↓大顎
↓第2触角
第1触角↓
 アルテミア (Artemia salina) (011-2)-1a
 ノープリウス幼生
 倍率:x40
 吸水後:48時間
 体長:523μm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:0
 眼:ノープリウス眼
 備考:全体的に黄色〜オレンジ色。
     体内が透けて見えない。
4a
200μm
アルテミア (Artemia salina)のノープリウス幼生の画像です。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-2a
 成体(雌)
 倍率:x40
 吸水後:30日
 体長:9.56mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:大型の雌。第2触角は第1触角よりも短い。
     卵嚢を持っている。卵嚢の内部に多数の卵がある。
     アルコールで固定したため変色している。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-2a
 倍率:x40
 備考:枝状肢の画像。枝状肢の棘の本数は17本。
     (左右、両側の枝状肢を合わせると34本)
     棘が扇状に広がっている。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-2a
 成体(雌)
 倍率:x40
 吸水後:30日
 体長:9.80mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:大型の雌。卵嚢を持っている。
     卵嚢の内部に多数の卵がある。
     アルコールで固定したため一部変色している。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1h
 成体(雄)
 倍率:x100
 備考:把握器に焦点を合わせた画像。
     基部にコブ状の突起がある。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1g
 成体(雄)
 倍率:x100
 備考:生殖器(ペニス)に焦点を合わせた画像。
     ペニスは腹側に一対ある(↑)。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1f
 成体(雄)
 倍率:x100
 備考:複眼に焦点を合わせた画像。
     発達した眼柄を持っている。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1e
 成体(雄)
 倍率:x100
 備考:ノープリウス眼に焦点を合わせた画像。
     ノープリウス眼が成体になっても残存している。

 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1d
 成体(雄)
 倍率:x100
 備考:枝状肢の中軸部に焦点を合わせた画像。
     羽毛状の棘がある。

1c
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1c
 成体(雄)
 倍率:x100
 備考:枝状肢に焦点を合わせた画像。
     枝状肢の棘の本数は13本。
     (左右、両側の枝状肢の棘を合わせると26本)。

アルテミア (Artemia salina) ノープリウス幼生
アルテミア (Artemia salina) 成体(雌)
5a
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雌)の画像です。
3a
1mm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雌)の画像です。
2a
1mm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雌)の画像です。
1h
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
1g
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
1f
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
1e
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
1c
200μm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
1mm
1mm
1b
1a
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
アルテミア (Artemia salina) 成体(雄)
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
甲殻類の画像集 
---------------
鰓脚綱
 サルストラカ亜綱
  無甲目
---------------
ホウネンエビモドキ科
(Artemiidae)

アルテミア サリーナ 
Artemia salina

成長と一生

(1) 卵から孵化まで
(2) ノープリウス幼生
(3) 幼生 1
(4) 幼生 2
(5) 幼生 3
(6) 幼生 4
(7) 幼生 5
(8) 幼生 6
(9) 幼生 7
(10) 幼生 8
(11) 幼生 9-10
(12) 幼生 11-12
(13) 幼生 13
(14) 幼生 14
(15) 成体

---------------
ホウネンエビ科
(Chirocephalidae)


ホウネンエビ
Branchinella
   kugenumaensis

2014/12/31更新
トップページに戻ります。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------
 
アルテミア(Artemia salina)は、ブラインシュリンプ、シーモンキーとも呼ばれます。
 アルテミアはミジンコやカブトエビと同じ鰓脚綱に属しています。
 ミジンコやカブトエビとは体の構造が異なるように見えますが、大きな違いは背甲の有無です。
 ミジンコは二枚貝に似た形の背甲、カブトエビは皿型の背甲を持ちますが、アルテミアは背甲を持ちません。
 休眠卵で乾燥状態を過ごし、一か月ほどで成体になるという生活環はカブトエビとよく似ています。
 
このページでは、アルテミア成体とノープリウス幼生の画像を紹介します。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:節足動物の多様性と系統、岩槻邦男・馬渡峻輔 監修石川良輔 編集、裳華房、2008年.
 --------------------------------------------------------------------------------------
-------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
 アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1a, 1b
 成体(雄)
 倍率:x40
 吸水後:36日
 体長:9.02mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:大型の雄。
     把握器が大きい。
     枝状肢が13本(左右、両側の枝状肢を合わせると26本)に増加し、
     扇状に広がっている。
     ノープリウス眼が残存している。