顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
カイアシ亜綱
 ---------------
 
カラヌス目 
  (010)
  (020)
  (021)
  (022)
  (023)
  (024)
  (025) 淡水
  (030)
 
キクロプス目 
  ・オイトナ科
  ・ケンミジンコ科
 ハルパクチクス目 
  ・ヒライソミジンコ型
 
   (062)
  ・ソコミジンコ型 
   (063)
   (064)
   (065)
   (061)
   (070)
  ・スイツキミジンコ科 
   (082)
  ・スカシソコミジンコ? 
   (080)
  ・小判型 
   (090)
  ・丸筒型 
   (100)
  ・淡水生 
   (101)
  ・Tegastidae科 
   (140)
 ポエキロストム目 
  ・オンケア科 
   (110)
  ・コリケウス科 
   (115)
 
モンストリラ目 
  ・モンストリラ科 
   (120)
 
不明・未同定 
 分類群01(130)
 分類群03(150)
 分類群04(151)
 分類群05(152)
 分類群06(153)
 分類群07(154)
 分類群08(155)
 分類群09(156)


 コリケウス科(115)_分類群01-3c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:短い触角に焦点を合わせたが、
     第1触角なのか、第2触角なのかは不明。
 コリケウス科(115)_分類群01-3b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:鎌状の脚に焦点を合わせた。
3c
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
3b
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
 コリケウス科(115)_分類群01-3a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年7月)*海岸、昼間
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.6mm
 特徴:頭部に大きなレンズがある。
     第3胸節の端(矢印)が刺状。
3a
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
2b
500μm
 コリケウス科(115)_分類群01-2b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:後体部に焦点を合わせた画像。
     発達した生殖節を観察できる.。
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
2b
 コリケウス科(115)_分類群01-2a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年7月)*海岸、昼間
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.6mm
 特徴:前体部に焦点を合わせた画像。
     前体部内部にレンズから繋がる円錐状の構造がある。
     円錐の頂点には青〜赤の色素がある。
2a
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
 コリケウス科(115)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:同じ個体を焦点を変えて撮影した画像。
1b
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
 コリケウス科(115)_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年7月)*海岸、昼間
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.5mm
 特徴:頭部に大きなレンズがある。
     第3胸節の端(矢印)が刺状。
1a
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
 コリケウス科(115)_分類群02-4c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:前体部に焦点を合わせた。
     三日月形の珪藻が付着している。

 
    第3胸節の刺状の構造を確認できる。
 コリケウス科(115)_分類群02-4b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:後体部に焦点を合わせた画像。
     大きく膨らんだ生殖節を確認できる。
 コリケウス科(115)_分類群02-4a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2012年1月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.8mm
 特徴:背側に卵嚢を背負っている個体を撮影した。
4c
4b
4a
200μm
200μm
500μm
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
ここをクリックするとコリケウス(115)の画像が開きます。
コリケウスの画像です。
 ----------------------------------------------------------
 
コリケウスのなかま(コリケウス科)はカイアシ類(カイアシ亜綱)の中では珍しく、
 
特徴的で、容易に同定できるグループです。後体部の生殖節が発達しているために、
 
シルエットだけでも他の分類群から区別できます。同じ、ポエキロストム目のオンケア科
 
とも似ていますが、頭部にレンズがあることや、第3胸節の両側が刺状になっていること
 
から識別できます。
 レンズ状の眼は特徴的で、側面からみると円錐形の透明なガラスのように見えます。
 二つの眼が頭部の前方に並んでいて面白いのですが、背面からの撮影は難しいです。
 この二つの眼で何を見ているのでしょうか?
 見ているというよりは光を感じているだけなのでしょうか?
 レンズ型をしていることから光を集める効果はありそうです。

 ----------------------------------------------------------
 
参考文献:日本産海洋プランクトン検索図説
        千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p962-977.
 ----------------------------------------------------------
 コリケウス科(115)_分類群02-5f
 

 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で側面から観察した画像。
     第3胸節の端(↑)が刺状。
 コリケウス科(115)_分類群02-5b
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:前体部と後体部の境界に焦点を合わせた画像。
     第3胸節の端(↑)が刺状。
 コリケウス科(115)_分類群02-5a
 

 
採取:静岡県沼津市 江浦湾(2013年11月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.5mm
 特徴:頭部に1対の大きなレンズがある。
5f
5e
5d
5b
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
500μm
500μm
コリケウスの画像です。
500μm
500μm
トップページに戻ります。
コリケウスの画像です。
2015/1/12更新
 コリケウス科(115)_分類群02-5e
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     後体部に焦点を合わせた。
 コリケウス科(115)_分類群02-5d
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     レンズ眼に焦点を合わせた。触角は短い。
 コリケウス科(115)_分類群02-5c
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     細長い種で、後体部は針状。
5c
5a
コリケウスの画像です。
500μm
コリケウスの画像です。
500μm
コリケウスの画像です。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo