カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1h
 

 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:正面から観察したところ。
     蔓脚は放射状に広がっていて、
     水中の餌粒子を集めやすくなっている。
     カメノテは、満潮時に水没したときに
     蔓脚を使って餌を集める。
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1g
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:口器の拡大画像。
     口器付属脚も蔓脚状に変形している。

 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1f
 

 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:少し拡大したところ。
     蔓脚は胸肢に相当する。
     第1触角は柄部にある。
蔓脚
口器
ペニス
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1e
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:頭状部の内部組織を取り出したところ。
     蔓脚、オスの生殖器(ペニス)、口器が見える。
     白い部分の内部には胃や中腸などの消化器官がある。
ペニス
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:外套膜を破いて内部構造を露出した。
     触手状の構造はオスの生殖器(ペニス)。

蔓脚
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1c
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:頭状部の右側の殻板を外したところ。
     外套膜の間から、蔓脚が見えている。
     殻板の結合は強固なので外すのに苦労した。
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 特徴:カメノテを裏返しにしたところ。
     写真の向きはカメノテの右側に相当する。
     柄部の赤い部分は岩に付着していた部分。
柄部
頭状部
フジツボの画像です。
フジツボの画像です。
フジツボ
2c
500μm
カメノテに付着したフジツボの画像です。
2b
2a
1mm
カメノテに付着したフジツボの画像です。
2mm
カメノテに付着したフジツボ
カメノテ
カメノテに付着したフジツボの画像です。
1h
2mm
カメノテ(Capitulum sp.)の解剖画像です。
1g
2mm
カメノテ(Capitulum sp.)の解剖画像です。
1f
2mm
カメノテ(Capitulum sp.)の解剖画像です。
1e
3mm
カメノテ(Capitulum sp.)の解剖画像です。
1d
3mm
カメノテ(Capitulum sp.)の解剖画像です。
1c
3mm
カメノテ(Capitulum sp.)の解剖画像です。
1b
3mm
カメノテ(Capitulum sp.)の画像です。
1a
3mm
カメノテ(Capitulum sp.)の画像です。
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
貝虫亜綱
---------------
ウミホタル上目
Myodocopa
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (029)
 (026)
 (027)
 (028)

内部構造の観察

---------------
カイミジンコ上目
Podocopa

海生種
淡水生種
(カイミジンコ)
 (010-1)
 (010-2)
 (010-3)
 (010-4)
 (010-5)
 (010-6)
 (010-7)
 (010-8)
内部構造の観察

---------------
未同定上目
海生種

===============
鞘甲亜綱
---------------
フジツボ、カメノテ

ノープリウス幼生

キプリス幼生
 フジツボ_分類群04-4a
 

 撮影:神奈川県江の島(2011年7月)
 特徴:岩の間のフジツボ。
 フジツボ_分類群02-2c
 

 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:1個のフジツボに焦点を合わせた画像。
     フジツボは山の形をしており、山頂部に唇状の構造がある。
     この構造は楯板と背板と呼ばれる構造であり、
     ここを開閉して蔓脚を伸ばす。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-1a
 

 採取:神奈川県葉山町(2014年8月)*海岸
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:16.8mm
 特徴:小型のカメノテ。
     三浦半島西岸では3cmを超えるようなカメノテは見つからない。
     カメノテの体は大きく、頭状部と柄部に分けられる。
     頭状部の上部には爪のような殻板が8枚ある。
     頭状部の下部は、20以上の殻(付随小殻板)で覆われている。
     柄部は、うろこ状の構造(柄鱗)に覆われている。
 フジツボ_分類群03-3a
 

 撮影:神奈川県三浦半島(2013年7月)
 特徴:干潮時に撮影したフジツボ。
     殻にびっしりと小型のフジツボが付着している。
     フジツボはカメノテとよく似ているが、柄がない。
 フジツボ_分類群02-2b
 

 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 特徴:少し拡大した画像。
 フジツボ_分類群02-2a
 

 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:解剖したカメノテの頭状部外側の殻板には
     多数のフジツボが付着していた。
     フジツボもカメノテと同じく鞘甲亜綱 蔓脚下綱に属する。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
 フジツボやカメノテは殻の中に胸肢が変形した蔓脚や大顎、小顎を持つ少し変わった甲殻類です。
 第1触角は付着器に変形しています。蔓脚には剛毛状が生えており、これを網のように使って水中の
 プランクトンなどを捕らえます。カメノテとフジツボは柄の有無が異なりますが、基本的な構造は似ています。
 ここでは、カメノテとフジツボの成体を掲載します。カメノテを解剖して蔓脚の観察も行いました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p227-234.
-----------------------------------------------------------------------------------------------

2015/1/17 更新
トップページに戻ります。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------