Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
Eunotia sp.
Eunotia sp.
 ユーノティア属 05-01(個別のページはありません)
 (Eunotia sp.)

 殻長;86.8μm
 殻幅;14.3μm
 条線密度;10.5-16.5/10μm
 特徴;殻面は太い線形で弧状に曲がる。
  背側殻縁が顕著に波打つ
  殻端は楔形で、末端は丸みを帯びる。
  条線はおおむね平行に配列し、殻端では縦溝を中
  心に放散状に配列する。
  殻面観で縦溝は非常に短く、腹側殻縁殻背側に向
  かって伸びるが、殻幅の半分以下の位置で終わる。

 ・採取地;茨城県中部涸沼(汽水域)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 ユーノティア亜綱
  ユーノティア目
   ユーノティア科
   ・ユーノティア属
    01
    02
    03(E.flexuosa)
    04
    05
    06
    07
    08
    09
   ・アクチネラ属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
Eunotia flexuosa
 ユーノティア属 03
 (Eunotia flexuosa (Brebisson ex Kuting) Kutzing)

 特徴;殻面は非常に長細い線形で緩やかに湾曲し、両殻縁は
  平行である。殻端は丸みを帯びる。殻面で縦溝は腹側殻端
  付近から殻中心に向って伸びるが、その長さは短い。
 ・スケールバーは10μm
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
Eunotia sp.
 ユーノティア属 07
 (Eunotia sp.)

 特徴;殻面は線形で緩やかな弧状に湾曲する。
  殻端は背側に反り返る。
  殻面観の縦溝は殻端付近に存在し、非常に短い。

 ・スケールバーは10μm
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
 ユーノティア属 06
 (Eunotia sp.)

 特徴;殻端は嘴形または背側に反り返る。
  殻中心付近の両殻縁は平行であることが多い。
  腹側殻縁は殻内側方向に弧状に湾曲するものから
  直線状のものまで変化に富む。
  殻面観で縦溝は非常に短く、腹側殻縁から殻端に
  向かって伸びる。
 ・スケールバーは10μm
Eunotia sp.
 ユーノティア属 02
 (Eunotia sp.)

 特徴;殻面は長い線形で緩やかに湾曲し、両殻縁は
  平行である。殻端は丸みを帯びる。条線は殻を通し
  て平行に配列し、その密度はやや粗い。

 ・スケールバーは10μm
Eunotia sp.
 ユーノティア属 01-01(個別のページはありません)
 (Eunotia sp.)

 殻長;74.0μm
 殻幅;17.7μm
 条線密度;7-8(殻端10)/10μm
 特徴;大型で殻面は背腹性を持つ。
  背側殻縁は緩やかな弧状に湾曲し、腹側殻縁は殻
  を通してほぼ直線状である。
  殻端で両殻縁は平行、または背側の殻縁が若干反
  り返り、末端は鈍く丸みを帯びる。
  条線はおおむね平行に配列するが、条線間の距離
  はばらつきがあり、条線密度は殻端で細かくなる。
  殻面で観察できる縦溝は短く、殻端の腹側殻縁か
  ら殻端に沿って背側に向かって伸び、殻幅の中間
  付近で終わる。
  以上の特徴はKrammer&Lange-Bertalot(2008)の
  Eunotia praeraputa Ehrenberg var.praeraputa
  類似する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Eunotia sp.
掲示板へ移動します
 ユーノティア属 04-01(個別のページはありません)
 (Eunotia sp.)

 殻長;67μm<
 殻幅;11.5μm
 条線密度;23-24.5/10μm
 特徴;殻面で背側殻縁が複数回波打ち、腹側は緩や
  かに弧状に曲がる。
  殻端は丸みを帯びて終わる。
  条線はおおむね平行に配列し、殻端では縦溝端部
  を取り囲むように放散状に配列する。
  条線密度は細かい。
  縦溝は腹側殻縁を走り、その端部は殻端付近で強
  く背側に曲がり殻幅の中程で終わる。
  水野(1964)のEunotia robustaと、田中(2002)のE.
  monodon var. tropica と類似する。

 ・採取地;大阪府府民の森湖沼
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Eunotia sp.
Eunotia sp.
 ユーノティア属 09
 (Eunotia sp.)

 特徴;殻面は背側が弧状に湾曲し、腹側は直線状の
  三日月形で、殻端は楔形である。
  殻面観の縦溝は殻端付近に存在し、非常に短い。

 ・スケールバーは10μm
  ユーノティア属は現生種は淡水域に限定で生息する珪藻で、植物の表面に付着します。
 ユーノティア属の殻面は背腹性を持つ三日月形、少なくとも左右非対称です。帯面観は横長
 の四角形で殻端から比較的短い縦溝が殻中心に向って伸びます。殻面の殻幅よりも殻帯面
 の高さの方が大きいことがよくあり、このため顕微鏡下では殻帯面が観察できることもしばし
 ばあります。

参考文献;
 ・Krammer, K.,&Lange-Bertalot, H., 2008. Süßwasserflora von Mitteleuropa Bacillariophyceae3,
  Spektrum Akademischer Verlag Heidelberg.
 ・水野壽彦, 1964. 日本淡水プランクトン図鑑, 保育社.
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・田中正明, 2002. 日本淡水産動植物プランクトン図鑑, 名古屋大学出版会.


                                               製作者:NaCl & Au

 ユーノティア属 08
 (Eunotia sp.)

 特徴;殻面は細長い線形で緩やかな弧状に湾曲する。
  殻端は背側がやや頭状形となる。
  殻面観の縦溝は殻端付近に存在し、非常に短い。

 ・スケールバーは10μm
Eunotia sp.
メールへ移動します