Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
Diatoma mesodon
Diatoma tenuis
 ディアトマ属 05-01(個別のページはありません)
 (Diatoma tenuis Agardh)

 殻長;41.2μm
 殻幅;3μm
 肋密度;7.5-8.5/10μm
 特徴;殻面は細長い線形で殻端は頭状形である。
  肋は殻を横断し、平行に配列する。
  この標本で他のディアトマ属の分類群に比べ肋密
  がかなり細かい。
  渡辺(2005)のDiatoma tenuis と田中(2002)の
  D.elongatumと特徴が一致する。後者の種は前者の
  同種異名である。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 ディアトマ属 06
 (Diatoma vulgaris Bory)

 特徴;殻面は細長い楕円形で殻端の形は嘴形、末端
  は広円形である。
  肋は殻を横断し、平行に並微、殻端近くでは湾曲する。
  軸域は非常に狭い。
 ・スケールバーは10μm
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 フラジラリア亜綱
  フラジラリア目
   フラジラリア科
   ・フラジラリア属
   ・アステリオネラ属
   ・スタウロシレラ属
   ・スタウロシラ属
   ・プンクタストリアタ属
   ・フラジラリフォルマ属
   ・マルチャナ属
   ・ディアトマ属
    01
    02(D.hyemalis)
    03
    04(D.mesodon)
    05
    06(D.vulgaris)
   ・ハンナエア属
   ・メリディオン属
   ・シネドラ属
    01(S.ulna基本種)
    02
    03
    04
    05
   ・タブラリア属
    01
    02
    03
    04
   ・アステリオネロプシス属
   ・ブレアケレヤ属
   フラジラリア科不明分類群
  タベラリア目
   タベラリア科
   ・タベラリア属
  リクモフォラ目
   リクモフォラ科
   ・リクモフォラ属
    01
    02
    03(L.flabellata)
  ラフォネイス目
   ラフォネイス科
   ・ラフォネイス属
   ・デルフィネイス属
  タラシオネマ目
   タラシオネマ科
   ・タラシネマ属
    01(T.nitzschioides)
    02(T.pseudonitzschioides)
    03(T.frauenfeldii)
   タラシネマ科不明分類群
  ラブドネマ目
   ラブドネマ科
   ・ラブドネマ属
    01(R.arcuatum)
    02
  スツリアテラ目
   スツリアテラ科
   ・グランマトフォラ属
    01
    02
    03
    04
  キクロフォラ目
   キクロフォラ科
   ・キクロフォラ属
   エントピラ科
   ・ゲフィリア属
  クリマコスフェニア目
   クリマコスフェニア科
   ・クリマコスフェニア属
  プロトラフィス目
   プロトラフィス科
   ・シュードヒマンティディウム属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
Diatoma sp.
 ディアトマ属 03-01(個別のページはありません)
 (Diatoma sp.)

 殻長;59.0μm
 殻幅;8.0μm
 肋密度;5/10μm
 特徴;殻面は細長い披針形で殻端は楔形、あるいは
  細長いラグビーボール形である。
  肋は殻を横断し、ほとんど平行に配列し、一部で湾
  曲したり、途中で消滅する場合がある。
  この標本で他のディアトマ属の分類群よりも比較的
  肋密が細かい。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 ディアトマ属 04
 (Diatoma mesodon (Erenberg) Kutzing)

 特徴;殻は楕円形で殻端は楔形である。
  肋は殻面を横断し、平行に配列する。
  小型である。
 ・スケールバーは10μm
 ディアトマ属 02(個別のページはありません)
 (Diatoma hyemalis (Roth) Heiberg.)

 特徴;殻面はやや細長い楕円形、殻端は楔形で末端
  は丸みを帯びる。
  肋は殻を横断する方向に走り、殻中央付近ではお
  おむね平行に配列し、
  肋は殻を横断せずに途中で消滅する場合もある。
  軸域は狭い。
  渡辺(2005)と田中(2002)のDiatoma hyemalis
  特徴が一致する。
 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm

 【上の写真の標本】
 殻長;27.3μm
 殻幅;8.4μm
 肋密度;3.5/10μm
  肋は殻端近くでは殻を斜めに走り、軸域を境に屈曲
  したり消滅したりするように見える。軸域はディアトマ
  属の中では若干広い。
 【下の写真の標本】
 殻長;36.8μm
 殻幅;8.8μm
 肋密度;3/10μm
 条線密度;19.5-20/10μm
  肋は殻端近くでは湾曲する。条線は殻のごく一部で
  観察でき、殻を横断し平行に配列する。軸域は狭い。
Diatoma hyemalis
Diatoma hyemalis
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
掲示板へ移動します
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・田中正明, 2002. 日本淡水産動植物プランクトン図鑑, 名古屋大学出版会.
 ・渡辺仁治, 2005. 淡水珪藻生態図鑑, 内田老鶴圃.


                                               製作者:NaCl & Au
Diatoma vurgalis
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
  ディアトマ属は厳密に淡水域に生息する珪藻で、いくつかの種はわずかに塩分を含んだ場
 所に生息することがあります。平たいひも状の群体、星形やジグザグ状の群体を作ります。
 ディアトマ属の帯面観は横長の四角形で、殻面観は楕円形から長く伸びた形をし、時々殻
 端が頭状形となる種もいます。


 ディアトマ属 01-01(個別のページはありません)
 (Diatoma sp.)

 殻長;39.0μm
 殻幅;6.0μm
 条線密度;約24/10μm
 肋密度;4.5-5.5/10μm
 特徴;殻面は線形で、殻端は頭状形である。
  両殻縁は平行である。
  肋は殻を横断し、ほとんど平行に配列して殻端近く
  で湾曲する。
  この標本では条線が一部でのみ観察でき、その密
  度はかなり細かい。
  渡辺(2005)のDiatoma ehrenbergii と殻形や殻端
  の形が一致するが、肋密度がこの標本はより粗い
  ため、同定を保留にしている。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Diatoma sp.
メールへ移動します