写真02f
写真02e
写真02d
写真02c
写真02b
写真02a
20μm
20μm
20μm
テトラエドリエラ (cf. Tetraedriella sp.)の画像
テトラエドリエラ (cf. Tetraedriella sp.)の画像
テトラエドリエラ (cf. Tetraedriella sp.)の画像
写真01a
テトラエドリエラ (cf. Tetraedriella sp.)の画像
写真01b
テトラエドリエラ (cf. Tetraedriella sp.)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)

ミスココックス目
 
 シュードスタウラスツルム
   (Pseudostaurastrum)
 テトラプレクトロン
   (Tetraplektron )
 ゴニオクロリス
   (Goniochloris )
 テトラエドリエラ
   Tetraedriella )
 クロロギッバ
   (Chlorogibba )
 カラキオプシス
   (Characiopsis )
 ボトリディオプシス
   Botrydiopsis )
 ケントリトラクツス
   (Centritractus)

トリボネマ目 
 トリボネマ
   (Tribonema )
 キサントネマ
   (Xanthonema )

--------------------------
黄金色藻綱
 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

トップページに戻ります。
 テトラエドリエラ(Tetraedriella)はシュードスタウラスツルム(Pseudostaurastrum)に似ていますが、
 突起は二等分岐しません。テトラプレクトロン(Tetraplektron )にもよく似ています。
 細胞は四面体で頂点の分が長く伸びています。
 ここでは、テトラエドリエラ(Tetraedriella)と思われる単細胞の黄緑色藻類を掲載しますが、
 同定ミスがあるかもしれません。
------------------------------------------------------------------
最終更新日:2016/1/31
製作者:NaCl & Au
写真01d
写真01c
分類  :テトラエドリエラ? (cf. Tetraedriella sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2009年8月採取 水温27.3℃ pH7.2   

 

 写真01a〜01dは同じ個体です。
 細部中央部に浅い窪みがあります。
 突起を3本確認できます。
写真01a, 01b 
 細胞の中央部です。多数の色素体が
 細胞中央部に集まっています。
 細胞の表面には鱗状の構造があります。

写真01c, 01d

 側方向に伸びている突起の画像です。
 
細胞の中央部には浅い窪みがあります。
20μm
20μm
分類  :テトラエドリエラ? (cf. Tetraedriella sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2009年7月採取 水温28.5℃ pH7.0   

 

 写真02a〜02fは同じ個体です。
 細胞形状は三角錐です。
 三角錐の各頂点から細い突起が伸びています。

 突起に分岐は見られません。
 突起の先端部は少し膨らみ、丸くなっています。
 細胞表面に鱗状の構造があります。

 

写真02a, 02b
 上側を向いている突起の画像です。
写真02c, 02d

 細胞の中央部です。
 複数の色素体とを観察できます。

写真02e, 02f 
 側方向に伸びている突起の画像です。
 突起の先端部は少し膨らみ、丸くなっています。
 
.

 
.