5a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
3f
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
4a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群03-4a,4b
 採取:神奈川県三浦市城ケ島(2014年8月)
     *海岸(港湾)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.6mm
 特徴:殻(背甲)が細長いキプリス。
     胸部と腹部が殻の外にはみ出している。
4b
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
5f
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
5e
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
5d
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
5c
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
5b
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群04-5f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群04-5e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた画像。
     6対の胸脚を確認できる。
     最後尾の1対は上部に跳ね上がっている。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群04-5d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群04-5c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:殻(背甲)の輪郭に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群04-5b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群04-5a
 採取:茨城県日立市会瀬(2011年8月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.5mm
 特徴:鞘甲亜綱は卵からノープリウス幼生が孵化し、
     その後、数回の脱皮を経てキプリス幼生に変態する。
     キプリス幼生は2枚貝のような背甲を持ち、
     1個のノープリウス眼、1対の複眼、6対の胸脚を持つ。
     フジツボなどの蔓脚下綱のキプリス幼生は
     岩などに固着した後に成体になる。
     フクロムシなどの根頭上目では、
     キプリス幼生が宿主のカニなどに接着した後に、
     寄生生活に移行する。
200μm
3e
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
3d
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
3c
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
3b
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
3a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-3f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸部に焦点を合わせた画像。
     胸肢は6対ある。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-3e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角に焦点を合わせた画像。
     腕のように見える。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-3d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:殻内部に焦点を合わせた画像。
     黄色の液滴状の粒子を観察できる。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-3c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:複眼に焦点を合わせた画像。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角と胸肢に焦点を合わせた画像。
     胸部が殻からはみ出している。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-3a
 採取:神奈川県三浦市城ケ島(2014年8月)
     *海岸(港湾)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:大型で茶色のキプリス。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-2d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角と胸肢に焦点を合わせた画像。
     
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-2c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:殻内部に焦点を合わせた画像。
     液滴状の粒子が詰まっている。
     
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-2b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:複眼に焦点を合わせた画像。
     
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群02-2a
 採取:神奈川県三浦市城ケ島(2014年8月)
     *海岸(港湾)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:大型で茶色のキプリス。
     分類は不明。
     
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群01-1d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角に焦点を合わせた拡大像。
     キプリスには口器がなく、
     第1触角だけが発達している。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群01-1c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:殻に焦点を合わせた拡大像。
     殻の形状は貝虫類に似ているが、
     第1触角の形状や胸肢の形状の違いで容易に区別できる。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群01-1b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:複眼に焦点を合わせた拡大像。
     フジツボやカメノテの成体は複眼を持たないが、
     キプリス期には明瞭な複眼を持つ。
200μm

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p227-234.
------------------------------------------------------------------------------------------
--------
200μm
2d
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
2c
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
2b
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
2a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
1d
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
1c
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
1b
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
1a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
貝虫亜綱
---------------
ウミホタル上目
Myodocopa
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (029)
 (026)
 (027)
 (028)

内部構造の観察

---------------
カイミジンコ上目
Podocopa

海生種
淡水生種
(カイミジンコ)
 (010-1)
 (010-2)
 (010-3)
 (010-4)
 (010-5)
 (010-6)
 (010-7)
 (010-8)
内部構造の観察

---------------
未同定上目
海生種

===============
鞘甲亜綱
---------------
フジツボ、カメノテ

ノープリウス幼生

キプリス幼生
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2015/1/17 更新
トップページに戻ります。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群01-1a
 採取:神奈川県三浦市城ケ島(2014年8月)
     *海岸(港湾)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.5mm
 特徴:前方(左側)に1対の第1触角、その後ろに複眼、胸肢がある。
     フジツボやカメノテはキプリス幼生の後に付着生活に移る。
     このときに第1触角は固着する時の付着器として機能する。
     写真のキプリス幼生は、フジツボなのか、カメノテなのか、
     他の鞘甲亜綱の幼生なのかは不明。
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群-7a
 採取:新潟県 新潟肢(2016年5月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:第1触角と複眼の間に多数の液滴が見える。
     
7a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
キプリス幼生(Cypirs larva)は鞘甲亜綱のノープリウスの次の幼生段階です。
 二枚貝のような背甲に包まれていることが特徴で、貝虫によく似ています。背甲のほか、6対の胸脚、
 1対の複眼、1個のノープリウス眼を持ちます。キプリス幼生の触角は岩などに付着するために使われます。
 同じ種の成体が生息している場所を見つけると、そこで固着して成体になります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群-6a
 採取:新潟県 新潟肢(2016年5月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm
 特徴:前方(左側)に1対の第1触角、その後ろに複眼、胸肢がある。
     写真のキプリス幼生は、フジツボなのか、カメノテなのか、
     他の鞘甲亜綱の幼生なのかは不明。
     
6a
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像