貝虫_分類群-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:付属肢に焦点を合わせた画像。
1b
200μm
貝虫?の画像です。
 貝虫_分類群-1a
 採取:神奈川県横須賀市 観音崎(2013年7月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.6mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:貝虫と思われるが詳細不明。
1a
200μm
200μm
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
200μm
貝虫?の画像です。
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
貝虫亜綱
---------------
ウミホタル上目
Myodocopa

 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (029)
 (026)
 (027)
 (028)

内部構造の観察

---------------
カイミジンコ上目
Podocopa


海生種
淡水生種
(カイミジンコ)
 (010-1)
 (010-2)
 (010-3)
 (010-4)
 (010-5)
 (010-6)
 (010-7)
 (010-8)
内部構造の観察

---------------
未同定上目

海生種

===============
鞘甲亜綱
---------------
フジツボ、カメノテ

ノープリウス幼生

キプリス幼生
------------------------------------------------------------------------------------- 
 
ここでは亜目不明の貝虫を掲載します。貝虫亜綱と思われますが詳細不明です。
 少なくとも4対の付属肢があります。
-------------------------------------------------------------------------------------
200μm
2a
貝虫?の画像
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2015/1/15更新
トップページに戻ります。
 貝虫_分類群-8a
 採取:新潟県 長岡市(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.7mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:脚が長い。
 貝虫_分類群-5a
 採取:新潟県 長岡市(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.5mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:右側が前方(頭部)かもしれない。
200μm
200μm
200μm
200μm
8a
6a
5a
4a
貝虫?の画像
 貝虫_分類群-3a
 採取:新潟県 長岡市(2016年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.7mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:この個体は脚の付き方がわかりやすい。
 貝虫_分類群-7a
 採取:新潟県 長岡市(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.6mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:保存が良くない。
 貝虫_分類群-6a
 採取:新潟県 長岡市(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.6mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:付属肢の配列はわかりやすい。
 貝虫_分類群-4a
 採取:新潟県 長岡市(2016年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.7mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:保存の良い個体。
     他に心当たりがないので、貝虫亜綱としているが確信なく、
     文献も見つからず詳細不明。
     殻の左端の部分は眼のようにも見える。
 貝虫_分類群-2a
 採取:新潟県 長岡市(2016年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 殻の長径:0.7mm
 殻の短径:0.3mm
 特徴:貝虫亜綱としたが詳細不明。
    どちらかというと、ミオドコパよりもポドコパに似ている。
    脚が長い。
7a
3a
貝虫?の画像
貝虫?の画像
貝虫?の画像
貝虫?の画像
貝虫?の画像