ラフォネイス属 02-01
 (Rhaphoneis sp.)
  (個別のページはありません)

 殻長;43.4μm
 殻幅;23.1μm
 胞紋列密度;8-8.5/10μm
 胞紋密度;7.5-12.5/10μm
 特徴; 殻面は楕円形で平坦、殻端は嘴形で、末端は
  丸みを帯びる。
  胞紋は円形で胞紋列を形成し、放散状に配列する。
  胞紋は殻端付近でやや小型がする。
  軸域は狭く、から長軸方向を直線状にまっすぐに
  走り、両殻端の小孔域に若干食い込んで終わる(上
  の写真)。
  両殻端には小孔が密集する小孔域が存在し、小孔
  域内には1個の唇状突起が認められる(上の写真)。
  Tomas(1997)のRhaphoneis amphiceorsに類似する
  が、この標本は条線密度がわずかに細かく、軸域が
  直線状である点が異なる。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Rhaphoneis sp.
Rhaphoneis sp.
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 フラジラリア亜綱
  フラジラリア目
   フラジラリア科
   ・フラジラリア属
   ・アステリオネラ属
   ・スタウロシレラ属
   ・スタウロシラ属
   ・プンクタストリアタ属
   ・フラジラリフォルマ属
   ・マルチャナ属
   ・ディアトマ属
    01
    02(D.hyemalis)
    03
    04(D.mesodon)
    05
    06(D.vulgaris)
   ・ハンナエア属
   ・メリディオン属
   ・シネドラ属
    01(S.ulna基本種)
    02
    03
    04
    05
   ・タブラリア属
    01
    02
    03
    04
   ・アステリオネロプシス属
   ・ブレアケレヤ属
   フラジラリア科不明分類群
  タベラリア目
   タベラリア科
   ・タベラリア属
  リクモフォラ目
   リクモフォラ科
   ・リクモフォラ属
    01
    02
    03(L.flabellata)
  ラフォネイス目
   ラフォネイス科
   ・ラフォネイス属
   ・デルフィネイス属
  タラシオネマ目
   タラシオネマ科
   ・タラシネマ属
    01(T.nitzschioides)
    02(T.pseudonitzschioides)
    03(T.frauenfeldii)
   タラシネマ科不明分類群
  ラブドネマ目
   ラブドネマ科
   ・ラブドネマ属
    01(R.arcuatum)
    02
  スツリアテラ目
   スツリアテラ科
   ・グランマトフォラ属
    01
    02
    03
    04
  キクロフォラ目
   キクロフォラ科
   ・キクロフォラ属
   エントピラ科
   ・ゲフィリア属
  クリマコスフェニア目
   クリマコスフェニア科
   ・クリマコスフェニア属
  プロトラフィス目
   プロトラフィス科
   ・シュードヒマンティディウム属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
Rhaphoneis amphiceros
掲示板へ移動します
  ラフォネイス属は海域の浅い場所で普通に見られる珪藻です。単体または短い糸状の群体
 を作り、しばしば砂粒に付着します。
 ラフォネイス属の殻面は幅が広く、線形からやや円形までさまざまな形を持ち、殻帯面は浅
 い場合が多いようです。両殻端には小孔域が存在します。
 ラフォネイス属の画像は、本頁以外に化石珪藻のページにもあります。

参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・Tomas, C. R.,1997. Identifying marine phytoplankton, Academic Press.


                                                製作者:NaCl & Au
メールへ移動します
 ラフォネイス属 01-01
 (Rhaphoneis amphicros (Ehrenberg) Ehrenberg)
  (個別のページはありません)

 殻長;24.8μm
 殻幅;16.6μm
 胞紋列密度;7/10μm
 胞紋密度;8.5-9/10μm
 小孔密度;16.5-20/10μm
 特徴; 殻面はやや円形で平坦、殻端は突出した嘴形
  となる。
  胞紋は円形で胞紋列を形成し放散状に配列する。
  軸域は笹の葉状でやや狭く、殻中央をまっすぐに
  走る。
  殻端には小孔が密集する小孔域が存在し、小孔は
  目立った配列を持たない。
  Tomas(1997)のRhaphoneis amphiceorsと殻形や条
  線密度、軸域の形などの特徴が一致する。
  この種は海成の中新統から化石としてしばしば産出する。

 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Rhaphoneis amphiceros