Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 フラジラリア亜綱
  フラジラリア目
   フラジラリア科
   ・フラジラリア属
   ・アステリオネラ属
   ・スタウロシレラ属
   ・スタウロシラ属
   ・プンクタストリアタ属
   ・フラジラリフォルマ属
   ・マルチャナ属
   ・ディアトマ属
    01
    02(D.hyemalis)
    03
    04(D.mesodon)
    05
    06(D.vulgaris)
   ・ハンナエア属
   ・メリディオン属
   ・シネドラ属
    01(S.ulna基本種)
    02
    03
    04
    05
   ・タブラリア属
    01
    02
    03
    04
   ・アステリオネロプシス属
   ・ブレアケレヤ属
   フラジラリア科不明分類群
  タベラリア目
   タベラリア科
   ・タベラリア属
  リクモフォラ目
   リクモフォラ科
   ・リクモフォラ属
    01
    02
    03(L.flabellata)
  ラフォネイス目
   ラフォネイス科
   ・ラフォネイス属
   ・デルフィネイス属
  タラシオネマ目
   タラシオネマ科
   ・タラシネマ属
    01(T.nitzschioides)
    02(T.pseudonitzschioides)
    03(T.frauenfeldii)
   タラシネマ科不明分類群
  ラブドネマ目
   ラブドネマ科
   ・ラブドネマ属
    01(R.arcuatum)
    02
  スツリアテラ目
   スツリアテラ科
   ・グランマトフォラ属
    01
    02
    03
    04
  キクロフォラ目
   キクロフォラ科
   ・キクロフォラ属
   エントピラ科
   ・ゲフィリア属
  クリマコスフェニア目
   クリマコスフェニア科
   ・クリマコスフェニア属
  プロトラフィス目
   プロトラフィス科
   ・シュードヒマンティディウム属

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
掲示板へ移動します
Staurosirella leptostauron
 スタウロシレラ属 01-02
 (Staurosirella leptostauron (Ehrenberg) Williams&Round)
  (個別のページはありません)

 殻長;22.7μm
 殻幅;11.3μm
 条線密度;8-9/10μm
 特徴;殻面は若干上下左右ともに非対称で、中央付
  近が強く膨出する十字形である。
  殻端は嘴形で、末端は丸みを帯びる。
  条線は中心付近では緩い放散状で、その密度はほ
  ぼ一定である。
  軸域は明瞭で殻中心付近ではその幅は広く丸みの
  ある披針形となる。
  殻縁の条線間の骨格には粒状の突起が認められる。
  これは連結刺である。
  渡辺(2005)のStaurosirella leptostauronと特徴が一
  致する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
  スタウロシレラ属は淡水域に見られる珪藻で、しばしば水底等の砂粒に付着しています。
 スタウロシレラ属の殻面は線形から楕円形または十字型に中央付近の殻縁が膨出します。
 スタウロシラ属フラジラリア属と類似することがあり、厳密には電子顕微鏡下で胞紋や殻
 端の様相で区別しますが、光学顕微鏡下でも条線密度や軸域の様相などで判断できる場
 合があります。

 スタウロシレラ属 01-01
 (Staurosirella leptostauron (Ehrenberg) Williams&Round)
  (個別のページはありません)

 殻長;20.9μm
 殻幅;11.2μm
 条線密度;8.5/10μm
 特徴;殻面は中央付近が強く膨出する十字形である。
  殻端は嘴形である。
  条線は中心付近では緩い放散状で、その密度はほ
  ぼ一定である。
  軸域は明瞭で殻中心付近ではその幅は広く丸みの
  ある披針形となり、殻端付近では線形である。
  渡辺(2005)のStaurosirella leptostauronと特徴が一
  致する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Staurosirella leptostauron
メールへ移動します
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・渡辺仁治, 2005. 淡水珪藻生態図鑑, 内田老鶴圃.


                                               製作者:NaCl & Au