写真01b
20μm
写真01a
スポンジロシウム(Spondylosium moniliforme)の画像
藻類の画像集 
 ストレプト植物門 
--------------------------
メソスティグマ藻綱 
 
メソスティグマ(Mesostigma 
--------------------------
接合藻綱  
 
ホシミドロ目 
 ホシミドロ科
 
 
アオミドロ(Spirogyra
 ホシミドロ(Zygnema
 ヒザオリ(Mougeotia

 サヤマメモ科 
 フタボシモ(Cylindrocystis
 ネトリウム(Netrium
 スピロテニア(Spirotaenia

 ミカヅキモ科 
 ミカヅキモ(Closterium
 タテブエ科 
 タテブエ(Penium
 ケズネモ科 
 ケズネモ(Gonatozygon
 チリモ科 
 ツヅミモ(Cosmarium
  ツヅミモ(1) 顆粒状の突起
  ツヅミモ(2) 点紋状の突起
  ツヅミモ(3) 滑らかな細胞壁
  ツヅミモ(4) 細胞壁の一部が被厚
  ツヅミモ(5) 小型 
 アクチノテニウム(Actinotaenium) 
 スタウロデスムス(Staurodesmus)
 
スタウラスツルム(Staurastrum
 ミクラステリアス(Micrasterias
 コウガイチリモ(Pleurotaenium
 クサンチディウム(Xanthidium
 ユウアスツルム(Euastrum
 コスモクラディウム(Cosmocladium
 スポンジロシウム(Spondylosium
 ヒアロテーカ(Hyalotheca
 デスミディウム(Desmidium
 スファエロゾスマ(Sphaerozosma

  syn: Teilingia
--------------------------
クレブソルミディウム藻綱 
 
クレブソルミディウム
  Klebsormidium

--------------------------

コレオケーテ藻綱 
 
コレオケーテColeochaete


最終更新日:2016/4/4
製作者:NaCl & Au
トップページに戻ります。
 スポンジロシウムSpondylosium)はツヅミモ型の細胞が糸状体を作ります。
 細胞中央部には深い窪みがあり、窪みの両側に半細胞を形成します。
 半細胞はソラマメ型で、窪みが深いので独立した細胞のようにみえます。
 2006年に琵琶湖(南湖)で採取しました。このとき以降採取できていません。
-------------------------------------------------------------------
分類  : スポンジロシウム  
Spondylosium moniliforme
 
倍率  :1000倍 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖南湖)    
 
時期  :2006年9月採取   
 
 

 

 細胞中央には深い切れ込みがあり
 ソラマメ型の半細胞を形成しています。
 細胞が複数連なり糸状の群体を作ります。
 細胞の端部で隣接細胞に接続しています。