メソスチグマ (Mesostigma sp.)の画像
メソスチグマ (Mesostigma sp.)の画像
藻類の画像集 
 ストレプト植物門 
--------------------------
メソスティグマ藻綱 
 
メソスティグマ(Mesostigma 
--------------------------
接合藻綱  
 
ホシミドロ目 
 ホシミドロ科
 
 
アオミドロ(Spirogyra
 ホシミドロ(Zygnema
 ヒザオリ(Mougeotia

 サヤマメモ科 
 フタボシモ(Cylindrocystis
 ネトリウム(Netrium
 スピロテニア(Spirotaenia

 ミカヅキモ科 
 ミカヅキモ(Closterium
 タテブエ科 
 タテブエ(Penium
 ケズネモ科 
 ケズネモ(Gonatozygon
 チリモ科 
 ツヅミモ(Cosmarium
  ツヅミモ(1) 顆粒状の突起
  ツヅミモ(2) 点紋状の突起
  ツヅミモ(3) 滑らかな細胞壁
  ツヅミモ(4) 細胞壁の一部が被厚
  ツヅミモ(5) 小型 
 アクチノテニウム(Actinotaenium) 
 スタウロデスムス(Staurodesmus)
 
スタウラスツルム(Staurastrum
 ミクラステリアス(Micrasterias
 コウガイチリモ(Pleurotaenium
 クサンチディウム(Xanthidium
 ユウアスツルム(Euastrum
 コスモクラディウム(Cosmocladium
 スポンジロシウム(Spondylosium
 ヒアロテーカ(Hyalotheca
 デスミディウム(Desmidium
 スファエロゾスマ(Sphaerozosma

  syn: Teilingia
--------------------------
クレブソルミディウム藻綱 
 
クレブソルミディウム
  Klebsormidium

--------------------------

コレオケーテ藻綱 
 
コレオケーテColeochaete


写真01c
写真01d
トップページに戻ります。
 メソスチグマ(Mesostigma)は単細胞藻類で、ひらひらとした不思議な遊泳をします。
 細胞内にはリング状に見える葉緑体と、細胞中央部にオレンジ色の大きな眼点があります。
 やや古い文献ではプラシノ藻類とされていました。
 平地の湖沼に生息するようですが、あまり多くは見つかりません。

----------------------------------------------------------
5μm
写真01a
写真01b
最終更新日:2016/3/21
製作者:NaCl & Au
5μm
分類  : メソスチグマ (Mesostigma sp.)  
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
 
時期  :2009年10月採取 水温18.1℃ pH7.0    

 

 メソスチグマは淡水生の藻類で、ひらひらとした不思議な遊泳をします。
 細胞の中央部にはオレンジ色の眼点があります。
 細胞周囲を見ると歯車状、あるいは点線状の構造があることが分かります(写真01c、01d中、矢印)。
 この構造は細胞表面の鱗片と思われます。