14a
1mm
アルテミア (Artemia salina)の幼生13期の画像です。
幼生13期 吸水後:12日 体長:4.0mm
枝状肢
13a
500μm
幼生12期 吸水後:14日 体長:2.8〜3.2mm
12a
500μm
アルテミア (Artemia salina)の幼生11期の画像です。
幼生11期 吸水後:8〜10日 体長:2.1〜2.7mm
アルテミア (Artemia salina)の幼生12期の画像です。
幼生2期 吸水後:2〜3日 体長:0.7mm
↓大顎
↓第2触角
第1触角↓
1a
200μm
アルテミア (Artemia salina)のノープリウス幼生の画像です。
幼生1期 吸水後:2〜3日 体長:0.7mm
2014/12/31更新

 倍率:x40
 吸水後:30日
 体長:9.80mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:大型の雌。卵嚢を持っている。
     卵嚢の内部に多数の卵がある。
     アルコールで固定したため一部変色している。

 倍率:x40
 吸水後:36日
 体長:9.02mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:大型の雄。
     把握器が大きい。
     枝状肢の棘が13本(左右、両側の枝状肢を合わせると26本)に増加し、
     扇状に広がっている。
     ノープリウス眼が残存している。
 成体の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:1ヶ月以上、第2世代?
 体長:2.82mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢8対 付属肢原器:1対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:9対の胸肢が機能している。
     複眼とノープリウス眼は同じくらいの大きさ。
     複眼が外側に突出している。大顎が基部を除いて縮小。
     枝状肢の棘が生じている。

 幼生11-12期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:10日
 体長:1.68mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢6対
 付属肢原器:2対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:第2触角が大きく、体長が小さい以外は成体に近い形になった。
     6対の胸肢が機能している。
     複眼原器も色が濃くなり、ノープリウス眼と同じくらいの大きさになった。

 幼生9-10期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:8日
 体長:1.61mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢5対
 付属肢原器:2対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:第2触角が大きく、体長が小さい以外は成体に近い形になった。
     特に前方5対の胸肢が発達した。
     複眼原器も色が濃くなり、ノープリウス眼と同じくらいの大きさになった。

 幼生9-10期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:6日
 体長:1.36mm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:7対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:付属肢原器が7対ある。
     複眼原器は中央部の色が濃く、周辺は薄い。
     付属肢原器の輪郭は“へ”の字形で、
     小さな凹凸がある。

 
幼生7期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:6日
 体長:1.19mm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:6対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:付属肢原器が6対ある。
     複眼原器は中央部の色が濃く、周辺は薄い。
     複眼原器はノープリウス眼よりも小さい。
     付属肢原器の輪郭は“へ”の字形で、小さな凹凸がある.。

 
幼生6期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:4日
 体長:1.07mm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:4対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:付属肢原器と思われる膨らみが4対ある。
     頭部にオレンジ色の複眼の原器(←)が生じている。
     複眼の原器はノープリウス眼よりも小さい。

 
幼生4期の詳細ページはこちら

 

 倍率:x40
 吸水後:4日
 体長:910μm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:3対
 眼:ノープリウス眼
 備考:付属肢原器と思われる膨らみが少なくても3対ある。
     画像が不明瞭なので判断が難しいが、
     もう1対(合計4対)あるのかもしれない。

 幼生3期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:48時間
 体長:523μm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:0
 眼:ノープリウス眼
 備考:全体的に黄色〜オレンジ色。
     体内が透けて見えない。

 卵、孵化のページはこちら
 ノープリウス期の詳細ページはこちら
アルテミア (Artemia salina)の成体(雌)の画像です。
18a
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
成体(雌)? 吸水後:16日 体長:5.8mm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雌)?の画像です。
アルテミア (Artemia salina)の幼生10期の画像です。
11b
幼生8期 吸水後:5日 体長:1.3〜1.4mm
幼生9期 吸水後:8日 体長:1.6mm
10a
アルテミア (Artemia salina)の幼生9期の画像です。
アルテミア (Artemia salina) の幼生6期の画像です。
ノープリウス幼生 吸水後:2日 体長:0.5mm
幼生3期 吸水後:3〜5日 体長:0.9〜1.1mm
幼生4期 吸水後:4〜5日 体長:1.1mm
アルテミア (Artemia salina) の幼生5期の画像です。
アルテミア (Artemia salina) の幼生4期の画像です。
アルテミア (Artemia salina) の幼生3期の画像です。
トップページに戻ります。
成体(雄) 吸水後:16〜36日 体長:7.8〜9.0mm
アルテミア (Artemia salina) の幼生2期の画像です。
 顕微鏡写真集 
 ------------------
 鰓脚綱
  サルソストラカ亜綱
   無甲目
 ------------------
 ホウネンエビモドキ科

 
アルテミア サリーナ
 Artemia salina

 
成長と一生

 (1) 卵から孵化まで
 (2) ノープリウス幼生
 (3) 幼生 1
 (4) 幼生 2
 (5) 幼生 3
 (6) 幼生 4
 (7) 幼生 5
 (8) 幼生 6
 (9) 幼生 7
 (10) 幼生 8
 (11) 幼生 9-10
 (12) 幼生 11-12
 (13) 幼生 13
 (14) 幼生 14
 (15) 成体


 倍率:x40
 吸水後:30日
 体長:9.56mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:大型の雌。第2触角は第1触角よりも短い。
     卵嚢を持っている。卵嚢の内部に多数の卵がある。
     アルコールで固定したため変色している。
 
成体の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:16日
 体長:7.75mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:胸肢が11対になった(成体と同じ本数)。
     小型の雄。クワガタのような把握器ができた。
     生殖器(ペニス)が完成。眼柄が発達し複眼が完成した。
     第1触角が伸長した。枝状肢の棘の本数も増えている。


 吸水後:16日
 体長:5.77mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:胸肢が11対になった(成体と同じ本数)。
     成体の雌と同じ形状であるが小型。
     生殖器を確認できないため性別不明。
     第2触角が縮小。腹部の体節が明瞭。
     眼柄が発達。
 
成体(雌)?の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:14日 体長:4.21mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢10対? 付属肢原器:0対?
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:体長が4mmに達した。10対の胸肢が機能している。
     第2触角が縮小し、節や棘が不明瞭になった。
     腹部の体節が明瞭。

 幼生14期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:12日
 体長:4.01mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢10対 付属肢原器:0対?
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:体長が4mmに達した。
     10対の胸肢が機能している。
     第2触角が縮小するが、節と棘は残っている。
     腹部の体節が明瞭になる。眼柄が生じてきた。

 幼生13期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:8日
 体長:2.07mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢8対 付属肢原器:1対
 眼:ノープリウス眼、複眼
 備考:体長が2mmを超えた。成体に近い形になった。
     8対の胸肢が機能している。
     複眼原器(複眼)がノープリウス眼と同じくらいの大きさになった。
     複眼原器(複眼)が外側に膨らみ始めた。
 幼生11-12期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:5日
 体長:1.25mm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎、小顎)
 付属肢原器:5対以上
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:付属肢原器を数えることが困難。
     複眼原器は中央部の色が濃く、周辺は薄い。
     付属肢原器の輪郭は“へ”の字形。
     付属肢原器に多数の毛状の棘が生じた。
     口器に小顎の基部構造(顎器)と思われる構造を確認できる。
 幼生8期の詳細ページはこちら
 
 倍率:x40
 吸水後:4日
 体長:1.06mm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:4対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器
 備考:付属肢原器と思われる膨らみが4対ある。
     頭部にオレンジ色の複眼の原器が生じている。
     複眼原器は中央部の色が濃く、周辺は薄い。
     付属肢原器の輪郭は楕円形で、小さな凹凸がある。

 
幼生5期の詳細ページはこちら

 倍率:x40
 吸水後:72時間
 体長:830μm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:2対
 眼:ノープリウス眼
 備考:孵化後2日経過していた状態。
     大顎の肛門側にある膨らみが3対に増えている(↓)。
     この膨らみは後に付属肢になると思われる(付属肢の原器)。

 幼生2期の詳細ページはこちら
 
 倍率:x40
 吸水後:72時間
 体長:740μm
 付属肢:3対(第1触角、第2触角、大顎)
 付属肢原器:0
 眼:ノープリウス眼
 備考:孵化後2日経過していた状態。
     孵化直後と比べて1.5倍程度の大きさになっている。

 
幼生1期の詳細ページはこちら
↑ 第2触角(把握器)
19b
アルテミア (Artemia salina)の成体(雌)の画像です。
成体(雄) 吸水後:23-30日 体長:9.6〜10.8mm
1mm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
17a
16a
15a
アルテミア (Artemia salina)の幼生14期の画像です。
500μm
幼生10期 吸水後:10日 体長:1.7mm
500μm
アルテミア (Artemia salina)の幼生8期の画像です。
9a
8b
アルテミア (Artemia salina)の幼生7期の画像です。
200μm
幼生6期 吸水後:6日 体長:1.1〜1.2mm
幼生5期 吸水後:4〜6日 体長:1.1〜1.2mm
6a
5a
200μm
3a
2a
アルテミア (Artemia salina) の幼生1期の画像です。
 --------------------------------------------------------------------------------------
 
 アルテミア(Artemia salina)の成長過程を観察しました。
  アルテミアは、ブラインシュリンプ、シーモンキーとも呼ばれます。
  
このページでは、卵から成体までの画像をまとめて紹介します。
  卵から成体まで全部で15の成長段階(ノープリウス1期、幼生14期)を
 観察できました。それぞれの成長段階は脱皮を伴っていると思われますが、
 見落としや重複があるかもしれません。

  卵はテトラ ブラインシュリンプ エッグス(テトラ ジャパン株式会社)を用いました。
  餌は乾燥酵母を与え、塩分濃度は2%で飼育しました。
  人工海水、海水、食塩を使いましたが、食塩でも問題なく成長しました。

 ---------------------------------------------------------------------------------------

↑ 卵嚢
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
1mm
1mm
19a
1mm
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
18b
1mm
1mm
1mm
幼生14期 吸水後:14日 体長:4.2〜4.6mm
500μm
500μm
幼生7期 吸水後:6日 体長:1.4mm
7a
200μm
複眼の原器
200μm
200μm
4a
↓付属肢の原器
200μm
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo