タラシオシラ属 02-01
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;52.4μm
 胞紋密度;4.5-5.5/10μm
 周縁突起密度;1.5-3/10μm
 周縁突起間距離;3.37-7.54μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる
  (上の写真)。
  殻周縁の棘状突起はやや不均質である。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
 タラシオシラ属 02-02
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;72.6μm
 胞紋密度;4.5-5.5/10μm
 周縁突起密度;1-3.5/10μm
 周縁突起間距離;2.281-8.8μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる。
  殻周縁の棘状突起は短く、やや不均質である。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
 タラシオシラ属 02-03
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;69.4μm
 胞紋密度;4.5-5.5/10μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる。
  殻周縁の棘状突起はやや不均質である。
  殻周縁部には1つの短い線状の構造が認められる(下の
  写真矢印)。これは唇状突起で、下の写真は殻内側に焦
  点があっている。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 タラシオシラ属 02-04
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;51.4μm
 胞紋密度;4.5-5.5/10μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
   近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる
   (下の写真)。
  殻周縁の棘状突起はやや不均質である。
  殻周縁には他の突起とは様相の異なる管状の突起が
  1個認められる(下の写真矢印)。これは唇状突起の外
  側開口部である。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
 タラシオシラ属 02-05
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;62.9μm
 胞紋密度;4.5-6/10μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる
  (中の写真)。
  殻周縁の棘状突起はやや不均質である。
  殻面内側の殻周縁部やや中心寄りに1つの短い線状の
  構造が認められる(下の写真矢印)。これは唇状突起の
  内側開口部である。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Thalassiosira eccentrica
Thalassiosira eccentrica
 タラシオシラ属 02-06
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;55.2μm
 胞紋密度;5.5-6.5/10μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる
  (上・中の写真)。
  殻周縁の棘状突起は不均質である。
  殻周縁部の殻内側やや中心寄りには短い線状の突起
  が認められる(下の写真矢印)。これは唇状突起の殻
  内側開口部である。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 タイプ1
 ・殻縁辺以外の胞紋密度はほぼ一定である。

参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE
 ・Fryxell G, A. and Hasle G, R., 1972. Thalassiosira eccentrica(Ehrenberg) Cleve, T. synmmetrica sp. nov.,
   and some related centric diatoms. J. Phycol. 8, 297-317.

                                               製作者:NaCl & Au
Thalassiosira eccentrica
 タラシオシラ属 02-07
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;55.4μm
 胞紋密度;5-9/10μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる
  (上の写真)。胞紋密度は殻中心では粗く、殻縁に行く
  に従い細かくなる。
  殻周縁部のやや中心寄りには他の突起とは計上が異
  なる突起が存在する(中・下の写真)。これは唇状突起
  で、殻外側の開口部は管状に伸び(下の写真)、殻内
  側の開口部は細長い楕円形の突起の中央にスリット状
  の孔が存在する(中の写真)。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
  このページでは、Thalassiosira eccentricaを掲載しています。この種は海水域で見られる分類群
 で、各地の海成堆積層から化石として産出することもあります。
 この分類群は主に以下の特徴を持ちます。
 ・殻面観は円形で、表面には若干同心円状のうねりが認められる。
 ・胞紋は胞紋列を作り、殻周縁付近では直線状に配列し、殻中心に近づくにつれて偏心的な配
  列となる。
 ・殻周縁部には短い棘状突起が存在し、不均質かつ環状に並ぶ。
 ・殻中心の胞紋には小さい胞紋が1個隣接し、周囲を7個の胞紋で囲まれる。
 これらの特徴はFryxell &Hasle(1972)に記載されているT. eccentrica と特徴が一致します。
 タイプ2
 胞紋密度は中心から殻縁に行くに従い細かくなる。
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 タラシオシラ亜綱
  タラシオシラ目
   タラシオシラ科
   ・タラシオシラ属
    01(T_bramaptrae
    02(T_eccentrica
    03
    04
    05
    06
    07
    08
   ・シオノディスクス属
    01(S.oestrupii)
    02(S.trifultus)
   スケレトネマ科
   ステファノディスクス科
   ・キクロテラ属
    01(C.meneghiniana)
    02(C.praetermissa)
    03(C.stelligera)
 
   05(C.asterocostata)
    06(C.litoralis)
   ・ステファノディスクス属
    01(S.suzukii)
    03
    04
   ステファノディスクス科
           不明分類群
  タラシオシラ目不明分類群

 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
Thalassiosira eccentrica
 タラシオシラ属 02-08
 (Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve)

 殻径;36.4μm
 胞紋密度;6-9.5/10μm
 特徴;殻周縁付近では胞紋は直線状に配列し、殻中心に
  近づくにつれて胞紋列は湾曲し、偏心的な配列となる
  (上の写真)。
  殻周縁部の殻内側やや中心寄りには細長い楕円形の
  突起が認められる(下の写真)。これは唇状突起の
  殻内側開口部である。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
掲示板へ移動します
メールへ移動します