最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
20μm
20μm
20μm
20μm
写真02a
写真02b
写真02c
写真02d
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
写真03e
写真03f
写真03a
写真03b
写真03c
写真03d
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------
黄金色藻綱
 
  (Chrysophyceae)

 
オクロモナス目 
 ウログレナ
   (Uroglena )
 ニセクスダマヒゲムシ
   Uroglenopsis)
 サヤツナギ
   (Dinobryon)
 オクロモナス
   (Ochromonas)
マロモナス目 
 マロモナス
   (Mallomonas )
 シヌラ
   (Synura)
 クリソコックス
   (Chrysococcus)

 
--------------------------
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

写真08c
写真08d
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖) 
 
時期  :2008年4月採取 

 

 写真04〜05と同時に採取した個体です。
 群体を軽く押しつぶした状態を観察しました。
 群体の中心から伸びた細長い柄で、細胞が連結している状態が分ります。
 柄の表面にも鱗片があるように見えます。
写真06
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 群馬県で採取したシヌラです。写真01a〜01dは同じ個体をフォーカスを変えて撮影した画像です。
 涙の形をした細胞が、涙の形の細い側を中心方向に向けて放射状に配列しています。
 細胞内には2個の色素体を観察できます。
写真01d
20μm
20μm
20μm
20μm
写真01c
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  : 湧水(茨城県)
 
時期  :
2010年5月採取 水温12.7℃ pH6.2-6.4
 

 写真08a〜08dは同じ群体を撮影した画像です。
 群体を構成する全ての細胞がスタト胞子を形成しています。
 この写真では細胞表面の鱗片の層に焦点を合わせています。
 写真08b、08cは細胞の少し内部に焦点を合わせた画像です。
 細胞は球形で、不動性、細胞内部には色素体が見られます。
 色素体は細胞壁を内張りするように薄く広がっています。
 細胞壁は丈夫そうです。
 写真08dは群体の奥の細胞に焦点を合わせた画像です。
 奥の方の細胞もスタト胞子になっています。
写真08a
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 写真01と同時に採取したシヌラです。
 写真03a〜03fは同じ個体をフォーカスを変えて撮影した画像です。
 写真01と写真02の群体よりも少し大きく、細胞の数も多いです。
 写真03aは細胞の表面にフォーカスを合わせた画像です。
 光学顕微鏡では確認が難しいですが、
 細胞表面には多数の鱗片があります。
 写真03b〜03dは細胞の内部にフォーカスを合わせた画像です。
 細胞内には2個の色素体がありますが、眼点はありません。
 写真03e〜03fは群体の内部に焦点を合わせた画像です。
 細胞が放射状に配列していることが分かります。
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県) 
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH.6.2以下 

 
 写真01と同時に採取したシヌラです。写真01a〜01dは同じ個体をフォーカスを変えて撮影した画像です。
20μm
20μm
写真01b
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
20μm
20μm
シヌラ(Synura sp.)の画像
シヌラ(Synura sp.)の画像
20μm
20μm
写真07c
写真07d
20μm
10μm
10μm
20μm
20μm
写真01a
トップページに戻ります。
 シヌラ(Synura)は複数の細胞がボール状に密集した群体を作り、転がるように遊泳します。
 
細胞は
鱗片を持ちますが光学顕微鏡では観察が難しいです。眼点はありません。
 冬季の湖沼でサヤツナギ(Dinobryon)と一緒に見つかります。

------------------------------------------------------
写真08b
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  : 湧水(茨城県)
 
時期  :
2010年5月採取 水温12.7℃ pH6.2-6.4
 

 写真07a〜07dは同じ群体を撮影した画像です。
 写真07aは自然な状態、07b〜07dは少し押しつぶした状態です。
 細胞は涙型または楕円形、細胞の縁に鱗片が見えています。
 写真07bは細胞の表面、写真07cは少し内部に焦点を合わせています。
 細胞が細長いことが分かります。
 涙型というよりは茄子型に近いです。
 色素体の形状も見ることができます。
 写真07dは群体の中心部に焦点を合わせています。
 細胞から長い柄が伸びている状態を確認できます。
シヌラ(Synura sp.)の画像
写真07a
写真07b
シヌラ(Synura sp.)の画像
分類  :シヌラ(Synura sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖) 
 
時期  :2008年4月採取 

 
 琵琶湖で採取したシヌラです。
 写真04〜05は同時に採取した別の個体です。
 色素体が薄いのか、画像が明るく見えます。
 写真04
細胞の縁がギザギザしているように見えます。
 鱗片があるためにギザギザしているのかもしれません。
シヌラ(Synura sp.)の画像
写真05
写真04
シヌラ(Synura sp.)の画像