貝虫_分類群06-8b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:付属肢に焦点を合わせた画像。
8b
200μm
貝虫?の画像です。
 貝虫_分類群06-8a
 

 採取:神奈川県横須賀市 観音崎(2013年7月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.6mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:貝虫と思われるが詳細不明。
8a
200μm
貝虫?の画像です。
不明・未分類(海水産)
 貝虫 (カイミジンコ_01)_分類群01-7a
 

 採取:茨城県水戸市(2012年5月)*淡水湿地、昼間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:1.9mm
 殻の短径:1.2mm
 特徴:赤色のカイミジンコ。
     2対の付属肢を確認できる。
     2対の付属肢は第1触角と第2触角と思われる。
 
カイミジンコの詳しい情報と、他の画像はこちら 
7a
1mm
ここをクリックするとカイミジンコの画像が開きます。
カイミジンコ(淡水産)
 貝虫 (ポドコーパ)_分類群03-6a
 

 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.7mm
 殻の短径:0.4mm
 特徴:小型の海産貝虫。白い点状の模様のある不透明な殻を持つ。
     眼を確認できない。
 
詳しい情報と、他の画像はこちら 
6a
500μm
貝虫 (ポドコーパ)の画像です。
ポドコーパ亜目
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
5a
500μm
貝虫 ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
4a
500μm
貝虫 ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
 貝虫 (海性種)_分類群01-3a
 

 採取:ひたちなか市と平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:2.7mm 殻の短径:1.1mm
 特徴:海産の貝虫。
     殻に欠刻と呼ばれる切れ込みがある(矢印)。
 詳しい情報と、他の画像はこちら 
3a
1mm
ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
2a
1a
500μm
貝虫 ミオドコーパ亜目(Myodocopa)の画像です。
 ---------------------------------------------------------- 
  貝虫というよりは“カイミジンコ”の名前のほうがよく知られているかもしれません。
  古生物学の分野では貝形虫またはオストラコーダとも呼ばれています。
  貝虫は丈夫な二枚貝のような背甲を持つことが特徴で、化石としても地層中に残りやすく、
  他の甲殻類よりも化石種の研究が進んでいます。
  淡水産のものは水田で多く見られ、カイミジンコとしてよく知られています。
  貝虫のなかまは海にも生息しています。“ウミホタル”と呼ばれる発光生物は海産の貝虫です。

 ---------------------------------------------------------- 
 参考文献:(1)微化石 -顕微鏡で見るプランクトン化石の世界-
          谷村好洋・辻彰洋 編著、東海大学出版会、
          2012年、p142-151.

 ---------------------------------------------------------- 
 貝虫 (ミオドコーパ)_分類群02-2a
 

 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:2.3mm 殻の短径:1.4mm
 特徴:両側の殻を外し第1、第2触角を伸ばしたところ。
     第1触角が意外に長い。
 貝虫の解剖の画像はこちら 
1mm
第2触角
2015/1/15 更新
 貝虫 (ミオドコーパ)_分類群04-5a
 

 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:2.0mm
 殻の短径:1.3mm
 特徴:ミオドコーパ亜目と思われる。
     体色は濃い色であるが殻は透明で、殻内部の構造が透けて見えている。
 
詳しい情報と、他の画像はこちら 
ミオドコーパ亜目
第1触角
貝虫の殻を外した画像です。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
貝虫亜綱
 ---------------
 
ミオドコーパ亜目
  不明種(1) (020)
  不明種(2) (021)
  不明種(3) (022)
  不明種(4) (023)
  ・解剖

 
ポドコーパ亜目
  不明種群 (030)

 
不明・未同定

  淡水生
  カイミジンコ (010)

  海水生
  不明種 (040)

 貝虫 (ミオドコーパ)_分類群03-4a
 

 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:2.3mm 殻の短径:1.0mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
 
詳しい情報と、他の画像はこちら 
トップページに戻ります。
 貝虫 (ミオドコーパ)_分類群02-1a
 

 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:1.8mm 殻の短径:1.0mm
 特徴:ミオドコーパ亜目と思われる。
     眼が大きい。殻が透明。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
 
詳しい情報と、他の画像はこちら 
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo