採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
参考文献:やさしい日本の淡水プランクトン 図解ハンドブック
 
       滋賀県立衛生環境センター・一瀬 諭・若林徹哉(監修)、
        滋賀の理科教材研究委員会(編集)、合同出版、2005年、p125.
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2017/2/19更新
トップページに戻ります。
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
不明・未同定

 (130)
 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)


100μm
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 ケンミジンコ(050)_分類群05-1a
 採取:福島県(2015年8月)*湖
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.15mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 特徴:ケンミジンコのノープリウス幼生と思われる。
     第1触覚、第2触覚、大顎の3対の付属肢がある。
1a
ケンミジンコのノープリウス幼生(nauplius larva)の画像
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ケンミジンコは淡水の主要なプランクトンです。池や湖などの止水域に多く生息しています。
 ここではケンミジンコのノープリウス幼生(nauplius larva)を紹介します。
 ノープリウス幼生は甲殻類に共通する初期の幼生で、第1触角、第2触角、大顎だけを持ちます。
 甲殻類の顔の部分だけが泳いでいる感じです。発生に伴い後方に体節と付属肢が追加されていきます。
 アルテミアのノープリウス幼生と比較すると面白いかもしれません。
-------------------------------------------------------------------------------------------------