甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
貝虫亜綱
---------------
ウミホタル上目
Myodocopa
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (029)
 (026)
 (027)
 (028)

内部構造の観察

---------------
カイミジンコ上目
Podocopa

海生種
淡水生種
(カイミジンコ)
 (010-1)
 (010-2)
 (010-3)
 (010-4)
 (010-5)
 (010-6)
 (010-7)
 (010-8)
内部構造の観察

---------------
未同定上目
海生種

===============
鞘甲亜綱
---------------
フジツボ、カメノテ

ノープリウス幼生

キプリス幼生
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p227-234.
 ケンミジンコのノープリウス幼生
 アルテミアのノープリウス幼生
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

5c
500μm
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
5a
500μm
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-5a
 採取:静岡県沼津市柄浦湾(2013年11月)
 *海岸 夜間採取
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:大型のノープリウス幼生。
     背甲に焦点を合わせた画像。
     背甲の前側突起を明瞭に観察できる。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-4a
 採取:神奈川県三浦市城ケ島(2013年7月)
 *海岸 夜間採取
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.2mm
 特徴:小型のノープリウス幼生。
     背甲の前側突起を明瞭に観察できる。
4a
100μm
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-1d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で観察したノープリウス幼生。
     前方(写真左側)に眼を観察できる。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察したノープリウス幼生。
     腹部〜尾部に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察したノープリウス幼生。
     ノープリウス幼生は観察する向きによって、
     形が異なって見える。
1d
1c
1b
1a
200μm
500μm
500μm
500μm
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-3c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:背甲の前側突起に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-2b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:3対の付属肢に焦点を合わせた画像。
     3対の付属肢は前方から、
     第1触角、第2触角、大顎。
3c
2b
2a
200μm
200μm
200μm
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-2a
 採取:神奈川県江の島(2011年7月)*海岸(磯)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.4mm
 特徴:多くの甲殻類が卵からノープリウス幼生の形態で孵化する。
     このため、ノープリウス幼生というだけでは分類群を特定できないが、
     鞘甲亜綱の、例えば蔓脚下綱(フジツボなど)のノープリウス幼生は
     背甲に前側突起を持っているので見分けることができる。
     (鞘甲亜綱の全てが前側突起を持つわけではない)
2015/1/17 更新
トップページに戻ります。
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群-1a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm
 特徴:暗視野照明で撮影した鞘甲亜綱のノープリウス幼生。
     背甲の前側突起を明瞭に観察できる。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ノープリウス幼生(nauplius larva)は甲殻類に共通するの孵化直後の幼生です。
 ノープリウス幼生は3対の付属肢を持ちます。この付属肢は前から第1触角、第2触角、大顎です。
 肢なのに顎とは不思議に思うかもしれないですが、甲殻類の顎は付属肢と呼ばれる肢が変形したものです。
 人間に例えれば、左右両方の肘で食べ物を挟んで口に運ぶような感じです。
 ノープリウス幼生は、どれも似通っていて見分けがつかないことが普通ですが、例外的に鞘甲亜綱の、
 例えば蔓脚下綱(フジツボなど)では背甲に前側突起を持っているので見分けることができます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------