カラヌス目(010)-3e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:枝状肢の画像。
     枝状肢先端部は羽毛状。
 カラヌス目(010)-3d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:雄の第1触角先端部の画像。
 カラヌス目(010)-3c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角の焦点を合わせた画像。
     雄の第1触角は肥大化する(把握器)。
     交尾の際に雌を把握するために使われる。
 カラヌス目(010)-3b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:右側の第1触角に焦点を合わせた画像。
 カラヌス目(010)-3a
 

 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.9mm
 第1触角:0.8mm(左側)、0.9mm(右側)
 
 特徴:雄と思われる。
     背側(背甲側)から観察していると思われる。
     背側から見て右側の第1触角が肥大化している。
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
3e
3d
3c
3b
3a
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
カイアシ亜綱
 ---------------
 
カラヌス目 
  (010)
  (020)
  (021)
  (022)
  (023)
  (024)
  (025) 淡水
  (030)
 
キクロプス目 
  ・オイトナ科
  ・ケンミジンコ科
 ハルパクチクス目 
  ・ヒライソミジンコ型
 
   (062)
  ・ソコミジンコ型 
   (063)
   (064)
   (065)
   (061)
   (070)
  ・スイツキミジンコ科 
   (082)
  ・スカシソコミジンコ? 
   (080)
  ・小判型 
   (090)
  ・丸筒型 
   (100)
  ・淡水生 
   (101)
  ・Tegastidae科 
   (140)
 ポエキロストム目 
  ・オンケア科 
   (110)
  ・コリケウス科 
   (115)
 
モンストリラ目 
  ・モンストリラ科 
   (120)
 
不明・未同定 
 分類群01(130)
 分類群03(150)
 分類群04(151)
 分類群05(152)
 分類群06(153)
 分類群07(154)
 分類群08(155)
 分類群09(156)


 カラヌス目(010)-5a
 

 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.9mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:1.1mm
 第1触角:0.9mm
 
 特徴:側面から観察した画像。
     2個の卵嚢を有する。
5a
500μm
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
 カラヌス目(010)-4f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:卵嚢と尾肢の構造。
     枝状肢の先端部は羽毛状。
 カラヌス目(010)-4e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角の画像。
 カラヌス目(010)-4d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角の基部に焦点を合わせた画像。
     写真中央部に口器があるが、
     細かな構造の判別は難しい。
 カラヌス目(010)-4c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角の基部に焦点を合わせた画像。
     付属肢を激しく動かしている状態。
 カラヌス目(010)-4b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角の基部に焦点を合わせた画像。
     付属肢の動きが停止した状態。
 カラヌス目(010)-4a
 

 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.9mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:1.1mm
 第1触角:1.0mm
 
 特徴:成熟した雌と思われる。
     2個の卵嚢を有する。
4f
4e
4d
4c
4b
4a
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
2014/12/31更新
 ----------------------------------------------------------
 
カラヌス目は海洋の主要なプランクトンです。池や湖などの淡水域にも生息しており、
 
淡水生のものは“ヒゲナガケンミジンコ”と呼ばれることが多いようです。キクロプス目の
 
ケンミジンコとも似ていますが、第1触角の長さで見分けることができます。
 
カラヌス目(ヒゲナガケンミジンコ)の第1触角は、前体部(頭胸部)よりも長くなることが
 
多いのに対し、ケンミジンコの第1触角は前体部(頭胸部)よりも短いことが多いです。
 
カラヌス目は多くの種類がいますので、このサイトでは分割して掲載します。
 
このページでは汽水湖(涸沼)から採取したカラヌス目を紹介します。 
  ----------------------------------------------------------
 
参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説
          
千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p660-931.
 
 
       (2)やさしい日本の淡水プランクトン 図解ハンドブック
          滋賀県立衛生環境センター・一瀬 諭・若林徹哉(監修)、
          滋賀の理科教材研究委員会(編集)、合同出版、2005年、p125.
 ----------------------------------------------------------
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 カラヌス目(010)-1c
 
 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:カラヌス目(010)-1aの尾肢の拡大像。
     枝状肢の先端部には5本の羽毛状の棘がある。
     5本の棘のうち、中央の棘は太い。
 カラヌス目(010)-1b
 
 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:カラヌス目(010)-1aの頭部拡大像。
     頭部先端部に目がある。
     目は一個
 カラヌス目(010)-1a
 

 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.9mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:1.0mm
 第1触角:1.0mm(左側)、1.0mm(右側)
 
 特徴:左右の触角の形状が同じことから雌と思われる。
     全体部の長さは全長の半分程度。
     第1触角の長さは前体部と同程度。
1c
1b
1a
200μm
200μm
500μm
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
2a
 カラヌス目(010)-2b
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:後体部に焦点を合わせた画像。
 カラヌス目(010)-2a
 
 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.9mm
 第1触角:0.9mm(左側)、0.9mm(右側)
 
 特徴:腹側(胸肢が生じる側)から観察していると思われる。
     腹側から見て左側の第1触角が肥大化している。
2b
500μm
500μm
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。
ここをクリックするとカラヌス目(010)の画像が開きます。