ハルパクチクス目(065)_分類群-23a
 採取:茨城県 日立市(2016年3月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm 前体部:0.8mm 第1触角:0.3mm
 特徴:背面から観察した画像。前体部と後体部の境界が不明瞭。
 ハルパクチクス目(065)_分類群-24a
 採取:茨城県 日立市(2016年3月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm 前体部:0.7mm 第1触角:0.3mm
 特徴:背面から観察した画像。前体部と後体部の境界が不明瞭。
 ハルパクチクス目(065)_分類群-25a
 採取:茨城県 日立市(2016年3月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm 前体部:0.8mm 第1触角:0.3mm
 特徴:背面から観察した画像。前体部と後体部の境界が不明瞭。

500μm
200μm
200μm
25a
24a
23a
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
 ハルパクチクス目(064)_分類群-22c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-22b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から観察した画像。
     卵嚢を切り離した。
     前体部と後体部の境界が不明瞭。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-22a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)*港湾
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:このタイプのカイアシとしては前体部が細い。
     体色は黄色。消化管が透けて見えている。横縞模様がある。
22c
22b
22a
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-14c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹面(付属肢が生じる側)から観察した画像。
     触角に焦点を合わせた。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-13b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹面(付属肢が生じる側)から観察した画像。
     卵嚢に焦点を合わせた。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-13a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年4月)*海岸(磯)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.4mm
 第1触角:0.2mm(左側)、0.2mm(右側)
 特徴:後体部が小さいが、枝状肢の棘は長い。一個の卵嚢を有する。
     卵嚢は後体部よりも大きい。第1触角は前体部よりも短い。
14c
13b
13a
500μm
500μm
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-15d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:卵嚢に焦点を合わせた画像。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-15c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:後体部に焦点を合わせた画像。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-15b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角に焦点を合わせた画像。
 ハルパクチクス目(064)_分類群-15a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年4月)*海岸(磯)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.4mm
 第1触角:0.2mm(左側)、0.2mm(右側)
 特徴:細長い。後体部は小さいが、枝状肢の棘は長い。一個の卵嚢を有する。
     卵嚢は後体部よりも大きい。第1触角は前体部よりも短い。
15d
15c
15b
15a
500μm
500μm
500μm
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像です。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_7e
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     生きている個体で、
     側面と背面の両方を観察できる例は珍しい。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_7d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_7c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:後体部に焦点を合わせた画像。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_7b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:前体部に焦点を合わせた画像。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_7a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.8mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:後体部は前体部よりも短い。枝状肢の棘は長い。
     1個の卵嚢を有する。卵嚢は後体部よりも大きい。
     第1触角は前体部よりも短い。
7e
7d
7c
7b
7a
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_12d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で側面から観察した画像。
     卵嚢は後体部よりも大きい。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_12c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で側面から観察した画像。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_12b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_12a
 採取:千葉県銚子市〜旭市(2011年9月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm(*触角含まない)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:後体部は小さい。枝状肢の棘はない。
     第1触角は前体部よりも短い。
12d
12c
12b
12a
200μm
200μm
500μm
500μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_11a
 採取:神奈川県三崎市 城ケ島(2013年7月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:前体部が細長い。
11a
500μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
10a
9a
8a
500μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
500μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
200μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)の画像
 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     卵嚢を持っている。
6b
500μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_6a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.4mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:このタイプのカイアシとしては前体部が細く前体部と後体部の境界が不明瞭。
     体色は黄色〜茶色。消化管が透けて見えている。
500μm
6a
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
200μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_4a
 採取:新潟県 新潟市(2016年4月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7m
 前体部:0.6mm
 第1触角:0.3mm
 特徴:潮だまりで採取した。
     卵を抱えた雌。

 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_5a
 採取:新潟県 新潟市(2016年4月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4m
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:潮だまりで採取した。
     性別不明。第1触角が太いので雄かもしれない。

 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_1a
 採取:新潟県 新潟市(2016年4月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7mm (雄)、1.2mm (雌)
 特徴:潮だまりで採取した。
     雄雌のつがい。大きい方が雄と思われる。
     第1触角で雌を把握している。


 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_2a,b
 採取:新潟県 新潟市(2016年4月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm (雄)、1.1mm (雌)
 前体部:0.6mm (雄)、0.5mm (雌)
 第1触角:0.2mm (雌)
 特徴:潮だまりで採取した。
     雄雌のつがい。大きい方が雄と思われる。
     第1触角で雌の前体部を把握している。





 シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)_3a,b
 採取:新潟県 新潟市(2016年4月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 前体部:0.6mm
 第1触角:0.3mm
 特徴:潮だまりで採取した。
     卵を抱えた雌。
200μm
200μm
4a
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
3b
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
3a
200μm
200μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
2b
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
2a
200μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
1a
200μm
シオダマリミジンコ (Tigriopus japonicus)の画像
Since 2005/9 Copyright 2020 Neko no Shippo
 ハルパクチクス目(064)_分類群-18a
 採取:東京都 伊豆大島(2018年3月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.3mm
 特徴:前体部と後体部の境界が不明瞭。
 

 ハルパクチクス目(064)_分類群-19a
 採取:東京都 伊豆大島(2018年3月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:第1触角が把握器に変化している。雄と思われる。
 

 ハルパクチクス目(064)_分類群-20a
 採取:東京都 伊豆大島(2018年3月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 
前体部:0.6mm
 第1触角:0.2mm

 
ハルパクチクス目(064)_分類群-21a
 採取:東京都 伊豆大島(2018年3月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 
前体部:0.2mm
 第1触角:0.1mm
 ハルパクチクス目(064)_分類群-16a
 採取:東京都 お台場(2017年11月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触角:0.2mm
 特徴:前体部と後体部の境界が不明瞭。

 ハルパクチクス目(064)_分類群-17a
 採取:東京都 お台場(2017年11月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:
 第1触角:0.2mm
200μm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
21a
20a
19a
18a
17a
16a
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
ハルパクチクス目(Harpacticoida)の画像
2020/8/5更新
トップページに戻ります。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p56-112.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_8a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月)*港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.6mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.4mm
 第1触角:0.1mm
 特徴:前体部と後体部の境界が不明瞭。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 シオダマリミジンコ属(Tigriopus)はソコミジンコ科(Harpacticidae)に属しています。シオダマリミジンコ属の体形は
 ソコミジンコ属に似ているものの体の前部は幅広くなっています。10種ほどが世界各地の満潮線以上の飛沫帯の
 潮だまりに生息し、塩分および温度変化に非常に強い抵抗性を示すそうです(以上、日本海岸動物図鑑)。
 鷲宮ほうき様に同定して頂きました。御礼申し上げます。鷲宮ほうき様によれば、日本産のTigriopus属は2種で、
 T. japonicusT. igaiであり、T. japonicusは体色が赤〜橙色なのが特徴。アメリカ西岸にはT. carfonicusがいますが、
 T. japonicusと見分けつけられません。同一種なのではと言われていた頃がありましたが、交配後に不妊性があり、
 別種とのことです。このページにはシオダマリミジンコ以外の未同定ハルパクチクス目が含まれています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_10a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月)*港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.6mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.4mm
 第1触角:0.1mm
 特徴:前体部と後体部の境界が不明瞭。
 シオダマリミジンコ (Tigriopus sp.)_9a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月) *港湾 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.6mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.4mm 第1触角:0.2mm
 特徴:前体部と後体部の境界が不明瞭。
5a
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


ヒゲナガケンミジンコ科
ヤマトヒゲナガケンミジンコ
(Eo. japonicus)

*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

サフィリナ型カイアシ類
(Hemicyclops spp.)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
シフォノストム目
Siphonostomatoida
ウオジラミ科
ウオジラミ属
(Caligus spp.)

---------------
不明・未同定

 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)