貝虫 (海性種)_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角と思われる付属肢に焦点を合わせた画像。
     殻の長径よりも長い。
 貝虫 (海性種)_分類群01-1c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:前方(右側)に位置する小型の付属肢(矢印)に焦点を合わせた。
     大顎かもしれない。
 貝虫 (海性種)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:付属肢に焦点を合わせた画像。
     前方(右側)の刷毛状の付属肢は第2触角と思われる。
     後方(左側)の大きな棘が並ぶ付属肢は枝状肢と思われる。
     第2触角と枝状肢の間に複数の付属肢があり、大顎、
     第1小顎、第2小顎、第1胸肢の何れかと思われる。
 貝虫 (海性種)_分類群01-1a
 

 採取:ひたちなか市と平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:2.7mm
 殻の短径:1.1mm
 特徴:海産の貝虫。
     殻に欠刻と呼ばれる切れ込みがある(矢印)。
     殻は半透明で眼が透けて見える。
     淡水産のカイミジンコと比較すると第1触角が長い。
2mm
1d
ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
1c
1mm
ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
1b
1mm
ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
1a
1mm
ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
 ---------------------------------------------------------- 
  ミオドコーパ亜目(Myodocopa)は海に生息する貝虫の仲間です。
  ここでは細長い殻を持つミオドコーパを掲載します。
  殻に欠刻と呼ばれる切れ込みがあり、複眼を持つことが特徴です。

 ---------------------------------------------------------- 
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著
          保育社、1995年、p49-55.

        (2)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)
  
 
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p226-227.

 ---------------------------------------------------------- 
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
貝虫亜綱
 ---------------
 
ミオドコーパ亜目
  不明種(1) (020)
  不明種(2) (021)
  不明種(3) (022)
  不明種(4) (023)
  ・解剖

 
ポドコーパ亜目
  不明種群 (030)

 
不明・未同定

  淡水生
  カイミジンコ (010)

  海水生
  不明種 (040)

甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
2015/1/12更新
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo