Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
 ユーカンピア属 01-03
 (Eucampia zodiacus Ehrenberg)

 殻長;62.2μm
 殻幅;13.1μm
 胞紋密度;11-13.5/10μm
 特徴;殻面は幅の広い線形で、殻端は丸みを帯び、
  両殻縁は平行である。
  両殻端は高さ方向に隆起する。
  胞紋は殻中心から放散状に並ぶ。
  殻中心には殻を横断する方向に伸びる細い楕円形
  の孔が存在する。
  この孔の周りは無紋域が環状に囲む。これは唇状
  突起である。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Eucampia zodiacus
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・Tomas, C. R.,1997. Identifying marine phytoplankton, Academic Press.


                                                製作者:NaCl & Au
Eucampia zodiacus
 ユーカンピア属 01-02
 (Eucampia zodiacus Ehrenberg)

 殻長;52.2-54.4μm
 殻高;殻中心 20.2-30.5μm
 胞紋密度;12-14.5/10μm
 特徴;殻帯面は四角形で、両殻端は円柱状に隆起し、
  隆起部末端は光学顕微鏡下では平坦に見える。
  殻には胞紋が放散状に並び、隆起部にも連続して
  存在する。
  殻中心は沈降し、この沈降部は殻内側に達してい
  るように見える。
  1組2枚の殻の間には複数の帯が存在する(左写真
  の真ん中の個体)。
  隣り合う個体同士は両殻端の隆起部で連結し、弧
  状に曲がった群体を作る。
  以上の特徴はTomas(1997)のEucampia zodiacus
  一致する。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
掲示板へ移動します
Eucampia zodiacus
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 ビドゥルフィア亜綱
  トリセラチウム目
   トリセラチウム科
   ・トリセラチウム属
    01(T.favus)
    02(T.dubium)
    03
    04
   ・アウリスクス属
   ・プレウロシラ属
   ユーポディスクス科
   ・オドンテラ属
    01(O.aurita)
    02(O.obtusa)
    03
   ・トリエレス属
   プラジオグランマ科
   ・プラジオグランマ属
  ビドゥルフィア目
   ビドゥルフィア科
   ・ビドゥルフィア属
   ・ヒドロセラ属
   ・イストミア属
   ・トリゴニウム属
  ヘミアウルス目
   ヘミアウルス科
   ・ユーカンピア属
   ・ヘミアウルス属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
  ユーカンピア属はよく見られる海生の浮遊性珪藻です。
 ユーカンピア属の殻は両殻端が隆起し、隆起部末端同士で隣り合う個体と連結して群体
 を作ります。殻の両端は若干発達が異なるため、鎖状につながる群体はらせん状に曲が
 ることがよくあります。
 顕微鏡観察では大概は帯面観で観察されます。
  ユーカンピア属の画像は、本頁以外に化石珪藻のページにもあります。

ユーカンピア属01(Eucampia zodiacus
 ・殻面観は幅の広い線形で、殻端は丸みを帯びる。
 ・両殻端は隆起し、その末端はおおむね平坦で、両殻端の高さは不均等である事が多い。
 ・殻帯面は四角形で、殻の高さは殻中心で小さく、殻端に行くに従い徐々に高くなる。
 ・胞紋は殻中心から放散状に配列する。
 ユーカンピア属 01-01
 (Eucampia zodiacus Ehrenberg)

 殻長;35.0-36.9μm
 殻高;殻中心 3.1-32.8μm
 胞紋密度;14-15.5/10μm
 特徴;殻帯面は四角形で、両殻端は円柱状に隆起し、
  隆起部末端は光学顕微鏡下では平坦に見える。
  殻には胞紋が存在し、隆起部にも連続して存在す
  る(中の写真)。
  殻中心は沈降し(上・下の写真)、この沈降部は殻
  内側に達しているように見える(下の写真)。
  1組2枚の殻の間には複数の帯が存在する。
  隣り合う個体同士は両殻端の隆起部で連結し、ら
  せん状の群体を作る(上の写真)。
  以上の特徴はTomas(1997)のEucampia zodiacus
  一致する。

 ・採取地;茨城県北部会瀬港(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500(上の写真)、×1000(中・下の写真) 
 ・スケールバーは白抜き線は50μm、黒実線は10μm
Eucampia zodiacus
メールへ移動します
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

Eucampia zodiacus
Eucampia zodiacus