Tortanus (Atortus) rubidus_5a~5d
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x3(5a,b)、x5(5c~d)
 体長:2.7mm、前体部1.8mm、第1触角:2.3mm
 特徴:眼個体。一対のレンズ状眼を確認できる。
500μm
500μm
1mm
1mm
5d
5c
5b
5a
 Tortanus (Atortus) rubidus_4h~4k
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x40(4h~j)、x100(4k)
 特徴::写真4aの雄個体の腹節・尾節と第5胸脚。
     写真3の個体よりも第5胸脚の構造が明瞭。
第5胸脚
腹節・尾節
腹節・尾節
腹節・尾節
200μm
200μm
200μm
200μm
4k
4j
4i
4h
 Tortanus (Atortus) rubidus_4a~4g
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x3(4a,b)、x40(4c~e)、x100(4f,g)
 体長:2.5mm、前体部1.5mm、第1触角:2.1mm
 特徴:雄個体。
第1触角右側先端
第1触角
右側
第1触角右側
第1触角左側
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
1mm
1mm
4g
4f
4e
4d
4c
4b
4a
 Tortanus (Atortus) rubidus_3i~3k
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x40(3k)、x100(3i,j)
 特徴:写真3aの雄個体の腹節と尾節。
     腹節に太い棘がある。
500μm
200μm
200μm
腹節・尾節
腹節・尾節
腹節・尾節
3k
3j
3i
3h
200μm
200μm
200μm
第5胸脚
第5胸脚
 Tortanus (Atortus) rubidus_3f~3h
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x40(3h)、x100(3f,g)
 特徴:写真3aの雄個体の第5胸脚。
     第5胸脚の構造は属レベルの同定に重要な形質であるが、
     今回は該当する形状のものを見つけることができなかった。
第5胸脚
3g
3f
 Tortanus (Atortus) rubidus_3a~3e
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x3(3a)、x40(3b,c)、x100(3d~3f)
 体長:2.7mm、前体部:1.4mm、第1触角:2.1mm
 特徴:雄の個体。背面から見て右側の触角が把握器に変形している。
     右側触角の先端付近には太い棘がある(写真3f)。
第1触角右側先端
第1触角右側先端
第1触角右側
第1触角
左側先端
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
3f
3e
3d
3c
第1触角左側
3b
3a
 Tortanus (Atortus) rubidus_1a,2a
 採取:秋田県 男鹿市(2018年8月)*海岸
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:2.8mm(1a)、2.6mm(2a)、前体部:1.9mm(1a)、1.8mm(2a)、第1触角:2.3mm(1a)、2.2mm(2s)
 特徴:男鹿半島で採取した。宮ほうき様に同定して頂いた。
     写真1aと1bは別個体。両方とも雌と思われる。腹部の透明な構造は卵を保護するためのものかもしれない。
1mm
1mm
1mm
2a
1a
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
トルタヌス Tortanus (Atortus) rubidusの画像
 ポンテラ科_8a
 採取:北海道 紋別市(2016年9月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.0mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:1.4mm
 第1触角:1.5mm(左側)、1.3mm(右側)
 特徴:右側の触覚が太くなっていることから雄と思われる。
     夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
8a
500μm
ポンテラ科(Pontellidae)の画像
7a
500μm
ポンテラ科(Pontellidae)の画像
 ポンテラ科_7a
 採取:三浦半島 三浦市(2014年11月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.8mm
 第1触角:0.9mm(左側)、0.9mm(右側)
 特徴:頭部に一対(2個)のレンズ眼があることから
     ポンテラ科(Pontellidae)と同定した。
     腹部が曲がってしまった。
 ポンテラ科_6a,6b
 採取:三浦半島 三浦市(2014年11月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7mm、前体部:1.1mm、第1触角:1.3mm(左側)、1.3mm(右側)
 特徴:頭部に一対(2個)のレンズ眼があることからポンテラ科(Pontellidae)と同定した。 
     夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
6b
6a
500μm
500μm
ポンテラ科(Pontellidae)の画像
ポンテラ科(Pontellidae)の画像
 -----------------------------------------------------------------------
 
参考文献:日本産海洋プランクトン検索図説
 
       千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p865-890.
 -----------------------------------------------------------------------
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


ヒゲナガケンミジンコ科
ヤマトヒゲナガケンミジンコ
(Eo. japonicus)

*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

サフィリナ型カイアシ類
(Hemicyclops spp.)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
シフォノストム目
Siphonostomatoida
ウオジラミ科
ウオジラミ属
(Caligus spp.)

---------------
不明・未同定

 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)


Since 2005/9 Copyright 2020 Neko no Shippo
2020/8/5更新
トップページに戻ります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
このページにはトルタヌス科とポンテラ科が含まれています。
 トルタヌス科(Tortanidae)はトルタヌス属(Tortanus)の1属だけで構成されます。体は小型から中型、
 体色は無色のものが多いが、淡褐色、淡青色を呈することはもあるそうです。頭部と第1胸節は分離、
 第4、5胸節は分離か融合します。吻は発達しません。(以上、日本産海洋プランクトン検索図説)
 鷲宮ほうき様に同定して頂きました。御礼申し上げます。鷲宮ほうき様によれば、
 幼体と成体は離れて生息し、成体は小型カイアシ類のパッチに向けて突進して捕食、第1小顎は発達し、
 捕獲型の捕食が特化しているとのことです。
 ポンテラ科(Pontellidae)はカラヌス目に属しています。
 頭部前方に発達した一対のレンズ状眼を持つことがあります(レンズ状眼を持たない種類もいるそうです)。
 ここではレンズ状眼を持つことや、外形上の特徴からポンテラ科と同定した個体を紹介します。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------