分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :500倍(写真08a、08b)、1000倍(写真08c、08d) 
採取  :湖(群馬県 赤城山) 
 
時期  :2015年4月採取 水温8.7℃ pH.6.2以下 

 

 赤城山で採取した別の群体です。
 写真08aと08bは全体像です。
 一部が破れていますが、個体の生存には問題なさそうです。
 写真08cと08dは細胞の拡大像です。
 細胞は元気そうでした。
写真08b
写真08a
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県 赤城山) 
 
時期  :2015年4月採取 水温8.7℃ pH.6.2以下 

 

 写真06b-06dの群体の拡大画像です。
 赤い眼点を持つ細胞を確認できます。
 細胞の大きさは10μm程度です。
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------
黄金色藻綱
 
  (Chrysophyceae)

 
オクロモナス目 
 ウログレナ
   (Uroglena )
 ニセクスダマヒゲムシ
   Uroglenopsis)
 サヤツナギ
   (Dinobryon)
 オクロモナス
   (Ochromonas)
マロモナス目 
 マロモナス
   (Mallomonas )
 シヌラ
   (Synura)
 クリソコックス
   (Chrysococcus)

 
--------------------------
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
写真10a
10μm
10μm
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
写真06d
写真06c
写真06b
写真06a
写真05c
写真05d
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :100倍(写真06a、06b)、500倍(写真06c、06d) 
採取  :湖(群馬県 赤城山) 
 
時期  :2015年4月採取 水温8.7℃ pH.6.2以下 

 
 4月に赤城山で採取したニセクスダマヒゲムシです。
 4月とはいえ赤城山の大沼の水温は低く、
 水温やpHの条件は写真01-05の沼とよく似ています。
 写真06b-06dは同じ個体を撮影した画像です。
 写真06cと06dは明視野画像で、細胞が寒天質の
 表面に配置されている状態を観察できます。
 
ニセクスダマヒゲムシはウログレナとよく似ていますが、
 寒天質内部に糸状の構造がないことで区別されます。
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 細胞を拡大した画像です。
 写真05aと05bは同じ視野です。
 細胞は楕円形で眼点のある側は丸く、
 反対側は細くとがっています。
 眼点側から鞭毛が伸びていています。
 細胞は鞭毛と眼点を群体の外側に向けて配置しています。
 細い側の末端からは数本の短い繊維が伸びています(矢印)。
 細胞を寒天質に固定するための機構かもしれません。
写真05b
写真05a
10μm
10μm
写真04c
写真04b
写真04a
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :500倍(写真04a)、1000倍(写真04b、写真04c) 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 ニセクスダマヒゲムシの拡大画像です。球形の寒天質の表面に多数の細胞が並んでいます。
 細胞からは2本の鞭毛が伸びていて、よく動きます。
20μm
20μm
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
100μm
100μm
100μm
写真03a
写真03b
写真03c
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
写真02
20μm
50μm
20μm
20μm
20μm
20μm
50μm
50μm
写真08d
写真08c
50μm
50μm
100μm
100μm
10μm
50μm
写真01
100μm
100μm
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
10μm
トップページに戻ります。
 ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)は多数の細胞が球形の寒天質の表面に並んでいることが特徴です。
 
細胞の配置や群体の形状がボルボックスに似ていますが、ボルボックス緑藻綱に属しています。
 また、群体はボルボックスよりも小さく、色も黄色なので簡単に区別できます。
 細胞は楕円形で赤色の眼点を持ちます。
冬季の湖沼でよく見られます。
-------------------------------------------------------------------------------

分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :400倍(写真10a)、1000倍(写真10b) 
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2009年5月採取 水温21.5℃ pH6.6 

 

 大阪府で採取した群体です。
 やや水温の高い時期に採取しました。
 
写真10b
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県 赤城山) 
 
時期  :2015年4月採取 水温8.7℃ pH.6.2以下 

 

 赤城山で採取した別の群体です。
 写真09aと09bは同じ群体をフォーカスを変えて撮影した画像です。
 群体の大きさは0.1mm程度です。
写真09a
写真09b
写真07b
写真07a
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis)の画像
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :100倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 群馬県で採取したニセクスダマヒゲムシです。写真03a〜03cは同じ個体を撮影した画像です。
 写真03aは暗視野コンデンサーを使って撮影した画像で、個々の細胞が金色に見えます。
 写真03b-03cは明視野で撮影した画像でフォーカスを変えて撮影しました。

 
分類  :ニセクスダマヒゲムシ(Uroglenopsis americana)
倍率  :100倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 群馬県で採取したニセクスダマヒゲムシです。ボルボックスに似た綺麗な球形の群体を作っています。
 暗視野コンデンサーを使って撮影した画像で、個々の細胞が金色に見えます。
 群体の大きさは0.2mm〜0.3mm程度です。