採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p226-227.

---------------------------------------------------------------------------------------
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
貝虫亜綱
---------------
ウミホタル上目
Myodocopa
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (029)
 (026)
 (027)
 (028)

内部構造の観察

---------------
カイミジンコ上目
Podocopa

海生種
淡水生種
(カイミジンコ)
 (010-1)
 (010-2)
 (010-3)
 (010-4)
 (010-5)
 (010-6)
 (010-7)
 (010-8)
内部構造の観察

---------------
未同定上目
海生種

===============
鞘甲亜綱
---------------
フジツボ、カメノテ

ノープリウス幼生

キプリス幼生
 カイミジンコ_第2胸肢010-1h
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:枝状肢と思われる構造。
     枝状肢は、殻を開けない方がわかりやすい。


 カイミジンコ_大顎or小顎 第1胸肢010-1f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:大顎、または小顎と思われる構造。
     細かな構造を確認することは難しい。
     第1胸肢も確認できる。


100μm
1c
500μm
500μm
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
1d
1b
1a
カイミジンコの第1触角の画像
カイミジンコの殻内部の画像
 貝虫 (カイミジンコ)_分類群010-10-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:付属肢に焦点を合わせた画像。

 貝虫 (カイミジンコ)_分類群010-10-1a
 採取:京都市(2016年6月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:1.3mm
 殻の短径:0.9mm
 特徴:京都市産の田土(購入品)から発生した。
     殻が透明で内部構造が透けて見える。

1f
2015/2/26更新
トップページに戻ります。
 カイミジンコ_第2胸肢010-1g
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第2胸肢と思われる付属肢に焦点を合わせた。
     第2胸肢は殻の内側に向かって伸びている。
     殻内の清掃に使うのかもしれない。


 カイミジンコ_第2触角 010-10-1e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第2触覚に焦点を合わせた画像。
     第2触覚は太い。
     第1触覚と第2触覚の基部付近が
     カイミジンコの頭部と思われる。


 カイミジンコ_第1触角 010-10-1d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触覚に焦点を合わせた画像。
     第1触覚は眼の近くから伸びている。


 貝虫 (カイミジンコ)_分類群010-10-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:片側の殻を外して付属肢を露出させた。
     カイミジンコは体節がはっきりしないが、
     付属肢には他の甲殻類と同様の節がある。
     カイミジンコの本体は柔らかいため、
     傷つけずに殻を開けることは難しい。

1g
1e
カイミジンコの枝状肢の画像
カイミジンコの第2触角とノープリウス眼の画像
カイミジンコの第1胸肢と大顎または小顎の画像
カイミジンコの第2触角の画像
カイミジンコの画像
カイミジンコの画像
---------------------------------------------------------------------------------------
 カイミジンコの殻の中はどうなっているのでしょうか?
 少し残酷ですが、カイミジンコの殻を開けて内部構造を観察しました。
 カイミジンコは体節が退化しているため、どこが頭で、どこが腹部なのかも分かりにくいですが、
 触角や胸肢に甲殻類らしさを感じます。

---------------------------------------------------------------------------------------
1h
100μm
500μm