甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
不明・未同定

 (130)
 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)


Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2015/1/12更新
トップページに戻ります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 このページで紹介している種は、東日本大震災の1月後に茨城県の涸沼で採取したカイアシ類です。
 涸沼は汽水湖ですが、東日本大震災から一カ月以内の2011年4月2日に採取した試料なので、
 まだ津波の影響を残しているかもしれません。
 触角が前体部よりも短い。前体部、後体部の境界は不明瞭。生殖節が発達している。
 枝状肢が長い。体色は赤〜オレンジ色。などの特徴を持ちます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 不明カイアシ(130)_分類群01-3c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で腹面(付属肢が生じる側)から観察した画像。
     付属肢に焦点を合わせた。
 不明カイアシ(130)_分類群01-3b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で腹面(付属肢が生じる側)から観察した画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-3a
 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.6mm
 第1触角:0.3mm
 特徴:後体部は細長く、枝状肢の棘は長い。
     第1触角は前体部よりも短い。
     生殖節が大きい。
 不明カイアシ(130)_分類群01-2e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で背面(背甲側)から撮影した画像。
     触角に焦点を合わせた。
 不明カイアシ(130)_分類群01-2d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で背面(背甲側)から撮影した画像。
     生殖節に焦点を合わせた。
 不明カイアシ(130)_分類群01-2c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面(付属肢が生じる側)から撮影した画像。
     胸肢と生殖節に焦点を合わせた。
 不明カイアシ(130)_分類群01-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面(付属肢が生じる側)から撮影した画像。
     枝状肢と触角に焦点を合わせた。
 不明カイアシ(130)_分類群01-2a
 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.6mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:背面(背甲側)から撮影した画像。
     後体部は細長く、枝状肢の棘は長い。
     第1触角は前体部よりも短い。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1h
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で生殖節と思われる部分を撮影した画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1g
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で枝状肢を撮影した画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で後方(尾部側)の胸肢を撮影した画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で前方(口器側)の胸肢を撮影した画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:生殖節と思われる部分に焦点を合わせた画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角と胸肢に焦点を合わせた画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:枝状肢に焦点を合わせた画像。
 不明カイアシ(130)_分類群01-1a
 採取:茨城県涸沼(2011年4月)*汽水湖
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.7mm
 第1触角:0.3mm
 特徴:後体部は細長く、枝状肢の棘は長い。
     第1触角は前体部よりも短い。
3c
3b
3a
2e
2d
2c
2b
2a
1h
1g
1f
1e
1d
1c
1b
1a
200μm
200μm
500μm
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
200μm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
500μm
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
ここをクリックすると不明カイアシ(130)の画像が開きます。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------