アルテミア (Artemia salina) (011-15)-1a, 1b
 
 成体(雄)
 倍率:x40
 吸水後:36日
 体長:9.02mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢11対
 眼:ノープリウス眼、複眼

 
備考:詳細ページはこちら

1mm
1mm
1b
1a
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
アルテミア (Artemia salina)の成体(雄)の画像です。
アルテミア(Artemia salina
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
甲殻類の画像集 
---------------
鰓脚綱
 サルストラカ亜綱
  無甲目
---------------
ホウネンエビモドキ科
(Artemiidae)

アルテミア サリーナ 
Artemia salina

成長と一生

(1) 卵から孵化まで
(2) ノープリウス幼生
(3) 幼生 1
(4) 幼生 2
(5) 幼生 3
(6) 幼生 4
(7) 幼生 5
(8) 幼生 6
(9) 幼生 7
(10) 幼生 8
(11) 幼生 9-10
(12) 幼生 11-12
(13) 幼生 13
(14) 幼生 14
(15) 成体

---------------
ホウネンエビ科
(Chirocephalidae)


ホウネンエビ
Branchinella
   kugenumaensis

2mm
3a
ホウネンエビ(Branchinella kugenumaensis)の画像
2017/7/8更新
トップページに戻ります。
1mm
2a
ホウネンエビ(Branchinella kugenumaensis)の画像
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 アルテミアやホウネンエビは鰓脚綱 サルソストラカ亜綱に属しています。
 
アルテミア(Artemia 属)は、ブラインシュリンプ、シーモンキーとも呼ばれます。
 ホウネンエビ(Branchinella kugenumaensisは初夏に水田に出現する緑色の生物です。
 どちらも背甲がなく、眼に眼柄があり、雄が把握器になった第2触角を持つことが特徴です。
 これらの特徴によって、同じ鰓脚綱のミジンコやカブトエビから区別されています。

 
他の鰓脚綱と同じく、水田や水たまりなどの魚がいない水域に生息します。
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統、岩槻邦男・馬渡峻輔 監修 石川良輔 編集 裳華房 2008年 p207.
 --------------------------------------------------------------------------------------
--------------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
ホウネンエビ(Branchinella kugenumaensis
 ホウネンエビ -2a 
 成体(雄)
 倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 吸水後:26日
 体長:13.5mm (前額付属器、枝状肢を含まない)

 ホウネンエビ -3a 
 成体(雌)
 倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 吸水後:26日
 体長:15.0mm (前額付属器、枝状肢を含まない)


 
備考:詳細ページはこちら