甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
アルテミア (Artemia salina)の幼生10期の画像です。
2014/12/30更新
トップページに戻ります。
1a
アルテミア (Artemia salina)の幼生9期の画像です。
 顕微鏡写真集 
 ------------------
 鰓脚綱
  サルソストラカ亜綱
   無甲目
 ------------------
 ホウネンエビモドキ科

 
アルテミア サリーナ
 Artemia salina

 
成長と一生

 (1) 卵から孵化まで
 (2) ノープリウス幼生
 (3) 幼生 1
 (4) 幼生 2
 (5) 幼生 3
 (6) 幼生 4
 (7) 幼生 5
 (8) 幼生 6
 (9) 幼生 7
 (10) 幼生 8
 (11) 幼生 9-10
 (12) 幼生 11-12
 (13) 幼生 13
 (14) 幼生 14
 (15) 成体

 アルテミア (Artemia salina) (011-11)-2b
 
 幼生10期
 倍率:x40
 備考:やや向きを変えて撮影した画像。
     葉状の胸肢(前方3対)を明瞭に見ることができる。
 アルテミア (Artemia salina) (011-11)-2a
 
 幼生10期
 倍率:x40
 吸水後:10日
 体長:1.68mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢6対
 付属肢原器:2対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器

 備考:第2触角が大きく、体長が小さい以外は成体に近い形になった。
     6対の胸肢が機能している。
     複眼原器も色が濃くなり、ノープリウス眼と同じくらいの大きさになった。
アルテミア (Artemia salina)の幼生10期の画像です。
500μm
 --------------------------------------------------------------------------------------
 
 アルテミア(Artemia salina)の成長過程を観察しました。
  アルテミアは、ブラインシュリンプ、シーモンキーとも呼ばれます。
  
このページでは、幼生9-10期(10-11番目の成長段階)を紹介します。
  葉状の胸肢が5-6対、付属肢原器が2対になりました。
  第2触角が大きいことを除けば、ほぼ成体に近い形になりました。
  ここでの画像は卵を水に入れてから、8-10日後の状態を観察したものです。
  幼生の体長は1.6-1.7mmになりました。

  卵はテトラ ブラインシュリンプ エッグス(テトラ ジャパン株式会社)を用いました。
 ---------------------------------------------------------------------------------------

2b
500μm
2a
500μm
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 アルテミア (Artemia salina) (011-11)-1a
 
 幼生9期
 倍率:x40
 吸水後:8日
 体長:1.61mm
 付属肢:口器3対(第1触角、第2触角、大顎)
      胸肢5対
 付属肢原器:2対
 眼:ノープリウス眼、複眼原器

 備考:第2触角が大きく、体長が小さい以外は成体に近い形になった。
     特に前方5対の胸肢が発達した。
     複眼原器も色が濃くなり、ノープリウス眼と同じくらいの大きさになった。