Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 ビドゥルフィア亜綱
  トリセラチウム目
   トリセラチウム科
   ・トリセラチウム属
    01(T.favus)
    02(T.dubium)
    03
    04
   ・アウリスクス属
   ・プレウロシラ属
   ユーポディスクス科
   ・オドンテラ属
    01(O.aurita)
    02(O.obtusa)
    03
   ・トリエレス属
   プラジオグランマ科
   ・プラジオグランマ属
  ビドゥルフィア目
   ビドゥルフィア科
   ・ビドゥルフィア属
   ・ヒドロセラ属
   ・イストミア属
   ・トリゴニウム属
  ヘミアウルス目
   ヘミアウルス科
   ・ユーカンピア属
   ・ヘミアウルス属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
掲示板へ移動します
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.


                                                製作者:NaCl & Au
  イストミア属は海藻などに付着して生活する珪藻で、複雑な枝状のコロニーを作ります。
 イストミア属の殻全体の殻面観は台形または菱形で、帯面観の殻は片側の殻端に行くに
 従い殻高が徐々に高くなります。
 殻の胞紋は大きく、殻面の中心から放散状に並び殻溝が高い側の殻端に行くに従い、密
 度は徐々に細かくなります。
 帯には縦長の胞紋が存在します。
 *イストミア属は個別のページはありません。

 イストミア属 01-01
 (Isthmia sp.)

 殻長;73.7μm
 殻高;全体140μm<
 胞紋密度;2-3/10μm
 特徴;殻帯面は台形で帯の幅は広い。
  殻面は片側の殻端が隆起し、隆起部の末端は丸み
  を帯びる。
  殻面から殻蓋にかけての胞紋は大きい多角形で、
  放散状に配列する。
  帯の胞紋は縦長で高さ方向と、高さ方向に対して斜
  めに伸びる列を作り、網目模様に見える。
  光学顕微鏡下では殻の胞紋内に小孔が認められ
  ることがあり、これらは篩盤である。
  胞紋間の骨格には小孔が散在する。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500 
 ・スケールバーは50μm
Isthmia sp.
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

Isthmia sp.
 イストミア属 01-02
 (Isthmia sp.)

 殻長;58.8μm
 殻高;全体130μm<
 胞紋密度;3-4/10μm
 特徴;殻帯面は台形で帯の幅は広い。
  殻面は片側の殻端が隆起し、隆起部の末端は丸み
  を帯びる。
  殻面から殻蓋にかけての胞紋は大きい多角形で、
  放散状に配列する。
  帯の胞紋は縦長で高さ方向と、高さ方向に対して斜
  めに伸びる列を作り、網目模様に見える。
  胞紋間の骨格には小孔が散在する。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500 
 ・スケールバーは50μm
メールへ移動します