写真03a
写真02a
写真01a
10μm
分類  :テトラプレクトロン?  (cf. Tetraplektron sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2009年8月採取 水温31.1℃ pH7.2   

 

 
写真01の種に似ていますが突起が4本あります。 
 突起の表面には微細な突起が見られます。
写真01b
テトラプレクトロン(cf. Tetraplektron sp.)の画像
最終更新日:2016/1/31
製作者:NaCl & Au
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)

ミスココックス目
 
 シュードスタウラスツルム
   (Pseudostaurastrum)
 テトラプレクトロン
   (Tetraplektron )
 ゴニオクロリス
   (Goniochloris )
 テトラエドリエラ
   Tetraedriella )
 クロロギッバ
   (Chlorogibba )
 カラキオプシス
   (Characiopsis )
 ボトリディオプシス
   Botrydiopsis )
 ケントリトラクツス
   (Centritractus)

トリボネマ目 
 トリボネマ
   (Tribonema )
 キサントネマ
   (Xanthonema )

--------------------------
黄金色藻綱
 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

10μm
トップページに戻ります。
 テトラプレクトロン(Tetraplektron)はシュードスタウラスツルム(Pseudostaurastrum)に似ていますが、
 突起は二等分岐しません。テトラエドリエラTetraedriella )にもよく似ています。
 ここでは、テトラプレクトロン(Tetraplektron)と思われる単細胞の黄緑色藻類を掲載しますが、
 同定ミスがあるかもしれません。
----------------------------------------------------------------
写真03d
テトラプレクトロン(cf. Tetraplektron sp.)の画像
写真03c
分類  :テトラプレクトロン?  (cf. Tetraplektron sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2009年8月採取 水温31.1℃ pH7.2   

 

 
細胞はいびつな三角形で頂点から突起が伸びています。
 突起の先端はやや赤色を帯びており、表面に微細な凹凸が見られます。
 細胞内には多数の色素体や、小さな茶色の顆粒が見られます。
 シュードスタウラスツルムに似ていますが、突起に分岐が見られません。
 ゴニオクロリス属(Goniochloris sp.)にも似ています。
10μm
写真03f
10μm
テトラプレクトロン(cf. Tetraplektron sp.)の画像
写真03e
20μm
写真02b
テトラプレクトロン(cf. Tetraplektron sp.)の画像
分類  :テトラプレクトロン?  (cf. Tetraplektron sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2009年7月採取 水温28.5℃ pH7.0   

 

 
写真03a〜03fは焦点を変えながら撮影した様子です。
 観察している方向は異なりますが写真02と同種と思われます。
 4本の突起が見られますが、2本ずつ直角に向きが異なっています。
 突起の先端部は赤色の小さな突起状の構造があります。

 この構造は写真08の種にも見られます。
 細胞内部には複数の色素体があります。

 
月井(2010)によるTetraplektron torsum の写真に似ています。
 (淡水微生物図鑑 原生生物ビジュアルガイドブック  
 月井雄二 誠文堂新光社 2010 p108. )

写真03a, 03b
 突起の先端部には赤色の小さな突起状の構造があります。
写真03c, 03d
 
 細胞の中央部の画像です。複数の色素体があります。
写真03e, 03f
 
 別の突起の画像です。
写真03b
テトラプレクトロン(cf. Tetraplektron sp.)の画像