50μm
50μm
50μm

淡水珪藻写真
珪藻の部屋
ビドゥルフィア亜綱の部屋へ、ようこそ !
あとがき
  ビドゥルフィア亜綱の部屋は、紀の川・温井川(群馬県)・木津川・日本海(福井県・山口県)・太平洋(和歌山県・茨城県)・瀬戸内海(兵庫県二ヵ所)の
 9地域の試料から産出しています(2013年8月現在)。
   このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
  ビドゥルフィア亜綱に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
珪藻の部屋

Triceratium spp.

 殻形は、丸みを帯びた三角形である.。殻面表面には同心円状の凹凸がある。
 殻面の隅角には乳頭状の突起がある。
 殻長:94.6μm
 条線:7-8/10μm、殻面中心から放散状に配列する。
 胞紋:6-8/10μm、殻中心では胞紋密度はやや大きい。
 胞紋間には小胞紋が認められる。


 採取地:日本海(福井県高浜)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
トリセラティウム目 (TRICERATIALES)
 
トリセラティウム科(Triceratiaceae) 
製作者:NaCl & Au
ページ作成日:2010.0725
最終更新日:2013.08.131
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
Biddulphia biddulphiana (Smith) Boyer

 Bas : Conferva biddulphiana Smith
 Homotipic syn : Conferva biddulphiana Smith 1807
 Hetelotipic syn : Biddulphia pulchella Gray 1821
 殻形は、糸巻き状で、細胞の四隅には瘤状の隆起がある。
 殻面の中央は円錐状に膨れ、その頂上には数本の小棘がある。
 殻套高く、下限にははっきりとした横溝が見られる。
 殻長;50.2-115.2μm(30-400μm)
 殻高;64.1-83.7μm
 条線;殻面;4-5/10μm, ,殻套:6/10μm
 胞紋;3-5/10μm,
 縁辺突出部小孔;14.5-22.5/10μm
 

 採取地:太平洋(和歌山県田辺・茨城県ひたちなか市),瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(白色実線)は50μmです。
 *殻長・殻高・条線密度・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
         日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社

Odontella sinensis (Greville) Grunow

 Bas : Biddulphia sinensis Greville
 Syn : Biddulphia sinensis Greville 1866

 殻形は、四角形、殻端には先端のわずかに膨れた突起が存在し、その内側には太く長い棘が認められる。
 これは唇状突起(Rimopoltulae)の外側開口部である。
 殻長:105.3μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(白色実線)は50μmです。
 *殻長は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

       日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
ビドゥルフィア目 (BIDDULPHIALES)
 
ビドゥルフィア科(Biddulphiaceae)

Biddulphia tuomeyi (Baily) Roper
 
 殻形は、糸巻き状で、殻端に乳頭状の突起がある。
 突起間には瘤状に3つの凸が存在する。
 瘤上には刺毛が認められる。
 殻長:111.1μm
 高さ:24.3μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・高さは、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

       日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
Eucampia zodiacus Ehrenberg

 殻帯面は、中央が凹入した細長い台形を呈し、両端に太い突起を持つ(右写真)。
 殻面は、中央が若干凹入した太い棒状である。先端の形は広円形である。
 殻長:61.4-71.2μm
 巾:24.1-49.7μm
 条線:殻面中央にある唇状突起外側開口部を中心に放散状に配列する.。
 胞紋:11-17/10μm、殻端部の突起付近で密度が大きくなる。
 殻面中央部に唇状突起を有する。帯面では中央のへこんでいる部分である(左写真)。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・胞紋密度は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

         日本海洋プランクトン図鑑(改定版),1982,山路勇;保育社
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
 こちらは、珪藻分類群別写真集のビドゥルフィア亜綱の部屋です。
 ビドゥルフィア亜綱の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 ビドゥルフィア亜綱
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
参考文献一覧

日本海洋プランクトン図鑑(改訂版),1982,山路勇;保育社
・日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻ほか),1966,元田茂ほか,蒼洋社
・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 ビドゥルフィア亜綱 (BIDDULPHIOPHYCIDAE)
  
 トリセラティウム目 (TRICERATIALES)
  
 
 ・トリセラティウム科 (Triceratiaceae)
      
 トリセラティウム属(Triceratium)
      
 オドンテラ属(Odontella)
       ・プリューロシラ属(Pleurosira)
    ・プラジオグランマ科 (Plagiogrammaceae)
       ・プラジオグランマ属(Plagiogramma)

  
 ビドゥルフィア目 (BIDDULPHIALES)
   
 ビドゥルフィア科 (Biddulphiaceae)
      
 
ビドゥルフィア(Biddulphia)
       ・ハイドロセラ属(Hydrosera)
       ・イスシミア属(Isthmia)
       ・トリゴニウム属(Trigonium)

  
 ヘミオウラス目 (HEMIAULALES)
   
 ヘミオウラス科 (Hemiaulaceae)
      
 
ユーカンピア(Eucampia)



緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。
Odontella aurita (Lyngbye) C. Agargh
 *「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「ビドゥルフィア亜綱」へ

 Bas : Diatoma auritaum Lyngbye
 Syn : Diatoma auritaum Lyngbye 1819, Biddulphia aurita (Lyngbye) Brebisson 1838

 殻形は、糸巻き形である。殻端の四隅の突起は基部が広く、先端は乳頭状である。
 殻面の中央は円く隆起し、棘が認められる。この棘は唇状突起(Rimopoltulae)の外側開口部である。
 殻長:34.5-41.1μm
 殻の高さ:45.1-51.2μm
 条線(殻套):9-10/10μm
 胞紋:殻面 11-12/10μm、殻套7-8/10μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・殻の高さ・条線密度・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

       日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

ヘミオウラス目 (HEMIAULLES)
 
ヘミオウラス科(Hemiaulaceae)
Odontella sp.1

 殻形は、糸巻き状である。殻端には乳頭状の突起がある。突起間はわずかに膨れる。
 殻面には、六角形の胞紋が網目状に配列する。
 殻長:72μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Pleurosira laevis (Ehrenberg) Compere

 Bas : Biddulphia laevis Ehrenberg
 Syn : Biddulphia laevis Ehrenberg 1843

 殻形は、円形である。小胞紋が密な眼域が2個存在する(白矢印)。
 殻面には唇状突起(Rimopoltulae)が認められる(黒矢印)。
 殻径:37.1-56.4μm
 胞紋:14-15/10μm


 採取地:紀の川(和歌山県)、木津川(京都府)、温井川(群馬県高崎市)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内のの数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:
日本淡水プランクトン図鑑(1964)水野壽彦;保育社
Biddulphia reticulata Roper

 殻形は、殻面は菱形である。菱形の各辺は内側に湾曲している。
 長軸の二隅には突起が認められる(右下写真)。
 殻長:22-43μm
 巾:17.5-36.5μm
 条線:周縁(左上写真)9-11/10μm
 胞紋は殻面全体に網目状に配列する(右上・左下の写真)。
 

 採取地:日本海(山口県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
         日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
Biddulphia sp.1

 殻形は、二つの三角形を合わせたような形をしている。
 殻縁内側は、いびつな六角形状に膨出している。
 隅突起は3つ認められ(下の写真)、そのうち二つは三角形の角に、もう一つは殻内側のいびつな六角形の
 一角に存在する。
 形態が三角形であること、3つの隅突起があることから、Triceratium属である可能性もある。
 殻長:30-31.3μm
 

 採取地:太平洋(和歌山県田辺)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Hydrosera whampoensis (Schwarz) Deby

 殻形は、殻面は二つの大小の三角形を組み合わせたようなである(上の写真)。
 殻帯面は長方形を呈する(下の写真)。
 大きいほうの三角形の各先端には偽眼域がある(白矢印)。
 殻長:52-91μm
 胞紋:5-7/10μm
 偽眼域の小孔:20/10μm
 小さい三角形の先端のうち一つに近い位置に唇状突起が認められる(黒矢印)。
 

 採取地:紀の川(和歌山県),木津川(京都府城陽市)太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・胞紋密度・小孔密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
         淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Isthmia spp.

 殻帯面は、指サックのような形で、上方に向かって細くなり、先端は鈍円を形成して終わる。
 
 殻長:58.8-73.7μm
 殻高:130.3μm<
 胞紋:2-4/10μm、殻面中央付近から放散状に伸びる。
 胞紋は不規則な形で、胞紋間には小孔が認められる。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(白色実線)は50μmです。
 *殻長・殻高・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
オドンテラ属
トリセラティウム属
プリューロシラ属
ビドゥフィア属
ハイドロセラ属
イスシミア属
ユーカンピア属
Triceratium revale Schmidt

 Synonym:Triceratium favus f. quadrata (Grunow) Hustdt

 殻形は、正方形で,各辺は殻内側方向に若干アーチ状にたわむ.
 殻面の四隅にはチューブ状の突起がある.
 長さ;52.3-103μm
 胞紋;1-1.5・10μm
 殻縁に沿って唇状突起および開口部がほぼ等間隔に並ぶ.

 採取地;太平洋(茨城県ひたちなか市)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Triceratium revale
Plagiogramma
sp.1
Biddulphia obtusa
Biddulphia sp.2
Trigonium sp.1

ページ作成および更新情報
 作成日:2010.07.25
 更新1:2013.08.31 NEW
プラジオグランマ属
 プラジオグランマ科(Plagiogrammaceae)
Plagiogrammaの一種その1 
 *「化石珪藻の部屋」にもこの属が掲載されています化石珪藻「ビドゥルフィア亜綱」へ

 殻形;舟形。先端はくさび形
 殻長;18.5μm
 殻巾;4.6μm
 条線;;9-13/10μm、胞紋列からなる。
 胞紋; 9.5-10.5/10μm、縦長の円形。
 中心域は横長の長方形で、殻縁に達する。
 両殻端は無紋域が存在する。

 採取地;太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Biddulphia obtusa Kutzing

 殻面は中心が隆起している.
 殻端の突起は基部が太く,短く,対角線の方向に伸びる.
 殻長;66.8-79.5μm
 殻高;38.8-48.1μm
 胞紋;殻面:7.5-12.5/10μm, 殻套:8-12.5/10μm

 採取地;太平洋(茨城県ひたちなか市)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
         日本海洋プランクトン図鑑(1982) 山路 勇;保育社
Biddulphia sp.2

 糸巻き状.四墨には基部の太い短い突起がある.
 突起の先端部には胞紋は認められない.
 1つの殻の二つの突起の間にはドーム状の隆起部が存在する.
 殻長;23-41.9μm
 殻高;35.4-58.6μm
 胞紋;殻面:9-12/10μm,,殻套:9-14/10μm
 

 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Trigonium sp.1
 
 殻長:(一辺の長さ);217.4μm
 胞紋:3.5-4/10μm,頂点部(写真右上)は細かくその密度は;10-10.5/10μm
 胞紋は不規則な形で、胞紋間には小孔が認められることがある。
 殻中心付近には複数の唇状突起の開口部が認められる.(写真右下).
 頂点部に短い隔壁が認められる(写真左上).
 

 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール白線は50μm,黒線は10μmです。
 *殻長・殻高・胞紋密度は、左写真の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
トリゴニウム属