ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
1mm
500μm
500μm
1j
1i
1h
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
1f
200μm
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
1e
200μm
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
1g
100μm
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
Since 2005/9 Copyright 2019 Neko no Shippo
2019/10/9更新
トップページに戻ります。
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
 ウオジラミ(Caligus undulatus)_3a~d
 採取:東京都 お台場(2017年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:: x4(実体顕微鏡)
 体長:3.9mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:2.0mm
 特徴:写真3a~3cは背面から観察した画像。写真3dは腹面から見た画像。写真1、2の個体と同時に採取した。
     Nobnob氏のブログ、“Nob!!の勝手に甲殻類 ~ミジンコからタカアシガニまで~”の続・ウオジラミ のページで
     紹介されている Caligus undulatus Shen & Li, 1959に形態が良く似ている。
 ウオジラミ(Caligus undulatus)_3r~u
 撮影倍率:: x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から見た各部位の拡大画像。写真3rと3sは顎脚と思われる。
 ウオジラミの幼生(Copepodid)_4c~f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:背面から100倍で観察した画像。
     写真4dの白矢印は宿主に付着するための
     フィラメントと思われる。
     写真4fの黄色矢印は第2触角かもしれない。
4c
4d
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
 ウオジラミの幼生(Copepodid)_4a,b
 採取:東京都 お台場(2017年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.4mm
 特徴:写真4aは背面から観察した画像。
     写真4bは腹面から見た画像。
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
3r
3s
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
 ウオジラミ(Caligus undulatus)_3e~i
 撮影倍率:: x40(生物顕微鏡)
 特徴:
背面の拡大画像。
3e
3f
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
3a
3b
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
1mm
1mm
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


ヒゲナガケンミジンコ科
ヤマトヒゲナガケンミジンコ
(Eo. japonicus)

*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

サフィリナ型カイアシ類
(Hemicyclops spp.)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
シフォノストム目
Siphonostomatoida
ウオジラミ科
ウオジラミ属
(Caligus spp.)

---------------
不明・未同定

 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)


 ウオジラミ(Caligus sp.)_1h~j
 撮影倍率:1j: x3(実体顕微鏡)、1h,ix40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から見た画像。
     腹面には第1,2触角、第1,2小顎、顎脚、第1~4胸脚がある。
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
3o
3p
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
2a
2b
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
500μm
500μm
1k
1l
 ウオジラミ(Caligus sp.)_1e~g
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:写真1eと1fはウオジラミの先端部分。
     写真1eは背面側、1fは腹面側。
     前縁部の目のように見える構造は吸盤(lunules)。
     写真1gは目の拡大画像。目は背面にある。
     ウオジラミの体の名称については、Nobnob氏による
     “Nob!!の勝手に甲殻類”中の記事“続・ウオジラミ”を参考にした。
1mm
1mm
1b
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
1mm
1mm
500μm
500μm
500μm
1a
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
3c
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ウオジラミ(Caligus spp.)は海水魚に寄生するカリグス科(Calididae)のカイアシです。
 魚の体表に寄生して体表から粘液や血液を食べるので、大量に規制された場合には宿主の魚が弱ってしまいます。
 このため、養殖業などの漁業者からは嫌われています。
 ウオジラミ(Caligus spp.)はノープリウス幼生期、感染コペポディット期、カリムス期、成体の順に発育します。
 カリムス期はカリグス類に特有の幼生で、頭部先端のフィラメントで宿主に付着しています。
 ウオジラミ属(Caligus 属)に近縁のLepepophtheirus 属はカリムス期の後に前成体期があります。
 金魚などの淡水魚に寄生する甲殻類(チョウ)も“ウオジラミ”の別名を持つので注意が必要です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ウオジラミ(Caligus sp.)_2e,2f
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から見た前体部の拡大画像。
     第2触角は鉤状に変形していて、これで宿主の組織を貫いて取り付くとのこと。
     広島大学大学院による“竹原ステーション(水産実験所)”中のカイアシ類の体のつくりのページより引用。
 ウオジラミの幼生(Copepodid)_4g~j
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から100倍で観察した画像。

200μm
200μm
4i
4j
4g
4h
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
4e
4f
200μm
200μm
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
ウオジラミの幼生(Copepodid)の画像
4b
4a
200μm
200μm
200μm
200μm
3t
3u
 ウオジラミ(Caligus undulatus)_3o~q
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:ウオジラミの先端部分の拡大画像。写真3oは目の拡大画像。
     写真3pと3qの前縁部の目のように見える構造は吸盤(lunules)。
     ウオジラミの体の名称については、Nobnob氏による
     “Nob!!の勝手に甲殻類”中の記事“続・ウオジラミ”を参考にした。
3q
 ウオジラミ(Caligus undulatus)_3j~m
 撮影倍率:: x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面の拡大画像。
500μm
500μm
3l
3m
3j
3k
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
500μm
500μm
500μm
3i
3g
3h
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
ウオジラミ(Caligus undulatus)の画像
500μm
500μm
500μm
500μm
3d
2e
2f
↑第2触角
↑顎脚
↓第2小顎
↓第1胸脚
 ウオジラミ(Caligus sp.)_2a~d
 採取:東京都 お台場(2017年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:5.1mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:3.1mm
 特徴:写真2a~2cは背面から観察した画像。写真2dは腹面から見た画像。
     写真1の個体と同時に採取した。おそらく同種と思われる。
2c
2d
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
ウオジラミ(Caligus sp.)の画像
 ウオジラミ(Caligus sp.)_1k~m
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:後体部の拡大画像。
     写真1k、1jは腹面から見た画像。写真1mは背面から見た画像。
1m
 ウオジラミ(Caligus sp.)_1a~d
 採取:東京都 お台場(2017年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:1a,b: x3(実体顕微鏡)、1c,dx40(生物顕微鏡)
 体長:4.3mm(*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:2.6mm
 特徴:背面から観察した画像。写真1c、1dは前体部の拡大画像。赤色の目がある。
     お台場で夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
1c
1d