Asteromphalus flabellatus
 アステロムファラス属 01-02
 (Asteromphalus flabellatus (Brebisson) Greville)

 殻径;長軸48.2μm,短軸36.7μm
 胞紋密度;13-15/10μm
 特徴;放散肋は8本で、うち1本は他と比べて幅が狭く、
  中心域で他の肋の全てと接し、中心域の様相はカ
  ニの腹側と似ている。
  中心域の肋同士の接線は直線的である。
  放散肋は1本の幅の狭い肋を除いてはおおむね幅
  は同じで、幅の狭い肋の隣の肋は若干湾曲する。
  全ての放散肋の殻周縁側端部には1つの孔が存
  在する。
  胞紋は殻を通してほぼ同じ密度で、偏心的に配列
  する。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Asteromphalus flabellatus
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 コシノディスクス亜綱
  クリサンテモディスクス目
   クリサンテモディスクス科
   ・クリサンテモディスクス属
  メロシラ目
   メロシラ科
   ・メロシラ属
    01(M.varians)
    02(M.moniliformis)
    03
   ステファノピキシス科
   ・ステファノピキシス属
   ヒアロディスクス科
   ・ヒアロディスクス属
    01
    02
    03
   ヒアロディスクス科
    不明分類群
  パラリア目
   パラリア科
   ・パラリア属
  アウラコセイラ目
   アウラコセイラ科
   ・アウラコセイラ属
    01(A.ambigua)
    02(A.italica)
    03(A.granulata)
    04(A.distans s.l.)
    05
    06
  コシノディスクス目
   コシノディスクス科
   ・コシノディスクス属
    01
    02
    03
   ヘミディスクス科
   ・アクチノキクルス属
    01(A.ingens)
    02
    03
    04
    05
    06
    07
    08
   ・アツペイティア属
  ヘリオペルツス科
   ・アクチノプチクス属
    01(A.senarius)
    02
    03(A.splendens)
  アステロランプラ目
   アステロランプラ科
   ・アステロムファラス属
    01(A.flabellatus)
    02(A.heptactis)
  アラクノイディスクス目
   アラクノイディスクス科
   ・アラクノイディスクス属

 タラシオシラ亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・Tomas, C. R.,1997. Identifying marine phytoplankton, Academic Press.

                                                製作者:NaCl & Au
掲示板へ移動します
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

 アステロムファラス属 01-03
 (Asteromphalus flabellatus (Brebisson) Greville)

 殻径;長軸50.3μm,短軸36.7μm
 胞紋密度;13-15.5/10μm
 特徴;放散肋は8本で、うち1本は他と比べて幅が狭く、
  中心域で他の肋のほとんどと接し、中心域の様相
  はカニの腹側と似ている。
  中心域の肋同士の接線は直線的である。
  放散肋は1本の幅の狭い肋を除いてはおおむね幅
  は同じで、幅の狭い肋の隣の肋は若干湾曲する。
  全ての放散肋の殻周縁側端部には1つの孔が存
  在する(上の写真)。
  胞紋は殻を通してほぼ同じ密度で、偏心的に配列
  する。
  1組2枚の殻は放散肋の位置が若干ずれる(上の写真)。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Asteromphalus flabellatus
  このページでは、Asteromphalus flabellatusを掲載します。
 この分類群は主に以下の特徴を持ちます。
 ・殻面は卵形、殻中心付近から殻縁に向かって肋が放散状に走る。
 ・放散状の肋のうち1本は幅が狭く、この肋は殻長軸方向の幅が狭い側の殻縁に向かって
  伸びる。
 ・中心域は殻長軸方向の幅が広い側に片寄って存在する。
 以上の特徴はTomas(1997)のAsteromphalus flabellatusとほぼ一致します。
  この分類群は海域(瀬戸内海(大阪府南部))で認められました。

 アステロムファラス属 01-01
 (Asteromphalus flabellatus (Brebisson) Greville)

 殻径;長軸44μm,短軸34.6μm
 胞紋密度;14-15.5/10μm
 特徴;放散肋は8本で、うち1本は他と比べて幅が狭く、
  中心域で他の肋のほとんどと接し、中心域の様相は
  カニの腹側と似ている。
  中心域の肋同士の接線は直線的である。
  放散肋は1本の幅の狭い肋を除いてはおおむね幅
  は同じで、幅の狭い肋の隣の肋は若干湾曲する。
  全ての放散肋の殻周縁側端部には1つの孔が存
  在する(下の写真)。
  胞紋は殻を通してほぼ同じ密度で、偏心的に配列
  する(上の写真)。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Asteromphalus flabellatus
Asteromphalus flabellatus
メールへ移動します