水温21.5℃ pH6.6 

 
 大阪の池で採取したマロモナスです。
 棘の長さは50〜70μm、細胞の長さは約65μmです。
 細胞形状や、大きさがナガミノヒゲムシ(M. fastigata)に似ています。

 写真02aは細胞表面にフォーカスを合わせた画像で、
 リング状の鱗片で細胞の表面が被われている状態を観察できます。
 写真02bは細胞内部の色素体にフォーカスを合わせた画像です。
 どちらの写真も細胞から長い棘が伸びている状態を観察できます。
マロモナス(Mallomonas)の画像
20μm
マロモナス(Mallomonas)の画像
マロモナス(Mallomonas)の画像
マロモナス(Mallomonas)の画像
トップページに戻ります。
 マロモナス(Mallomonas)はリング状の鱗片と長い棘で細胞の表面が被われています。
 黄色の色素体や鞭毛をもちますが、眼点はありません。
 黄金色藻類としては細胞が大きく、細胞の長径が50μmを超えるものもいます。
 他の黄金色藻類と同じく、冬季の湖沼で見つかります。
-------------------------------------------------------------

分類  :マロモナス (Mallomonas sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2010年1月採取 水温7.0℃ pH6.6-6.8 

 
 写真04aでは細胞表面を覆う、リング状の鱗片を見ることができます。
 ただし、鱗片が楕円形(木の葉形)をしています
 棘の本数が少ないことも特徴です。
 写真04c, 04dでは細胞本体の輪郭を見ることができます。
 細胞は球形で、細胞壁をはっきりと観察できます。
 この細胞はスタト胞子なのかも知れません。
マロモナス(Mallomonas)の画像
写真03c
写真01f
写真01e
写真01d
マロモナス(Mallomonas)の画像
マロモナス(Mallomonas)の画像
マロモナス(Mallomonas)の画像