Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 コシノディスクス亜綱
  クリサンテモディスクス目
   クリサンテモディスクス科
   ・クリサンテモディスクス属
  メロシラ目
   メロシラ科
   ・メロシラ属
    01(M.varians)
    02(M.moniliformis)
    03
   ステファノピキシス科
   ・ステファノピキシス属
   ヒアロディスクス科
   ・ヒアロディスクス属
    01
    02
    03
   ヒアロディスクス科
    不明分類群
  パラリア目
   パラリア科
   ・パラリア属
  アウラコセイラ目
   アウラコセイラ科
   ・アウラコセイラ属
    01(A.ambigua)
    02(A.italica)
    03(A.granulata)
    04(A.distans s.l.)
    05
    06
  コシノディスクス目
   コシノディスクス科
   ・コシノディスクス属
    01
    02
    03
   ヘミディスクス科
   ・アクチノキクルス属
    01(A.ingens)
    02
    03
    04
    05
    06
    07
    08
   ・アツペイティア属
  ヘリオペルツス科
   ・アクチノプチクス属
    01(A.senarius)
    02
    03(A.splendens)
  アステロランプラ目
   アステロランプラ科
   ・アステロムファラス属
    01(A.flabellatus)
    02(A.heptactis)
  アラクノイディスクス目
   アラクノイディスクス科
   ・アラクノイディスクス属

 タラシオシラ亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群

 アウラコセイラ属 01-01
 (Aulacoseira ambigua (Grunow) Simonsen)

 殻径;4.8μm
 殻高;8.2-10.5μm
 条線(胞紋列)密度;18-19.5/10μm
 胞紋密度;20-22/10μm
 殻周縁突起密度;15-16.5/10μm
 特徴;殻は長い円柱状で、群体はらせん状に伸びる。
  条線は殻高さ方向に対して斜めに走る。
  殻周縁には短い突起がほぼ等間隔に並ぶ。

 ・採取地;大阪府北部市場池
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Aulacoseira ambigua
 アウラコセイラ属 01-02
 (Aulacoseira ambigua (Grunow) Simonsen)

 殻径;4.2-4.6μm
 殻高;9.3-9.5μm
 胞紋密度;15.5-18/10μm
 特徴;殻は長い円柱状で、群体はらせん状に伸びる。
  条線は殻高さ方向に対して斜めに走る。

 ・採取地;茨城県中部涸沼(汽水)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Aulacoseira ambigua
 アウラコセイラ属 01-03
 (Aulacoseira ambigua (Grunow) Simonsen)

 殻径;7.0μm
 殻高;6.5-11.7μm
 条線(胞紋列)密度;18.5-21.5/10μm
 胞紋密度;17-19.5/10μm
 殻周縁突起密度;12.5-15/10μm
 特徴;殻は長い円柱状で、群体は直線状に伸びる。
  条線は殻高さ方向に対して斜めに走るが、周縁突起
  に近づくと斜度が小さくなる。
  殻周縁には突起がおおむね等間隔に並ぶ。

 ・採取地;滋賀県北部余呉湖
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Aulacoseira ambigua

参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE
 ・田中正明, 2002. 日本淡水産動植物プランクトン図鑑, 名古屋大学出版会.
 ・辻 彰洋・伯耆晶子, 2001. 琵琶湖研究モノグラフ, 滋賀県琵琶湖研究所.
 ・渡辺仁治, 2005. 淡水珪藻生態図鑑, 内田老鶴圃.


                                               製作者:NaCl & Au
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
掲示板へ移動します
  このページでは、Aulacoseira ambiguaを掲載します。この種は主に以下の特徴を持ちます。
 ・殻は円柱状、殻面は円形で、殻蓋と殻面径の比は変異が大きい。
 ・1組2枚の殻の連結部はくびれが存在する。
 ・胞紋列からなる条線は殻高に対して斜めに走り、その密度は比較的細かい。
 ・群体は鎖状で、直線状またはらせん状に伸びる。
  以上の特徴は田中(2002)、辻・伯耆(2001)で記載されているAulacoseira ambigua
 特徴と一致します。また、渡辺(2005)のA. ambiguaと類似します。
  この分類群は淡水域(河川(北海道東部・京都府)、湖沼(滋賀県北部・大阪府北部))と汽水
 域(茨城県中部)で認められました。
メールへ移動します
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW