Since 2005/9 Copyright 2019 Neko no Shippo
 スイツキミジンコ_分類群18-5a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.6mm (*触覚含まない)
 第1触覚:0.1mm
 特徴:小型の個体。
     中央部に赤色の模様?
     触角に珪藻が付着している。
5a
500μm
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
 Kensakia acta ?_4b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で触角に焦点を合わせた画像。
     触角が把握器(雌を捕まえるために特殊化した付属肢)
     に変形していることから、雄と思われる。
 Kensakia acta ?_4a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm (*触覚含まない)
 第1触覚:0.3mm
 特徴:背側(背甲側)から観察した画像。
     前体部に三角形の茶色の模様がある。
     触角が太く発達しているため、雄と思われる。
500μm
4b
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
500μm
4a
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
500μm
3a
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
500μm
2b
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
500μm
2a
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
 スイツキミジンコ(Porcellidium akashimum)_1c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で背甲に焦点を合わせた画像。
     赤色のラインが特徴的。
 スイツキミジンコ(Porcellidium akashimum)_1b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で触角に焦点を合わせた画像。
     触角が把握器(雌を捕まえるために特殊化した付属肢)
     に変形していることから、雄と思われる。
1c
500μm
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
1b
500μm
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
1a
500μm
スイツキミジンコ属(Porcellidium)の画像です。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p82-83.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
2020/9/10更新
トップページに戻ります。
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


ヒゲナガケンミジンコ科
ヤマトヒゲナガケンミジンコ
(Eo. japonicus)

*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

サフィリナ型カイアシ類
(Hemicyclops spp.)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
シフォノストム目
Siphonostomatoida
ウオジラミ科
ウオジラミ属
(Caligus spp.)

---------------
不明・未同定

 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)


 Kensakia acta_2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:背甲側に焦点を合わせた画像。
     前体部の三角形の茶色の模様が特徴的。
 Kensakia acta_2a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm (*触覚含まない)
 第1触覚:0.1mm
 特徴:背面に三角形の茶色の模様がある。
     後体部も茶色、その他の部分は黄色。
     鷲宮ほうき様に同定して頂きました。
     スイツキミジンコ科に属する。
     尾肢が斜め、P5が尾肢に達する、頭部と後体部が暗紫褐色なのでKensakia属。
     本邦には2種のみが出現し、1 mmを超えれば、K. shimodensis
     本邦ではK. aiiroaが記載されているが、K. actaのシノニム。
 スイツキミジンコ(Porcellidium akashimum)_1a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm (*触覚含まない)
 第1触覚:0.2mm
 特徴:体色は金色で中央部に鮮やかな赤色のラインがある。
     小種名のakashimumは赤縞に由来している。
     鷲宮ほうき様に同定して頂きました。
     岩手県大船渡市から記載されているとのこと。
------------------------------------------------------------------------------------------
 スイツキミジンコ属(Porcellidium)は扁平な形状のハルパクチクス目です。
 体の輪郭は卵型で、扁平。体の厚さは薄く側面から観察することは困難です。
 海藻などに付着していますが、波の荒い磯などではプランクトンネットに入ってくることもあります。
 スイツキミジンコ科(Porcellidiidae)に属しています。
 スカシソコミジンコ科(Peltidiidae)によく似ていますが、尾部の形状が異なることから区別できます。
 スイツキミジンコ属(Porcellidium)は体色が鮮やかなことも特徴です。
 ここでは模様のあるスイツキミジンコ(Porcellidium akashimum)とKensakia actaを紹介します。
------------------------------------------------------------------------------------------

 Kensakia acta_3a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm (*触覚含まない)
 第1触覚:0.1mm
 特徴:背側(背甲側)から観察した画像。
     前体部と後体部に三角形の茶色の模様がある。
     その他の部分は黄色。
     後体部の隙間が水色に見える。