Odontella obtusa
 オドンテラ属 02-02
 (Odontella obtusa Kutzing)

 殻長;23μm
 殻高(殻全体);36.8μm
 胞紋密度;殻面11-12/10μm
        帯9.5-10/10μm
 特徴;殻蓋の高さは低く、帯の高さは高い。
  殻面の中央の隆起部はレンズ状で、殻両端の
  隆起部は基部が太く先細り、末端は丸みを帯び、
  殻面に対して外側斜め上方向に伸びる。
  殻端の隆起部の先端は光学顕微鏡下では無紋に
  見えるが、おそらく小孔域である(下の写真)。
  胞紋は円形で、帯では高さ方向と横方向に胞紋列
  を作る(下の写真)。
  Odontella auritaと類似するが、前種にみられる殻
  中央ドーム状の細い管状突起は認められない。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Odontella obtusa
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 ビドゥルフィア亜綱
  トリセラチウム目
   トリセラチウム科
   ・トリセラチウム属
    01(T.favus)
    02(T.dubium)
    03
    04
   ・アウリスクス属
   ・プレウロシラ属
   ユーポディスクス科
   ・オドンテラ属
    01(O.aurita)
    02(O.obtusa)
    03
   ・トリエレス属
   プラジオグランマ科
   ・プラジオグランマ属
  ビドゥルフィア目
   ビドゥルフィア科
   ・ビドゥルフィア属
   ・ヒドロセラ属
   ・イストミア属
   ・トリゴニウム属
  ヘミアウルス目
   ヘミアウルス科
   ・ユーカンピア属
   ・ヘミアウルス属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
 オドンテラ属 02-04
 (Odontella obtusa Kutzing)

 殻長;41.9μm
 殻高(殻全体);40.3μm
 胞紋密度;殻面9-11.5/10μm
        帯10-11.5/10μm
 特徴;殻蓋の高さは低く、帯の高さは高い。
  殻面の中央の隆起部はドーム状で、両殻端の隆起
  部の基部はかなり幅がある。
  殻端の隆起部の先端は光学顕微鏡下では無紋に
  見えるが、おそらく小孔域で、胞紋域との境界は明
  瞭である(右の殻の右上の殻末端)。このことから
  無紋域に見える部分は眼点であると考えられる。
  胞紋は円形で、殻面では殻中心から放散状に配列
  し、帯では横方向と高さ方向に胞紋列を作る。
  Odontella auritaと類似するが、前種にみられる殻
  中央ドーム状の細い管状突起は認められない。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Odontella obtusa
 *この分類群はRound et al.(1990)のオドンテラ属と特徴が一致します。一方で、山路(1979)の
  Biddulphia obtusaと特徴が一致します。また、Round et al.(1990)のオドンテラ属の記載の中で、
  「著者らはオドンテラ属の中に“Biddulphia”のaurita, obtusa,などを含む」とあります。
  以上のことから、このサイトではこの分類群をOdontella obtusaとしています。
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

Odontella obtusa
 オドンテラ属 02-03
 (Odontella obtusa Kutzing)

 殻長;30.4μm
 殻高(殻全体);35.4μm
 胞紋密度;殻面10-12/10μm
        帯9-14/10μm
 特徴;殻蓋の高さは低く、帯の高さは高い。
  殻面の中央の隆起部はドーム状である。
  殻端の隆起部の先端は光学顕微鏡下では無紋に
  見えるが、おそらく小孔域で、胞紋域との境界は明
  瞭である(一番下の殻の左側殻末端)。このことか
  ら眼点であると考えられる。
  胞紋は円形で、殻面では殻中心から放散状に配列
  し、帯では少なくとも高さ方向に胞紋列を作る。
  Odontella auritaと類似するが、前種にみられる殻
  中央ドーム状の細い管状突起は認められない。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Odontella obtusa
 オドンテラ属 02-01
 (Odontella obtusa Kutzing)

 殻長;19.8-20.2μm
 殻高(殻全体);32.5μm
 胞紋密度;10.5-13.5/10μm
 特徴;殻蓋の高さは低く、帯の高さは高い。
  殻面の中央の隆起部は低いドーム状で、殻両端の
  隆起部は基部が太く先細り、末端は丸みを帯び、
  殻面に対して外側斜め上方向に伸びる。
  殻端の隆起部の先端は光学顕微鏡下では無紋に
  見え、この先端同士で隣り合う個体と連結する。
  殻と帯の間にはくびれが存在する。
  胞紋は円形で、帯では高さ方向と横方向に胞紋列
  を作る。
  Odontella auritaと類似するが、前種にみられる殻
  中央ドーム状の細い管状突起は認められない。

 ・採取地;茨城県北部会瀬港(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Odontella obtusa
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
 オドンテラ属 02-05
 (Odontella obtusa Kutzing)

 殻長;66.8μm
 殻高(殻全体);38.8μm
 胞紋密度;殻面11-12.5/10μm
        帯10-11.5/10μm
 特徴;殻蓋の高さは殻長に対して非常に低い。
  殻面の中央の隆起部は丘状で、両殻端の隆起
  部の基部はかなり幅が広く急激に先細る。
  殻端の隆起部の先端は光学顕微鏡下では無紋に
  見えるが、おそらく小孔域で、胞紋域との境界は明
  瞭である(上の写真左から下の殻端)。このことから
  無紋域に見える部分は眼点であると考えられる。
  胞紋は殻面では殻中心から放散状に配列し、帯で
  は横方向と高さ方向に胞紋列を作る。
  中央隆起部に細い管状突起は認められない。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Odontella obtusa
掲示板へ移動します
  このページでは、Odontella obtusaを掲載します。この種は主に以下の特徴を持ちます。
 ・殻帯面全体の形は四角形で殻蓋の高さは低く、殻面中央には低いドーム状の隆起部が、両
  殻端には基部が太く、急激に先細りする隆起部が存在する。

 ・殻中央の隆起部には突起は認められない。
 ・殻と帯の間にはくびれが存在する。
 ・ジグザグに伸びる群体を作る。
  この分類群は東日本の太平洋で見られました。

参考文献;
 ・Ashworth, M. P., Nakov, T. and Theriot, E. C., 2013. Revisiting Ross and Sims(1971) :
  Toward a molecular phylogeny of the Biddulphiaceae and Eupodiscaceae
  (Bacillariophyceae)., Journal of Phycology 49(6): 1207-1222.
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・山路 勇.,1979. 日本海洋プランクトン図鑑, 保育社.


                                                製作者:NaCl & Au
メールへ移動します